« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月26日 (水)

怖くて聴けないCD

マーラー:交響曲第九番ニ長調
管絃楽/イスラエル・フィルハーモニー管絃楽団
指揮/レナード・バーンスタイン
一九八五年九月三日大阪フェスティバルホール
LANNE HISTORICAL COLLECTION/LHC-7002

 俗に裏青と呼ばれる海賊盤。先日2ちゃんねるの書き込みで存在を知り、ネット通販で入手。もう四回ほど冒頭部分を再生したのだが、一分も聴くと再生をやめてしまった。聴くのが怖いのである。

 この録音の五日後にあたる九月八日。当時中学三年生だった私はNHKホールの客席で、同じ演奏者の同じ曲を聴いた。今でも語りぐさとなっているその演奏は、冒頭から尋常でなく、最後の音が消えてから気の遠くなるような沈黙の中、呼吸が出来なくなって気が狂うのではないかと思った。当時、まだまだ音楽経験は浅く、マーラーの交響曲の中では難しい第九番よりは旋律が馴染みやすい「巨人」の方が好きだったように記憶している。しかし、バーンスタインの演奏はどこがどう優れているとかのレヴェルではなく、最初から最後まで圧倒されっぱなしの演奏で、間違いなく私はあの日、大人の階段を一段昇ったと思っている。そして今でも音楽談義になると、「オレはあのバーンスタイン/イスラエル・フィルのマラ九を生で聴いてるからね」と自慢する出来事なのだ。
 当日のNHKホールにはマイクが吊ってなかったので、正規の録音は残されていない。しかし、そのものズバリではないが、限りなくそれに近い録音が日の目を見たのだから、一も二もなく聴いてみたい。しかし、実際手に入れると聴けないのだ。何しろ二十年以上前の記憶だ。思春期に感動したのに、オッサンになるとつまらない小説や映画も結構ある。思い出として美化してしまっているのではないかと心配になるのだ。さらに、生演奏の感動は、後で録音を聴くとさほどでない場合も多い。山田一雄/新交響楽団によるマーラーの交響曲第八番、小林研一郎/日本フィルのチャイコフスキーの交響曲第四番など、もの凄い演奏だったのに、録音がそれを伝えていない例も多い。

 せっかく入手したCDなので、同窓会に参加するような気持ちで、暮れ正月の間に聴いてみようとは思っている。もし、期待通りかそれ以上ならここに感想を書こうと思うが、なにぶん膝上録音の海賊版という音響的に不備なものなので、恐らくスルーだと思う。

 ちなみに、私が生で聴いた演奏(会ではなく曲単位で)のベスト五は、バーンスタイン以外は以下の四曲。

ベートーヴェン:交響曲第五番ハ短調
管絃楽/新交響楽団
指揮/山田一雄
一九八六年九月二十三日新宿文化センター

ベルリオーズ:幻想交響曲
管絃楽/ハンガリー国立交響楽団
指揮/小林研一郎
一九九五年十二月三日昭島市民会館

チャイコフスキー:交響曲第五番ホ短調
管絃楽/神奈川フィルハーモニー管弦楽団
指揮/小林研一郎
一九九六年十二月六日神奈川県立音楽堂

ハイラー:舞踏トッカータ
オルガン/新山恵理
一九九七年四月二十九日サントリーホール

 いずれもCD化されたら飛びついて買うだろうが、やはり聴くまでには相当の時間と覚悟が必要な気がする。

|

2007年12月13日 (木)

最後のAOpen?

