« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月24日 (火)

中高年キャンプ団

 金曜日から月曜日までキャンプに行ってきた。メンバーは母方の伯父(六十六歳)、叔父(六十歳)と奥さん(四十九歳)、そして私(三十八歳)。平均年齢五十三.三歳という中高年キャンプ団である。

 朝四時に集合し、伯父のクルマに荷物を満載して関越道で新潟方面へ。目的地は新潟県の三面川水系猿田川。日本海東北道の中条で降りて国道七号で村上、三面川沿いに朝日スーパーライン(旧スーパー林道)を辿ろうとすると、岩崩集落の先で通行止めになっておりゲートが閉まっている。北側に迂回して、高根から平床林道でスーパーラインまで辿り着くが、鳴海森林公園の所でこちらも通行止め。キャンプする予定の猿田川野営場に辿り着けない。バードウォッチングや写真撮影に来ていた地元の人たちから情報を得ようとするが、未確認情報ばかりで確信が持てない。一番確実な情報を得るために、一旦国道沿いまで降りて村上市役所に問い合わせる。すると、山形県の小国から蕨峠経由のルートが今朝(二十日)の九時開通で、野営場まで通行可との回答を得る。つまり日程が一日早かったら辿り着かないところだったのだ。昼頃には到着して、近場で晩飯のおかずを釣るという予定は狂ったが、辿り着けただけでも有り難い。
 土曜日、日曜日とも一日釣りをする。例年になく雨が少ないようで、澄み切った水が細く流れている。十数年ぶりに渓流釣りをする私のようなヘッポコ釣り師は、流れを見ただけでもう「こりゃ釣れないわ」という気分である。
 ところが、道路が開通したばかりと言うことは釣り師が入っていないということで、三投目くらいでいきなり二十センチちょっとのきれいな岩魚が釣れてしまった。その後は十五センチくらいの当歳魚の岩魚と、外道のアブラハヤに悩まされ、渇水のため尺上は出なかったが、二日間でそこそこの釣果を得て、十数年ぶりの渓流釣りにしては大満足な釣行となった。
 また、雨が少ないので、キャンプ場には虫が少なく、キャンプも快適。梅雨時期に、私と伯父の二人の雨男がいるにもかかわらず、四日間全く雨に降られないという奇跡のような天候に恵まれて、久々のキャンプ&渓流釣りは素晴らしいものになった。

 今回は運転要員として声がかかったのが始まりだったので、キャンプ道具、釣り道具とも伯父貴に頼り切りだったが、来年も声がかかるようならば、釣り道具は一式揃えたいという気がする。

|

2008年6月11日 (水)

コバケンの千人

マーラー/交響曲第8番変ホ長調「千人の交響曲」

菅英三子、澤畑恵美、秋吉邦子(Sop.)、西明美、竹本節子(Alt.)
伊達英二(Ten.)、青戸知(Bar.)、ペテル・ミクラーシュ(Bas.)
合唱/日本フィルハーモニー協会合唱団、武蔵野合唱団
児童合唱/東京少年少女合唱隊
管弦楽/日本フィルハーモニー交響楽団
指揮/小林研一郎

一九九八年五月十四、十五日サントリーホール
日本フィル第五〇〇回定期演奏会のライヴ録音

 十年も前の録音が何故今頃発売されるのかは不明だが、とにかくコバケンの千人がCDで聴けるのは有り難い。当時二日とも客席で聴いたが、初日は第一部の後に休憩を入れたのに、二日目は休憩無しで、全体のテンポも二日目の方が早めだったと記憶している。
 マラ八は幾つもの録音、実演に接してきたが、拡散型か凝縮型の二つのアプローチに分類できると思う。近年実演で接した演奏はいずれも凝縮型だった(ベルティーニ、広上、インバル)が、このコバケンの演奏は拡散型。テンポをゆったりとって、スケールの大きさを前面に出すアプローチだ。珍しくスコアを置いて指揮していたコバケンだが、テンポの崩し方などは堂に入っており、不慣れな演目であることは感じさせない。しかし、残念なことにスケールが大きく、呼吸が深くなるほどに、曲のアラが目立つ結果となっているように感じる。合唱陣が非力で、唱いきれていないのも原因であるが、曲の弱さを実感する。その意味ではこの曲のCDとして初心者向けではなく、比較対象用と言えるかも知れない。
 独唱陣は悪くない。ベートーヴェンの第九では表情過多だった青戸知も、この曲はこれくらいくどくていい。バスは日本人でまともに唱いきれる人材が居ないので、ミクラーシュを起用したのか。実演では流石な声量だと感じたような気がするが、CDで聴くとあまり巧くない。
 音の混沌状態になりやすいサントリーホールで、巨大編成のライヴ録音だが、条件が悪かったわりに録音はいい。全体的に近接マイクの音作りだが、曲と会場を考えれば正しい方針だろう。客席では絶対あり得ないバランスで聞こえるパートも散見するが、実際サントリーホールの客席で大編成のオケを聴いていると、何をやっているのだかサッパリ判らないことが多い。録音として聞かせるには、この程度のバランス操作は問題ないだろう。
 コバケンが好きか、マラ八が好きで、既に他の曲、他の演奏を聴き込んでいる人向けなCDと言えると思う。

|

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »