« ポップサーカス | トップページ | 花園神社三の酉 »

2006年11月28日 (火)

高尾山の紅葉

 十一月二十五日土曜日、「紅葉でも見に行くか」と軽い気持ちで、母、妹、姪と高尾山へ向かう。紅葉時期の土曜日だから、暇な年寄りや行き場のない家族連れでそこそこ賑わっていると予想していたが、高尾山口の駅で下車して愕然とする。呆れ返るほどの人出なのだ。
 ケーブルカー乗り場へ向かう参道はラッシュの新宿駅の如く。特設ステージで聞いたことのない演歌歌手が歌っているケーブルカー乗り場は、大行列で五十分待ち。リフトも同様。四歳児を連れているので歩いて登るのは無理と判断。すし詰めのケーブルカーはやめて、リフトに並ぶ。
 リフトに乗っている間は快適だったが、降りるとまた大混雑。薬王院から山頂へ向かうメインルートの一号路は大混雑で、立ち止まるのも憚られる。薬王院をお詣りして、そのまま勢いで山頂まで歩く。四歳児は少々バテ気味なので、茶店でフランクフルトソーセージとチョコレートを食べさせる。
 再び歩いて戻るが、ケーブルカー、リフトとも下り七十分待ち。日が陰ってきて寒くなってきたので、一時間も待っていられない。「歩いちゃおう」と衆議一決して登山道を下り始める。
 同じ了見の人が多く、山道は大混雑。中にはミニスカートにハイヒールの強者などもいて「若いって素晴らしい」と感心する。道端にしゃがみ込んで愚図る子供が散見されるが、姪っ子はチョコレートが効いたらしく、時々休んでは歩き続け遂に麓まで到達。
 ケーブルカー乗り場の脇にあるモミジの木が、真っ赤に色づいて見事だった。そう言えば紅葉が綺麗だったのは山の麓。山の上は既に紅葉は終わっていた。群集心理で山頂まで歩いちゃった我々は一体何をしに行ったのだろう。

|

« ポップサーカス | トップページ | 花園神社三の酉 »