« 仙台の大きなもの | トップページ | しらす三昧 »

2006年11月 2日 (木)

アンデスの岩塩

 元同僚、今は兄妹同様(兄妹分の盃は交わしてないけど)なかんじの友達、Kクンが先日メデタク結婚。二次会パーティーのビンゴゲームで、何とワタクシ五番目にビンゴで賞品を獲得。今年の運は使い果たした感があるが、それはさておいて。
 もらったものは小型のペッパーミル。胡椒でも塩でもいいらしいので、アンデスの岩塩を入れて使ってみた。これがいいんですよ抜群に!。最近すっかりハマってます。
 まず、塩自体が美味しい。味音痴な私が言うのもおこがましいけど、JTの食塩とはまったく別物の味がする。所謂ミネラル分が多いので、不純物が豊かな味わいになるのだろう。柳家小三治師が「JTのは塩じゃなくて塩化ナトリウムという薬品」と言っていたけど、まったくその通り。さらに、岩塩を挽くので粒にばらつきがあり、細かい粒と粗い粒の溶ける速度の差が、更に微妙な味わいを加えているように感じる。
 そして、このミルの形状が素晴らしい。通常の頭をグリグリ回すタイプではなく、後ろの棒を押し込むタイプなので、ちょっと力は必要だが片手で作業が完結する。片手にトマトやキュウリを持ったままミルで塩を挽けるというわけ。これは想像以上に快適。
 更に、塩が適度に散らばるので、焼き魚の塩振りにも使いやすい。先週ウチではほぼ毎晩サンマ祭り開催中でした。
 ゲームの景品なんてたいていはその場で盛り上がってお終いなんだけど、今回はいいものをいただきました。Kクンありがとう。余談だけど、このミルで乾燥マタタビを挽いたら、猫が大喜びするかも。

Salt

|

« 仙台の大きなもの | トップページ | しらす三昧 »