« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月25日 (土)

「映画監督になる方法」(二〇〇五地下テントろばくん)

キングDVD

 近所のレンタルビデオ店で発見。「バカ映画の女王」松梨智子の作品は、「近未来蟹工船・レプリカント・ジョー」と「キューティー刑事」は映画館で、「毒婦マチルダ」はDVDを買って観た。
 まさにバカ映画のお手本と言うに恥じないバカバカしさで、すがすがしいほど観終わって何も心に残らない。主役のまんたのりおは、松梨映画に欠かせない役者だが、本当にいい役者だと思う。彼のような地味だけど巧い役者は、小劇場系の劇団などで出会うことがある。大抵は脇役の不細工男役なのだが、主役の役者が霞んでしまうような存在感と演技力に驚くことがある。
 松梨映画がバカ映画としてのクオリティが高いのは、実力のある役者がバカをやってるからではないだろうか。
 残念なのは、あまりに録音がお粗末なこと。それ以外は多少陳腐でも許せる範囲内だが、音声が酷すぎる。台詞を別録りの部分では耳元で話されるみたいだし、映像と同時録音の部分では、部屋の隅っこにラジカセを置いて録っているような間接音過多のモワモワ録音。更に録音レヴェルの変動が激しく、台詞が聞き取りにくいので音量を上げると、次の場面では大音量にビックリする。ちゃんとした録音技師にやらせればいいのにと思う。

 久々に松梨映画を観たが、とても楽しむことが出来た。次回作にも期待。

 今週気づいたこと「松梨智子と倉田真由美は年格好も顔も性格も似ている」「そして私はどっちも好きである」

|

2007年8月18日 (土)

「幻の湖」(一九八二 橋本プロ)

東宝DVD

 東宝創立五〇周年記念作品。制作・脚本・演出、橋本忍。主演、南條玲子。
 ネットで調べるとあちこちで面白おかしく紹介されている作品。私はラジオで唐沢俊一が昭和バカ映画のベストスリーに挙げているのを聞いて、興味本位で鑑賞。

 先日仲間と浅草に行ったとき、アサヒビールの黄金の○ンチを見て、「アサヒビールで反対した社員とかいなかったのかなあ」というA氏の疑問に、「組織って全員で勘違いすることってあるじゃない」と応えた。この映画が正にそれだろう。勿論、東宝の社員の中に疑問を持つ人は居たはずなのだが、それが言い出せないような勢いで突っ走ったのだろう。そして客観的な「不入り」という理由により、二週間で上映打ち切りになった。

 まず、主演の南條玲子がひどい大根役者である。走れるという理由だけで起用されたのだろうか。金はかかっているらしく、大物役者をこれでもかというほど脇役に投入し、豪華ではある。しかし、アイドル映画なら主役は大根でも華があるが、この主役ではお話にならない。
 そして、何よりこの映画をトンデモ映画にしているのは、その脚本のぶっ飛び具合だ。安物の映画にありがちな都合のいい偶然。元同僚の外人トルコ嬢(実は諜報員)と東京の街中で偶然再会するとか、犬を殺した東京の作曲家が、なんの脈絡もなく雄琴のトルコに客で来るなど。無意味に長い、仇(敢えて犯人とは言いません)を追って延々と走る場面。謎の男(NASAの宇宙飛行士)が語る湖にまつわる戦国時代の伝説の長い実写シーンとちぐはぐな現実との切り替え。そして、観客総ズッコケだったであろう、琵琶湖大橋で仇を追い越した(!?)時の「勝った」という台詞と最後の宇宙の場面。
 何も知らない善意の第三者に、私がこの映画の筋を詳しく説明したら、多分その人は「やっぱりこの人・・・」と、私を哀れみの目で見るだろう。それほど正気とは思えない脚本である。

 人と金はふんだんに使った映画らしく、カメラアングルや道具類もいい。そして何より私の心を掴んで離さなかったのは、全編に流れるリストの交響詩「前奏曲」。近接マイクで録音された微妙に下手だけど暖かみのある演奏。誰が演奏しているのかと最後のクレジットを見ると、芥川也寸志指揮東京シンフォニック管絃楽団としてある。この映画の音楽監督である芥川也寸志が、寄せ集めのガクタイを指揮した演奏だったのだ。奏者一人一人は下手だけど音楽全体に漂う暖かみは指揮者のせいだったようだ。

 とにかく呆気にとられっぱなしの二時間四十四分(長すぎ)。トンデモ映画と承知の上でレンタルDVD四百円ならば悪くはない。まともな映画と思って映画館で観たら「金と時間を返せ」って暴れたくなる映画でした。

|

2007年8月13日 (月)

ヤマカズ十七回忌

 今日、二〇〇七年八月十三日は、指揮者山田一雄の十六回目の命日、仏教式だと十七回忌にあたる。(尊敬の念を込めて以下「ヤマカズさん」と呼ばせていただく)

 私の音楽体験のごく初期。小学校の音楽鑑賞教室を含めて四回目(多分)の生演奏に接する機会が、地元立川市市民会館での第九だった。当時小学五年生だった私には、小柄で白髪の指揮者が、派手な所作で指揮しているイメージ、具体的にはヴィヴァルディの四季より春でチェンバロを弾いたり立ち上がったりしている姿と、第九の第二楽章第二主題のところで独特な唸り声を上げて指揮している姿が印象に残っている。余談だが、ヤマカズさんの弾き振りは、文字通り最初で最後の体験だった。
 その後色々な指揮者を聴いたが、ヤマカズさんの演奏会を特に追いかけるようになったのは新交響楽団との「千人の交響曲」(一九八六年四月)以降だ。それから最後の演奏会となった新交響楽団との「アルルの女」(一九九一年七月)までの音楽体験は、私自身の十五才から二十一才という人格形成期と重なり、かけがえのない音楽体験として色褪せない。

 私がヤマカズさんと舞台以外で接したのはたった一回。一九八七年一月十二日に行われた都民芸術フェスティバル(新星日響とのマーラー「巨人」)の終演後。雪の降る東京文化会館の楽屋口で色紙とサインペンを持って待っていた私を含め数名のファンを、ヤマカズさんは楽屋口の中に招き入れて順番にサインをしてくれた。
 自分の番が来て緊張している私に、ヤマカズさんはサインに宛名を入れるために「お名前は」と優しく尋ね、私が名前を言うと「どういう字」と続けて尋ねた。極度に緊張して舞い上がっていた私は「ええと、さんずいがあって、なべぶたがあって・・・」などと文字を分解して説明し始めたが、ヤマカズさんはちょっと困った顔をして、「判らないなあ」と首を傾げた。必死だった私はポケットから学生証を取り出して「こういう字です」と示した。それを見たヤマカズさんは、まず色紙の右上に宛名を書き、中央に独特の書体で「山田一雄」と書き、左側に「一九八七年正月」とゆっくり丁寧に書いてくれた。私はその間、何か話したいのだけれど、憧れの人と対峙している緊張感で卒倒しそうな状態で、ただヤマカズさんの手元を黙って見ていることしか出来なかった。
 サインを書き終わったヤマカズさんが「はい」と色紙を渡してくれた時、私の口からは極めて平凡な「素晴らしい演奏をありがとうございました」という言葉が、やっとの思いで飛び出した。ヤマカズさんはFMラジオのインタビューで聞いたのと全く同じ調子で「いいえ、ど~いたしまして」と応えてくれた。
 あの日書いていただいたサインは、今でも私の宝物である。ちなみに私は有名人のサインを集める趣味はなく。サインをもらったのは山田一雄、伊福部昭、毒蝮三太夫の三人。私が心から尊敬してやまない人だけである。

 そんなヤマカズさんは聴衆とオーケストラの楽員から愛されたが、録音に恵まれなかったせいか、没後はその才能を再評価されることもなく今日に至っている。晩年最も関係の深かった新星日本交響楽団が消滅(東京フィルに吸収合併)したことも大きいだろう。
 そんな中、嬉しいニュースが二つ。
 一つ目は一九八一年録音の、京響を振ったマーラーの「復活」がタワーレコードからCD化される。LPで発売された「京響の復活」(ビクター)と「藤沢の千人」(ソニー)は全てのヤマカズ・ファンがCD化を熱望していたので、タワーレコードの英断に喝采を送りたい。欲を言えば「藤沢の千人」もCD化して欲しいが、こちらはO村T生が唄っているので、この「ヒゲのオタマジャクシ」が死なないとCD化は難しそうだ。ちなみに私は「藤沢の千人」はLPで持っているが、「京響の復活」は東京文化会館の音楽資料室で聴いたことがあるだけだ。
 二つめはナクソスが出している「日本作曲家選輯」の山田一雄編が録音済みで、間もなく発売される見通しである。これはナクソスの日本代理店が変更になる為に判ったのだが、今現在「誰が」「何を」録音したのかは判らない。個人的な希望としては「若者のうたへる歌」「日本の俗謡による前奏曲」「交響的木曽」「おほむたから」あたりを日本のオーケストラで録音して欲しいと思う。

 今年はヤマカズさんの十七回忌と生誕九十五周年。山田一雄再評価のきっかけになって、遺された録音や映像が発売されることを期待したい。そうしたら私は言うだろう。「ヤマカズの演奏ってのはね、マイクには入らないけど、舞台上に音の大伽藍が現れるんだよ。オバケと一緒でね、実際に接した人間以外には解りようがないんだよ。ははは」と。

|

2007年8月12日 (日)

セミの唐揚げ

 去年からやってみようと思っていた「セミを唐揚げにして食う」のをやってみました。百円ショップで買ってきた捕虫網と虫籠を持って、近所の公園でセミを捕獲。なぜか私の住む地域は昔からアブラゼミばかりで、羽の透明なセミは滅多にお目にかかれない。アブラゼミ多数とツクツクボーシ一匹を確保して持ち帰りました。

 まずはセミの羽を鋏で切り落とす。オスでジージー鳴いてる奴は、羽を半分にして猫の遊び相手になってもらいます。
 素揚げでもいいかと思ったけど、霧吹きで水を吹いて、小麦粉をまぶして油で揚げてみる。揚げ加減は判らないので表面に焦げがつくかつかないかくらいにしてみました。
 油を切って塩をパラパラ振り、丸ごと囓ってみる。ん~、普通にうまいですねえ。歯ごたえは良く香ばしい。変な臭味とかは一切無い。そりゃそうでしょう。幼時は地中で腐葉土か何かを食べ、羽化してからは樹液を吸って生きていたんだから、生臭さとかは一切無くて当然です。ちょっと揚げが足らなかったのか殻が若干残るのが残念ですが、食感は居酒屋で定番の川エビの唐揚げと大差ありません。

 まあ、見た目がいかにもなんで、他人にお勧めする気はありませんし、毎日食いたいと思うものでもありませんが、毎年夏に一二度、ビールのつまみに五六匹食べてみるといいんじゃないでしょうか。次回やるときは、塩胡椒で味付けしてから、もう少しよく揚げてみようと思います。

Semi

|

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »