« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月17日 (土)

喬太郎 白鳥 二人会

二〇〇六年六月十六日 練馬文化センター

(フリートーク) 喬太郎&白鳥
「 牡丹燈籠 」 柳家喬太郎
     中 入 り
( コ ン ト ) ナギプロパーティー
「 死  神 」 三遊亭白鳥

 緞帳前の前説は今回も脱線しまくりの二十分。本人たちも言っているとおり、微妙に噛み合っていないのが面白い。
 今回は喬太郎が先で「牡丹燈籠」。原作で言うと第一、二、三、五、七、十三回を繋いだ、刀屋の発端から幸助が飯島平左衛門を斬るまで。いわゆる「お札はがし」と並行する部分。去年相模原でお札はがしを聴いているので、頭の並行する物語は両方聴いたことになる。今回は余計なくすぐりは入れずに本寸法の牡丹燈籠。思わず平左衛門に感情移入して聴き入ってしまった。白鳥と役割分担で、笑わせるよりは物語を聴かせる判断は大正解。改めて喬太郎の演技力に感じ入る。帰宅して調べたら「原作に書いてある」と言っていたとおり「斜(はす)に三つに切られて何だか龜井戸の葛餅のやうに成つてしまひました。」と圓朝は口演していたようです。
 ナギプロパーティーのコントは「定年退職する部長の挨拶」「融資希望の若手漫才師と銀行員」「宝石ギャングの打ち合わせ」(勝手に付けた題名)の三本。予備知識無しで観たけど不覚にも大笑い。いやはや居るんですね、知られていないけど面白い舞台芸人。一月のペーソスにしろ、今回のナギプロパーティーにしろ、夢空間プロデュースの落語会は、看板よりゲストの色物がかっさらっていく。
 白鳥は「死神」。お得意の古典落語パロディで、大学病院をリストラされた医者が主人公になっている。白鳥らしい荒唐無稽な割には伏線が張り巡らされている構成。なまじ原作の圓朝作(明治の作にしてはこれも荒唐無稽な噺だ)を知ってるが故に、いつ終わるのかハラハラし通し。でも窒息するほど笑った。
 退屈する瞬間が一切無くチケット代が安く感じる二時間でした。

 今回は久々にK姐御と同行。終演後練馬駅前の居酒屋で「愉快なことと不愉快なこと」および「Tクンのダメ加減」について語る。帰宅してから気づいたけど、大江戸線で帰ると早かったんだなあ・・・。

|

2006年6月10日 (土)

池波正太郎「鬼平犯科帳」(文春文庫)

 丸一年かかって全二十四巻を読み終わった。語り尽くされているだろうから、今更「鬼平」の魅力を語るつもりはないし、歴史の勉強になるとか料理の蘊蓄になると言う気もない。ただ、すらすらと読めてしまう滅法面白い娯楽小説だと思う。横溝正史の「人形佐七」みたいな謎解き要素の強さはないので、考え直さずにずんずん読めるのも有り難い。
 テレビドラマ化したものは観たことがないが、読み切り短編が多いので、映像化はし易いのではないだろうか。機会があれば観てみたい。
 古今亭志ん朝が朗読した「本所・桜屋敷」「埋蔵金千両」「盗法秘伝」「血闘」の珠玉の四編はかけがえがない。これぞ語りの素晴らしさだ。映像作家が束になっても、この語りに導かれる想像の世界を越えることは出来ないだろう。

|

2006年6月 7日 (水)

大野芳「近衛秀麿 日本のオーケストラをつくった男」(講談社)

 このタイトルを見て、税込み一九九五円のお金と引き替えにこの本を手にした人がみな、「どうして今までこの人のまともな評伝が出版されていないのか」という疑問を持っていたに違いない。岩城宏之の本などで近衛管弦楽団時代の逸話などは多少知っていたが、戦前のエピソードなどは初めて知ることばかりだ。
 日本のオーケストラ草創期に、名誉欲金銭欲全開で山師的な山田耕筰と、金や身分はそれ以上必要が無い道楽王的な近衛秀麿という正反対な個性が存在したことが面白い。サイドストーリーの艶聞も愉快で、澤蘭子が生きている内には出版できなかったのだろうと邪推してしまう。
 とにかく、在京オケのうち、N響、東響、日フィル、読響、都響という五つの団体(半分以上!)の創設に多かれ少なかれ関係があった大指揮者の、初の評伝ということでとても面白く読んだ。
 この本が出版されたことによって、遺された録音を聴くにも、録音年代と当時の近衛が置かれていた状況を俯瞰することが出来る。もし可能ならば入手しそこなった新響を振ったマーラーの交響曲第四番が、これをきっかけに再発されないものだろうか。

|

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »