« 切手が・・・ | トップページ | 「ウンタマギルー」(一九八九 パルコ) »

2007年10月27日 (土)

マザーボードの死因

 私の自宅には三台のデスクトップ型パソコンがある。三台必要なわけではないのだが、自作機なので部品を更新している内に、余った部品でもう一台組み立てられるくらい古い部品が余ってくる。それを繰り返している内に三台になってしまったのだ。
 ここのところメインで使っているマシン(Windows2000!)が不調なので、数年前から電源が入らず使っていなかった一番古いマシンのケースに移すことにした。
 一番古いマシンのケースからマザーボードを取り外して見ると、電解コンデンサから液漏れしているものがある。よく見ると液漏れまで行かなくとも、膨らんでいる電解コンデンサが沢山。数えてみたら、底が抜けて液漏れ七本、上部が破裂二本、膨張三本。全て「Lelon 1000μF 6.3v」と印刷されている電解コンデンサだ。ネットで調べてみると出るわ出るわ。あっちでもこっちでもこの不良コンデンサの破裂・液漏れが報告されており、猛者は自分でコンデンサを交換してマザーボードを生き返らせたりしているようだ。
 ハンダ付け作業は大好きなので、すわコンデンサ交換!と思ったのだが、肝心なことを思い出した。このマザーボードは調子が悪くなったときに色々試行錯誤をしすぎて、CPUソケットの爪が欠けてしまい、CPUファンが取り付けられなくなっていたのだった。コンデンサは二本足だから私でも交換できるが、CPUソケットは三七〇本足なのでとても無理だ。
 というわけで、残念ながらこのマザーボード「AOpen AX3S ProII」で四台目のパソコンを組む事は出来ない。マザーボードとケース以外は一式揃っているので、ちょっと勿体ない気がする。中古のマザーボードを探してみようかしらん。

Photo

|

« 切手が・・・ | トップページ | 「ウンタマギルー」(一九八九 パルコ) »