« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月27日 (水)

E233

 中央線の快速電車に昨日から新型車両が走り始めた。一昨日は気の置けない仲間と深酒、昨日は会社の忘年会で、一番列車には乗れなかったが、二日目に初乗車を果たした。

 新宿で19時35分の快速立川行きに乗車する。雰囲気は山手線や中央総武各駅停車を走っているE231とさほど変わらない。だが、中央本線の高尾以西や青梅、五日市、八高線にも乗り入れるので、半自動ドアになっている。初導入の区間ではしばらく混乱するだろうが、こんなものは慣れれば何でもなく、気の利いた乗客は自分一人が降りるときに社内側の閉扉釦を押す技を使えるようになるだろう。
 車内は扉上に液晶モニターが設置されて、中央線では初めて聞く自動放送が流れる。E231と異なるのは、吊革が黒くて低いこと、網棚がアルミ板の棚になっていること、手摺で分割される座席数が2+3+2(E231は4+3)になっていることなどだろうか。どうせ再来年あたりには「201系が懐かしい」と思うようになるのだろうが、取り敢えず新車投入には歓迎の意を表する。
 終点の立川で、折り返しの東京行きを携帯カメラで撮影。物好きそうなオッサンたちと、子供連れの母親が入り交じって撮影に夢中だった。

 ところで、何年か前には「中央快速線にはACトレインという今までの通勤電車の概念を覆す斬新な新型車が投入される」と聞いていた気がする。いつの間にE231の改良型で落ち着いてしまったのだろうか?。

E233

|

2006年12月24日 (日)

「犬神家の一族」(一九七六角川春樹事務所)

 レンタルDVDで鑑賞。子供の頃にテレビで観た記憶はあるが、佐清がゴムの面を捲る場面しか覚えていないので、ほぼ初見と言って差し支えないだろう。

 長い原作を二時間半弱の映画に仕立てる為には仕方がないのだろうが、導入部に比べて佐武殺し以降が駆け足になってしまい、最後の謎解き部分でどれがどれだか判らなくなってしまう。原作を読んでいてもそうなのだから、いきなり映画を観たら犯人は誰だか判るけど、その手順や同意なき共犯者たちの行動はわけがわからないかも知れない。
 よくぞこれだけと思うほど当時の名優を揃えた配役も素晴らしい。当たり役となった石坂浩二の金田一は原作通り飄々とした風情が好ましい。松子が自害したときの「しまった」という大げさな演技が、原作の行間に込められた「気づいていたけど気づかないふりをしていた」という心境を巧みに演じている。
 佐智の遺体の晒されている場所や、佐清の逃走場面、更に謎解きの場面などが原作とは大幅に改変されているが、映画だから仕方がないのだろう。印象的な湖面から逆立ちした遺体の両足が突き立っている場面も、原作通り薄氷の張った湖面の方が説得力があるが、設定を冬にすると風景の場面が映えない。新緑と湖の対比を描きたいが故に、さざ波立つ湖面から遺体の足が突き立っているという無理な映像をやむなしとしたのだろうか。映像にする難しさを改めて感じる。

 批判はあるものの映画としては良くできた作品だと思う。さて、三十年後にリメイクされた方はどのような出来だろうか。

|

横溝正史「犬神家の一族」(角川文庫一九七二)

 初出は「キング」一九五〇年一月~五一年九月。
 中学生の時に古本屋で買った改版前の文庫で、「横溝正史文庫1000万部突破記念 今秋10月大ロードショウ! 東宝映画化市川昆監督」と誇らしげなオビの付いた一九七六年の第三十九版。

 本編の最後に鉛筆で「December 19th, 1985」書き込まれている。角川文庫版の横溝作品は全巻読破したが、読み返しているのは数編しかないので、本作もおそらく二十一年ぶりの再読。
 舞台となっている長野県の諏訪周辺の地理に詳しくなった分読みやすい。作中の地名那須、雪ヶ峰を諏訪、霧ヶ峰に、更に犬神家を片倉家に読み替えると面白味が増す。
 作家横溝正史を語るほど読み込んではいないのだが、戦前の耽美的な中短編群、戦後十年間ほどの作品群、晩年の数編の長編が横溝のピークであると感じる。中でも戦後の絶頂期の真ん中に位置する本編は、何と言っても文章に勢いがあり読み始めるとグングン引き込まれてしまう。本格推理小説を至上とするならば、無理のある殺害方法や、読者が気づくことを金田一耕助が気づかない間抜けさなどは気になるかもしれない。しかし、物語の面白さと文章の勢いに引っ張られて、些細なことは気にせず読んでしまう。同じ横溝作品でも、昭和三十年代頃になると文章が停滞してきて、これらの欠点が気になるようになるのである。

 市川昆によるリメイク版映画の評判が甚だ芳しくない様子なので、正月にすることもないので観に行こうかと目論んでいるのである。公正を期す(?)ためにまず原作を読み直し、一九七六年のオリジナル映画を見直してから行きたいのだ。もっとも、オリジナルのDVDは地元のレンタルビデオ屋で貸出中のままだし、気が変わって正月に出かけるかも知れないのだけど。

|

2006年12月 2日 (土)

花園神社三の酉

 四才の姪っ子に見世物小屋を見せるという目的で、二十八日火曜日、有給を取って新宿花園神社へ行く。子供連れなのであまりごった返してからだと大変なので、午後二時頃現地着。ずらりと並んだ夜店に姪っ子は大喜び。飴細工屋でピンクのウサギを作ってもらう。飴屋のおじさんはオマケに緑色の玉を作り「キャベツだよ」とウサギに抱えさせてくれた。
 続いて本殿を参拝し、並んだ熊手屋を冷やかすが、姪っ子は「大人には面白いけど子供にはつまらない」とおかんむり。味見にもらったベビーカステラを落っことしたりしたので、何か食わせて機嫌をとるべく、水飴を買って飲み屋の屋台に入る。大人は焼きそばや焼き鳥を食べ、私は熱燗で一杯。境内も屋台も時間が早いので空いており、のんびり出来る。早い時間に出てきたのは正解だった。
 しかーし!、時間が早すぎて見世物小屋はまだ始まっていなかったのでした。蛇娘のおねえさんを楽しみにしていた姪っ子もがっかり。でも、そんなに待ってもいられないので、チョコバナナを買って帰宅。
 家に帰ると姪っ子はトイレットペーパーで作った蛇を食いちぎって喜んでいた。なお、生まれて初めてチョコバナナってものを食いましたが・・・、多分二度と食わないでしょうね。

|

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »