« 東京ニューシティ管第五十二回定期演奏会 | トップページ | 切手が・・・ »

2007年9月30日 (日)

夏休み二〇〇七

 今年の夏休みは九月上旬に念願の小笠原に行くべく準備していた。会社に休暇取得を予告し、船、宿、レンタバイクまで予約を済ませていたが、まさに東京を発つ日に小笠原方面から台風が北上し、関東を直撃。乗せてもらう予定だった貨物船から便乗を断られて玉砕。時期をずらして小笠原に再チャレンジか迷ったが、結局目先を変えて唯一行ったことのない都道府県である沖縄に行くことにした。
 当然、乗り物好きの悪い血が騒いで、七泊八日という日程の内、沖縄滞在が一泊二十六時間、陸地二泊、船内五泊という、何をしに行くんだか解らない行程が出来上がった。

 初日、N七〇〇系が騒がれているが、敢えて五〇〇系のぞみで新大阪へ。大阪港の海遊館でジンベエザメを見物。キャプテンラインの遊覧船を乗り継いで大阪南港へ渡り、関西汽船の「さんふらわあこがね」別府行きに乗船。

 二日目、別府着。バスで大分空港へ。飛行機には乗らず大分ホーバーフェリーで大分へ。九州新幹線への乗り継ぎは博多を回った方が早いのだが、敢えて豊肥本線の普通列車と九州横断特急、リレーつばめを乗り継いで九州新幹線「つばめ」初乗車。これでJR完乗のタイトルを奪還。鹿児島市電と鹿児島交通バスを乗り継いで谷山港へ向かい、新屋敷商事の「はいびすかす」屋久島行きに乗船。

 三日目、屋久島着。すぐに上屋久町営「フェリー太陽」に乗り換え口之永良部島へ渡り、とんぼ返りで屋久島。折田汽船の「フェリー屋久島2」に乗り換え鹿児島へ。鹿児島では市営フェリーに乗って桜島往復後、市電に全線乗る。再び鹿児島港から十島村営「フェリーとしま」名瀬行きに乗船。

 四日目、吐喇列島の口之島、中之島、平島、諏訪之瀬島、悪石島、小宝島、宝島に寄港して夕方奄美大島の名瀬着。奄美観光ハブセンターを見学し、名瀬泊。

 五日目、名瀬滞在十四時間でマルエーフェリーの「フェリーなみのうえ」に乗船。徳之島、沖永良部島、与論島に寄港し夕方那覇着。那覇泊。

 六日目、ゆいレール全線に乗り、首里城、おきなわワールド(ハブ博物公園、玉泉洞、琉球王国村)観光。夜マルエーフェリーの「ありあけ」東京行きに乗船。

 七日目、全日船上。

 八日目、夕方東京着。

 だらだらと羅列したが、正直なところこのような強行軍は、計画段階は楽しいけど実踏段階は難行苦行になる。更に、知らない土地でじっとしていることが出来ない性格のため、鹿児島の二晩目と那覇の二日目は真夏並みの暑さの中歩き回ってヨレヨレ。最後の船に乗って以降は朝から酒浸りという、最悪の状態。けれど不思議なもので、東京港に入り有明埠頭が見えると、もう二三日乗っていたい気がする。それが旅の醍醐味なのだと思う。
 今回改めて感じたこと。私は乗り物に乗るのと、動物や魚を観るの(怖いもの見たさも含め)が本当に好きなんだなあ。

|

« 東京ニューシティ管第五十二回定期演奏会 | トップページ | 切手が・・・ »