 「マザーボードの死因」でも触れたのだが、使用しているパソコンが陳腐化してきたので、新しい部品で組み直すことにした。
 別に3Dゲームをバリバリやるわけでもなく、メール、ウェブ閲覧、ラジオのタイマー録音、ワープロ・表計算、音楽CD作成くらいにしか使わないので、それほどのスペックは要求しない。しかし、性能のいいマシンが欲しくなるのは男の性(さが)で、ついつい高性能な部品に心を奪われる。
 ペンティアムのCore 2 QuadというCPUが使ってみたいので、それを基準に部品を選定するが、マザーボードの選択で迷う。歴代の自作パソコンは全て台湾のエーオープン(AOpen)社製を使用してきた。順に「AX6B Plus」「AX6B」「AX6BC Type.R V spec II」「AX37 Plus」「AX3S ProII」「AX4SG-UL」である。しかし、現在エーオープンが出しているマザーボードは「AX33G-UL」くらいしかなく、情報を集めると他社からOEM供給されているらしい。かつてはBIOSがコギャル言葉で喋ったり、真空管をオンボード音源に使ったりと、遊び心満点のマザーボードを数多く送り出したエーオープン社だったが、現在は主力をベアボーン・キットに移し、マザーボード生産には力を入れていないようだ。
 現行の「AX33G-UL」は何の面白味もないマザーボードで、今回はアスース(ASUSTeK)かギガバイト(GIGABYTE)製のマザーボードにしようと思った。しかし、PS2マウスに対応(切換器を使用するので必須条件)していないなどの細かな理由でふるい落とすうちに、結局「AX33G-UL」に落ち着いてしまった。

 高性能のCPUと四ギガバイトものメモリを積みながら、オンボード・グラフィックという、F1ドライバーを軽トラに乗せるようなアンバランスなマシンが出来上がってしまった。次にいつパソコンを自作するかは不明だが、このまま行けば長年馴染んだエーオープンのマザーボードは使わない気がする。

 なお、余った部品を集めて、もう一台パソコンを組んでみた。一番安いケースと、ヤフオクで中古のマザーボードを入手して、廃物利用のパソコンの完成である。一応新作二台のスペックを記しておく。

M/B:AOpen/AX33G-UL CPU:Intel/Core 2 Quad Q6600 2.4G MEM:A-DATA/DDR2 PC2-6400 2G*2 HDD:Seagate/500GB(SATA2) OS:WindowsXP Pro(SP2)

M/B:TYAN/i810 Tomcat S2056 CPU:Intel/Celeron433 MEM:Green House/SDRAM PC100 256M*2 HDD:IBM/30+120GB(ATA66) OS:Windows2000(SP4)

 新しい方は今後メイン機として使う予定だが、廃物利用の方をどう活用するか?。思い切ってファイル交換専用機にしてみようかと思う。

|

2007年12月 3日 (月)

あぁルナティックシアター「アストロ劇団2 ワールドエンド」

二〇〇七年十二月二日 ラゾーナ川崎プラザソル

 この劇団の座長である橋沢さんとは、仕事上で随分以前からの知り合いだった。最近になってひょんなことから、これも大昔からの友人であるバーバラが橋沢さんと親しいことが発覚。バーバラに誘われて千秋楽を鑑賞する。

 中学生くらいから私の趣向は「バカ」が最優先である。音楽ならバカ弾きバカ吹き、文学ならバカ小説、バカ映画にバカ芝居。噺家も正統派より異端児。そんなバカ好きを自認する私が大笑いして、日頃のストレスが吹き飛ぶような最上級のバカ芝居だった。
 筋書きがどうのとか書くつもりはない。物語はついでであり、とにかく次々と繰り出されるギャグの連続である。芝居と言うよりは、芝居仕立てのグランド・コントと言った方が適切かも知れない。
 大変素晴らしいのは、笑いとストーリーのバランスが良いこと。これは特筆に値する。ドッと笑って、少し進んで、またドッと笑うの配分がいいのだ。この手のバカ芝居は、演者や演出家が気持ちよくなるために、殺陣や格闘、ダンスシーンが無駄に長くなったり、最後に感動させるような話に持って行ったりする陥穽に陥りがちである。これをやられると客としては「てめーらだけ気持ちよくなってんじゃねえよ」と思うのである。
 最後は一応決裂した父娘が再び理解し合うというハートウォーミング系の筋書きなのだが、そこにも容赦なくギャグを盛り込んでくれたおかげで、観終わった気分がとても良かった。

 職場が変わって以来、舞台ものから足が遠のいているが、心が渇ききってしまいそうなので、そろそろ芝居通い寄席通いを復活したいと思ってます。

|

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »