« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月28日 (木)

さよなら二〇一系

 「省エネ」と書かれたヘッドマークをつけた、国鉄の新型電車二〇一系が颯爽とデビューしたのが一九七九年。私が小学三年生の時だ。当時の中央快速線は全て一〇三系電車で運用されており、我らチビッコ鉄ちゃん達は高運転台タイプを「タカマド(高窓)」、従来車を「ヒクマド(低窓)」と呼び分けていたが、正面の上半分が黒い二〇一系は精悍な顔立ちのように感じた。
 それから二十七年後の二〇〇六年末、新型電車E二三三系がデビューし、中央快速線の電車はどんどん置き換えられている。
 私は浪人から現在までの約二〇年間、ほぼ毎日中央線の電車を利用している。単純に計算して一万回以上はこの二〇一系に乗っているだろう。女性専用車が導入されるまでは行きも帰りも一号車(一番東京寄り)に乗っていた。好きだったのはトップナンバーのクハ二〇一-一と、理由はないがクハ二〇一-二〇一の二台。この編成が来ると、内心「やった!」と思っていた。
 首都圏の通勤電車が次々とステンレス製になっていく中で、中央快速線(と青梅線)のオレンジ色だけが全面塗装の鋼製車体だったのだが、遂に銀色にオレンジ帯の電車になってしまった。
 毎日使う身としては、新型のE二三三系は外見は別にして乗り心地は大変良い。座席の幅が拡がったので、オッサンが七人並んでも窮屈じゃないし、液晶画面で暇もつぶせる。半自動ドアの採用も、高尾、青梅以遠の運用には必要だった。
 古いものが消えていくことに郷愁は感じるが、鉄道は安全・正確を追求するのだから仕方がない。中央線もここ何年かで、車輌の更新、高架化工事の進捗、新宿駅の改良(ホーム入れ替え)など、目まぐるしく近代化が進んでいる。利用者にとっては有り難いことだ。

 ただし、有り難くない変化もある。立川駅で何やらホームの延長工事をしていると思ったら、三月のダイヤ改正から「スーパーあずさ」の一部が立川に停車するというのだ。以前は「あずさ」が立川停車と通過が混在していて厄介だったが、何年か前から「あずさ・かいじ」は停車、「スーパーあずさ」は通過に揃って判りやすくなったのに。いっそのこと特急用のE二五七系を増備して、「スーパーあずさ」は廃止してしまう方がサービス向上ではないかと思う。とは言うものの、きっと立川に停車する「スーパーあずさ」には喜んで乗るだろうと思う。

 話を戻すが、滅多に見られなくなった二〇一系が、いつ頃全廃されるのかは知らない(鉄道雑誌とかあまり読まないので)。長年馴染んだオレンジ色の電車がなくなる前に、一度も考えたことがなかった「中央線の二〇一系に乗りに行く」のをやってみようかと思う。東京から高尾まで乗り通して、高尾で蕎麦でも食べて帰ってこようか。

|

2008年2月12日 (火)

栗コーダーカルテット「笛日和2008」

 二〇〇八年二月一〇日 松明堂音楽ホール

 今年で三回目の栗コーダー@松明堂音楽ホール。何と今年は昼夜二回公演で、二回とも完売の大人気らしい。開演の二時間前から整理券を配布するということだったが、小さなホールで席は選ばないからゆっくり到着。最後列で聴く。

 八〇人しか入れない小さな空間なのに客席の熱気が感じられる。熱気といっても、バンドのライブみたいなギラギラしたものではなく、すごく温かくアットホームな雰囲気だ。一曲ごとに起こる拍手が盛大で、曲間MC(マイクは使ってないが)に入るタイミングがいつも待ち気味なのが、客席の熱気を象徴していたような気がする。
 客席の反応が良いため喋りも長くなり、アンコール二曲目の前に、栗原さんが「篤姫始まりますよ」とコメント。二時間二十分ほどの演奏会があっという間だった。

 今年も大満足の「笛日和」。続けてくれた松明堂音楽ホールとプロデューサーのOさんに感謝する。毎年書いているが、是非来年も続けて欲しいと願う。
 終演後は同行した大学の同級生Y女史と国分寺で飲む。半年ぶりだが長いつきあいなので、緊張感無く飲んだり喋ったりしていると、あっという間に零時過ぎ。私は何とか電車で帰れたが、Yクンは惜しいところで終電に間に合わず。荻窪までタクシーで帰ったのだろうか。気の毒なことをしました。

|

2008年2月 9日 (土)

