« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月20日 (日)

大山詣り

 無計画に大山に行ってみた。休みなのにすることがないのでクルマで何処かに行こうと家を出て、以前から気になっていた神奈川県伊勢原市の某所を訪れてみたのである。
 そこは数年前に凝っていた先祖調べで発見した遠い親戚。戸籍上では父方の祖父の姪(姉の娘)。実際は恐らく祖父の父親違いの妹か、曾祖母が再婚した相手の連れ子?。書いていても何だか判らなくなりそうだが、そんな薄い親類が大正十四年に養子に行った家が、神奈川県中郡大山町子易という所にあるのだ。現在は伊勢原市に編入されているが番地は変わっておらず、大山詣りの参詣客が通る旧道沿いの一角に該当する番地を発見した。残念ながら養子に行ったはずの大澤という名前ではなく、I田という表札を確認して退散。誰かいたら話を聞こうかとも思ったが、八十年前の事を聞かれても現在の住人には迷惑なだけだろう。

 せっかくだから市営駐車場にクルマを駐めて、ケーブルカーで大山に登ってみる。落語好きだから参道を歩きながら「慚愧懺悔(さんげさんげ)六根罪障、大峰八大金剛童子、大山大聖(だいしょう)不動明王石尊大権現、大天狗小天狗」と唱えたくなってしまう。もちろん「大峰八大(おおみねはちだい)」の所は江戸っ子流に「おしめにはったい」と間違って唱えなくてはいけない。同じような事を考えて、どれほどの落語好きが大山に詣でたのだろうと思う。ただし本当は、さんげさんげと唱えるのは両国の垢離場でやるのが正しかったと思う。
 生憎、驟雨と晴れ間が交互に来るような不安定な天候だったので、値千金の眺望は江ノ島がちらりと見える程度で、時間がなかったので名物の豆腐を食べる余裕もなく帰ってきた。

 結論として、すっかり冷めつつも継続している鉄道乗りつぶしの距離が〇.八キロ増えて、架線が二本あるケーブルカーの構造に感心したというお話でした。

|

2006年8月17日 (木)

魚食い

 勤務先が変わって渋谷・恵比寿地区の飲み屋を開拓中なのだが、ちょっと敷居が高くて入れなかった恵比寿の「さいき」に、土砂降りの雨に紛れて入ってみた。
 「生憎今日は河岸がダメで生魚が何もないんですよ」と御主人に迎えられる。創業半世紀以上、多くの文人墨客に愛された店も、荒天のせいか客は数名しかいない。
 初めての店で最初の注文をするのは緊張の瞬間だ。「ビール」と注文する。生ビールがあるのがわかっていれば「生」だが、取り敢えず曖昧に。「生ビールですか?」と聞き返されて「ハイ」と笑う。ここは生ビールのある店なんだな。
 ここのところ油っぽい食事が多かったので、今日はサッパリ魚で飲みたかったのだが、刺身が無いなら仕方ない。関サバの開きを焼いてもらう。サッパリどころか充分に脂が乗ったサバを夢中でつついていると、御主人から「お客さんうまいね」と声を掛けられる。何だか判らず顔を上げると、御主人が私の顔とサバの乗った皿を交互に見る。「魚の食べ方が上手だね」という意味らしい。カマの肉をほじくったり、骨の間の肉を前歯でしごき取ったり無意識で格闘していたようだ。友達から言われたことはあるが、飲み屋の主人に言われたのは初めてで、ものすごく嬉しくなる。「魚好きなんで」と照れて応える。
 常連客ばかりらしいのだが、(文字通りの)降りの客にもじんわり暖かい店の雰囲気は、流石は老舗だと感心させられる。ちょいと値段が高めで、ちょくちょく通うわけにはいかないが、時々飲みに行こうと思う。

|

2006年8月11日 (金)

さねよしいさ子「カナリア!」(はちみつレーベル)

 二月に発売された「チェリー!」に続くライヴ録音集第二弾。曲目は、

わたしの名前はあなたの名前
マンナカ山
プランテロンの結婚
そらや愛やりんごや風
手足
星めぐりの歌
中央高架下公園

の七曲。今年の二月と四月に行われた三回のライヴからの収録。
 「わたしの名前は~」は意外にもCD初収録。ライヴでは時々歌う曲だし、自主制作カセット「りんご水晶」に収録されているので耳馴染みがある。「次の曲はー、新曲です」と歌い出すりんご水晶ヴァージョンから丸十年経っているが、いい意味で何も変わっていない。
 「マンナカ山」はオリジナルが栗コーダーカルテットの伴奏だったが、ギターとシンセだけのこの編曲も秀逸。
 そしてこのCDの白眉は「プランテロンの結婚」。ライヴでは何度も聞いているこの幸せな歌がCDで聞ける嬉しさは、町内を一回り駆け出したいくらいだ。ギターとドラムスとピアニカという伴奏も軽くて良いが、中でも良原リエのピアニカが何ともいい味を出している。合いの手で主旋律を奏でる部分などは、老練な辻音楽士が一杯機嫌で奏でるような、言うに言われぬ心地よさだ。この演奏は生で聴きたかった!。今まで何と言っているか判らなかった歌詞が判ったのも収穫。「オリーブの森で君がそっと開く」「君が踏んでるんだよ」だとは気づかなかった。
 アコーディオンだけの伴奏で歌う「そらや愛や~」、「手足」、「星めぐりの歌」いずれも落ち着いた歌唱で、ライヴっぽい踏み外しが少ないのも大変好印象。沢山あるライヴ音源の中から繰り返し聴くに堪えるものを集めた選曲のセンスが光る。
 最後の「中央高架下公園」は一時無闇にテンションの高い歌い方をするようになり、この曲が大好きだった私は悲しい気持ちになった。今回はかなり原点に戻った歌い方で良いのだが、最後をフェードアウトしてしまうのはどうなのか?。ライヴ録音でフェードアウトって、ちょっと考えられない気がするのだが・・・。

 「わたしの名前はあなたの名前」で始まり「中央高架下公園」で終わるとは、十年前の「りんご水晶」を意識した選曲なのだろうか?。
 このCDのおかげで当分の間私は少し幸せな気分でいられそうな気がする。

|

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »