« 高尾山の紅葉 | トップページ | 横溝正史「犬神家の一族」(角川文庫一九七二) »

2006年12月 2日 (土)

花園神社三の酉

 四才の姪っ子に見世物小屋を見せるという目的で、二十八日火曜日、有給を取って新宿花園神社へ行く。子供連れなのであまりごった返してからだと大変なので、午後二時頃現地着。ずらりと並んだ夜店に姪っ子は大喜び。飴細工屋でピンクのウサギを作ってもらう。飴屋のおじさんはオマケに緑色の玉を作り「キャベツだよ」とウサギに抱えさせてくれた。
 続いて本殿を参拝し、並んだ熊手屋を冷やかすが、姪っ子は「大人には面白いけど子供にはつまらない」とおかんむり。味見にもらったベビーカステラを落っことしたりしたので、何か食わせて機嫌をとるべく、水飴を買って飲み屋の屋台に入る。大人は焼きそばや焼き鳥を食べ、私は熱燗で一杯。境内も屋台も時間が早いので空いており、のんびり出来る。早い時間に出てきたのは正解だった。
 しかーし!、時間が早すぎて見世物小屋はまだ始まっていなかったのでした。蛇娘のおねえさんを楽しみにしていた姪っ子もがっかり。でも、そんなに待ってもいられないので、チョコバナナを買って帰宅。
 家に帰ると姪っ子はトイレットペーパーで作った蛇を食いちぎって喜んでいた。なお、生まれて初めてチョコバナナってものを食いましたが・・・、多分二度と食わないでしょうね。

|

« 高尾山の紅葉 | トップページ | 横溝正史「犬神家の一族」(角川文庫一九七二) »