« RE:唐辛子な人々のブログ | トップページ | キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!? »

2006年9月25日 (月)

有吉佐和子「海暗」(新潮文庫)

 初出は文藝春秋一九六七年四月~一九六八年四月、初刊は一九七一年新潮社、文庫化は一九七二年、現在は絶版。

 中学から大学生頃に読んだ本には、最終頁に購入年月日、本編の最後に読了年月日が書き込まれている。この古びた文庫本の本編の終わりには「Sep.5,1987」と鉛筆で記されている。つまり、第二次船ブームだった高校生の時に買って読んだ本である。

 描かれている一九六〇年代、私が初めて読んだ一九八〇年代、そして現在の二〇〇〇年代。本編の舞台である御蔵島はずっと人口二百人前後の小さな島である。悪夢のような平成の大合併騒動も、ここでは影響がない。東海汽船の貨客船が月二回寄港するだけだった島は、八〇年代には五〇トンクラスの村営連絡船が一日一回三宅島と往復するようになり、現在では五〇〇〇トンクラスの貨客船が東京から毎日直行する。ただし、ちょっと波が高ければ欠航になることも変わらない。

 日本がオリンピック前で、新幹線だ、高速道路だと浮き足立っていた頃、黒潮の小さな島に持ち上がった大きな騒動を、島以外の世界を知らずに生きてきた八〇歳のオオヨン婆の視点から捉えたこの小説は、半分はフィクションらしい。オオヨン婆のモデルになった人がいたのかいなかったのかは判らないが、時子のモデルになった人は(小説の結末とは違うが)今でも御蔵島に居るらしい。
 この小説を初めて読んだ頃から是非御蔵島には行ってみたいと思っている。伊豆諸島の内未踏の地は御蔵島と利島だけなのだ。だが、面白くなさそうだからなかなか行けない利島に比べて、御蔵島はとっておきの感じがする。せっかく行ったなら、島の南側にある御代ヶ池は見に行きたい。なのに、現在の御蔵島は、地元のガイドを付けないと無闇に島内を歩けないらしいのだ。ガイドを雇えというのは、いつも単独行で気が変わったら行き先を変えたい私を怖じ気づかせるに十分だ。ダイビングに興味がなくて、原生林を見て歩くだけで納得してくれる同行者が居たらいいのにと思う。

|

« RE:唐辛子な人々のブログ | トップページ | キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!? »