« 清水義範「エスパー少年時空作戦」(ソノラマ文庫) | トップページ | NHK新落語名人選「川柳川柳」(ユニバーサルインターナショナル) »

2005年12月 6日 (火)

清水義範「緑の侵略者」(ソノラマ文庫)

 ソノラマ文庫の清水義範作品の中ではもっとも入手困難だった一冊。五年近く古本屋を漁り歩いたが、結局ヤフオクで入手。
 宇宙からの侵略者が植物であるというのは面白い発想だが、もう少し物語を膨らますことも可能だったのではないかと思う。自衛隊同士が銃撃戦になる前に、もっと侵略者と人間の駆け引きが欲しい気がする。さらに、残された侵略者の苗を殲滅する方法も、考えられてはいるがやや無理がある気がする。せっかく電気ショックで侵略者の意識が残るという手を思いついたのだから、そこを膨らませればもっと面白い子孫殲滅の手段が見出せるのではないだろうか。
 流石に若書きの印象は受けるが、構成は巧妙、語り口も印象的で、充分に魅力的。清水ファンにとっては、初期のレアものという付加価値を抜きにしても、読んでおきたい作品。苦労して手に入れた甲斐があった。

|

« 清水義範「エスパー少年時空作戦」(ソノラマ文庫) | トップページ | NHK新落語名人選「川柳川柳」(ユニバーサルインターナショナル) »