« 阿房船2 | トップページ | アンデスの岩塩 »

2006年10月15日 (日)

仙台の大きなもの

 休日の朝、三時に目が覚めてしまった。何故なら前の日に早くから酔っぱらって、八時に寝てしまったから。連休の初日に早く起きたんだから、何処かに行きたいと思う。そして、半年前から行こうと思っていた仙台に向かいクルマに乗る。
 四時に家を出る。高速道路を一切使わず国道十六号から四号と辿って、十一時間後の午後三時仙台着。定義如来へ向かい油揚げを食べる。定義とうふ店の名物三角油揚げは予想以上の大きさで一個百十円。勢いで二個食べるが、後半は飽き気味。清水館の名物やきめし(味噌焼きおにぎり)を夜食用に購入。続いて仙台大観音に向かう。暗くなる前に何とか辿り着いた仙台大観音は身長百メートル。身長五十七メートル、体重五百五十トンのコンバトラーVよりもずっと大きい。スーパーの駐車場から眺める。
 さて、無計画に出てきたから、この先行くべき所が無い。何も考えず国号四号を戻るが、同じ道を往復したくないので常磐方面の国道六号に入る。日が暮れて景色も楽しめないので、常磐線原ノ町駅へ向かい、駅前のボロホテルに泊まる。一泊素泊まり五千円。
 翌朝も七時に宿を立つ。国道六号を上り、日立からは海岸沿いを進む。水戸をかすめて子供の頃海水浴に来た大洗、鹿島灘沿いに蹴球場のある鹿嶋、利根川を渡り九十九里を通り、鴨川から房総半島を縦断して金谷から東京湾フェリー。久里浜から観音崎に向かい国道十六号。最初と最後が東京環状という、元に戻って何も残らない二日間でした。

 大きな観音と大きな油揚げ

Sendai

|

« 阿房船2 | トップページ | アンデスの岩塩 »