« 柳家喬太郎独演会 | トップページ | さねよしいさ子「カナリア!」(はちみつレーベル) »

2006年7月28日 (金)

イルドバカンス号

イルドバカンス2世号 一八四トン 速力一五.五ノット
イルドバカンス3世号 二九二トン 速力一六.二ノット

 夏の恒例になりつつある同級生の里帰りに合わせて、初島に魚を食べに行く。同級生の御婦人二名と五歳の娘が一人に私。列車で旅行する場合四人連れというのは座席の構造上大変好都合だが、藤沢駅集合で乗り込む普通列車のロングシートに玉砕。間抜けな乞食みたいに横一列に並ぶ。
 熱海の街は一時の廃墟だらけからは随分持ち直した感じで小綺麗になっていたが、熱海港の船着き場は三十年前から殆ど変わっていないように感じる。初島行きのイルドバカンス三世号に乗船。時刻などを調べようとネットで「富士急興業」を検索するが、どうも公式サイトが引っかからない。よく調べたら社名が変わって「富士急マリンリゾ-ト」になったのだそうだ。
 私が前回初島に行ったのは高校生の時だから二十年ほど前、就航船はパイオニア号とイルドバカンス号。大島行きの東海汽船かとれあ丸(初代)の後ろに並ぶ可愛らしい船だった。それが今はイルドバカンス2世号と3世号の二隻が就航している。2世号は大分古くて、観光遊覧船の雰囲気だが、3世号は小型クルーズ船の雰囲気だ。今は大島行きの客船が廃止になりジェットフォイルだけになったので、船のサイズで言えば大島行きより初島行きの方が大きい。
 初島で刺身と焼きイカを食べてビールを飲む。波打ち際でちょっと遊んで、伊東行きの2世号に乗船。乗客は全部で五名。つまり我々以外に一人しか乗っていない。一日たった二往復の伊東航路だが、夏休み中にこんな乗船率では心配になる。
 船から見る初島は小さな島に不釣り合いなくらい大きなリゾートホテルが建っている。私は廃墟マニアではないが、ここが廃業して三十年くらい経ったら、さぞや香ばしい廃墟になりそうな気がする。

 七月中旬に突然に人事異動で、勤務地が池袋から目黒に変わった。現在渋谷、恵比寿、目黒、五反田方面の飲み屋を開拓中。

|

« 柳家喬太郎独演会 | トップページ | さねよしいさ子「カナリア!」(はちみつレーベル) »