「歓喜の歌」(二〇〇八「歓喜の歌」パートナーズ)

 二〇〇八年二月九日 立川シネマシティ

 面白そうな話なので、取り敢えず原作の落語をDVDで観てから映画館で鑑賞。雪が降り始めた三連休の初日、定員一八〇人弱の映画館に客は二〇名ほど。空いていて快適。

 原作の落語も面白かったが、映画化してさらに面白くなった気がする。原作では公民館の職員が主役で、ママさんコーラス側のドタバタはあまり描写されないが、コーラス側と、原作に無いそれを取り巻く複雑な人間関係(外人パブのオーナーとホステス、市長と市長夫人とランチュウ、建設会社と社長と母、主任の妻と子など)を加えたことによって、より話が面倒で面白くなっていると思う。
 役者も豪華で、大物役者を惜しみなく投入している。小林薫の主任はまさに適役。冴えない役人が化けていく様子を巧みに演じている。安田成美の大根役者ぶりがやや残念ではあるが、演技力を補って余りある笑顔が素敵だったので良しとしよう。

 全く予備知識が無かったのだが、この映画の街頭シーンは地元立川で撮影されている。多摩都市モノレールが何度も映る場面は殆ど場所が特定でき、二つの場面は私の家から三〇〇メートルほどの近所で撮影されていた。
 それが理由でもあるが、DVD化されたら迷わず購入すると思う。

|

立川志の輔「歓喜の歌二〇〇七」

 オフィスほたるいかDVD
 二〇〇七年一月十三日 パルコ劇場で収録

 落語は寄席で聞くのを基本にしてきたので、志の輔の高座を生で観たことはない。器用な司会者としての露出が目立つが、たまにテレビで観る高座は本当に面白い。
 この「歓喜の歌」も、本当によくできた新作落語で、舞台設定の意外さから、展開の早さ、省略の妙、五十分ほどの長講だが、一切ダレることはない。最後の最後に大がかりな仕掛けがあるのが蛇足だとは思うが、本人がやりたいのだから仕方ないと思う。本人の解説には「私なりの”餃子”」と書いているが、DVDで観ていても居心地が悪いのだから、客席で観ていたら恥ずかしくて退席したくなりそうだ。

 それだけだったらいちいちブログに書くつもりはなかったのだが、文句があるから書く。このDVD映像は、何台のカメラを使って収録したのか知らないが、実にコロコロとアングルが変わるのだ。登場人物の台詞の切り替わり毎は当たり前。下手すると台詞の一フレーズ毎にアングルが変わる。それも、顔面(眉から口まで)や手元などの大接写、真上からのアングルなど、編集者の趣味としか思えない構図が次々と切り替えられていくのだ。
 志の輔本人が認めているのだろうから仕方がないが、悪趣味の極みだと思う。私はこれからこのDVDの音声だけをCDに録音して聴こうと思うが、邪魔な映像は二度と見ないと思う。
 落語の本質は、受け止める側(客)の想像力を如何にかき立てるかにあると思う。このDVDでは一鑑賞者(DVD制作者)の視線で、自分が気になった表情や所作にいちいちズームアップするのだ。更には真上からの構図なんて、噺家が客席に向かって表現しているものを真上から観て何の意味があるのか。相撲中継では面白いかも知れないが、余計なお世話以外の何者でもない。

 ラジオ時代にあれほど重要な素材だった落語が、テレビ時代になって低迷した。NHKが軽めの演芸番組で用いる「ドッと受けた瞬間の客席を映す」手法など、制作者の「ここで笑え」というメッセージが伝わってきて煩わしい。同じNHKでも、東京落語会の録画を中心とした「日本の話芸」やTBSの落語研究会のような、余計なカメラワークを使わず、記録として収録に重きを置いた映像の方が、落語自体を楽しむのに適している。

 せっかく志の輔らくごの世界に入り込みたいのに、ズームアップすると公民館の職員が着物を着ていることや、電話の受話器が扇子であることを確認させられてしまう。勿体ないと思う。

 わざわざこのDVDを買ってきたのは、勿論この落語が原作になっている映画を観に行こうかと思っているからである。

|

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »