« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月23日 (水)

燻製に挑戦

 帰省中の姪っ子と、従兄弟の子供たちと、バーベキュー&川遊びというイヴェントを行った。場所は丹波山村の村営釣り場。奥多摩方面に数あるマス釣り場の中で丹波山村営を選んだ決め手は「つかみ取り」。子供四名は六歳以下なので、マス釣りはちょっと難しそうなので、大人はマス釣り、子供はつかみ取りにしてみた。
 最初はおっかなびっくりだった子供たちも次第にテンションが上がり、つかみ取りは大好評。釣りとつかみ取りで二十八匹ものニジマスを確保。現場では塩焼きにして、十五匹ほど持ち帰った。

 家では初の燻製作りに挑戦するため準備が整っている。一番安かった二千円のブリキ製燻製器とスモークウッド。漬け込み液は前の晩に作ってある。ネットで集めた様々な情報の平均値を選択する感じで、漬け込み液は水二リットルに塩三百グラムと砂糖百五十グラム。黒コショウ、ローリエ、バジルなどのスパイスと日本酒を適当に。これによく洗ったニジマスを漬けて冷蔵庫で一晩(十二時間)。
 翌朝は六時起きで、まず三時間ほど流水で塩抜きし、よく水気を拭いて風乾。天気が悪かったので、虫除けも兼ねて扇風機で風を送る。午後になって適当に乾いたので、いよいよ燻す。燻製器にセットし、ナラのスモークウッドに着火。温度計までは用意してないので、そのまま放置して四時間。蓋を開けてみると結構いい感じだ。しかし、背中の肉がまだ柔らかめだったので、更にブナのスモークウッドにも着火し、更に四時間燻す。
 出来上がったのは黒光りするような見事な燻製。水気もよく抜けており、ビールとの相性は抜群。手間と時間がかかるので、たまにしか出来ないが、面白い趣味だと思う。
 ただし器具類はヤニと匂いが結構大変なので、燻製器は段ボールで使い捨てにした方が、たまにやる道楽には向いているかも知れない、

|

2008年7月18日 (金)

東京フィル第四〇回東京オペラシティ定期演奏会

二〇〇八年七月十七日(木)東京オペラシティコンサートホール

指揮、クラリネット/ポール・メイエ

ヴァイオリン/平澤仁 ヴィオラ/須藤三千代
チェロ/渡邉辰紀 コントラバス/加藤正幸
ファゴット/大澤昌生 ホルン/森博文
オルガン/新山恵理

ベートーヴェン/七重奏曲変ホ長調作品二〇
サン=サーンス/交響曲第三番ハ短調「オルガン付き」

 室内楽と大編成のオーケストラを続けて聴くことで、楽器としてのホールを体感するという趣旨らしい。
 七重奏曲は初めて聴いたが、肩の凝らない佳曲。メイエのクラリネットは音色、表現共に素晴らしく、東フィルのトップ奏者たちも楽しそうに演奏していた。全体的に室内楽的なバランスが保たれていたが、時にヴァイオリンだけが浮いて聞こえる場面があった。表現がソリスト的になってしまったせいだろう。
 室内楽編成だと私の席(一階ほぼ中央)からは直接音が弱く、輪郭がはっきりしなかった。娯楽的な曲なのでさほど気にはならないが、BGMのように聞こえ、迫力不足と感じた。

 クラリネットの名手メイエだが、指揮の方は全くの素人。随分下手な指揮者を何人も見てきたが、これほど棒が振れない人も珍しい。サン=サーンスの第一楽章は辛うじて何とかなっていたが、第二楽章前半の裏拍が強い部分では、最初は「(ウン)タカタカ、タンタカタカ、タンタカタカ、ター」と振っていたのに、オケに引っ張られて裏拍を叩いてしまう。オケは頭だけ指揮者を見ていたが、後はコンマス任せだった。
 棒は下手でも音楽性が素晴らしいということなら理解できるのだが、この指揮者、別段珍奇な事をするではなく、かといって深い表現があるでもなく、曲作りはごく平凡。第二楽章以降はオケが自主的に突っ走った感じで、聴いていて退屈するわけではないのだが、特に感心もしないという演奏。感想をまとめれば、棒の下手な指揮者だったけど、オケは好演だった、というところか。
 しかしそれだけだったら、わざわざここに感想を書いたりしない。オルガンのことについて書きたいのである。
 第二楽章後半の派手な部分のオルガンは、オケとのバランスも良く、まず模範的な演奏と感じた。こけおどしに派手な音を出せば、素人は喜ぶのだろうが、そのような外連がないのが素晴らしい。もっとも、オルガン奏者はオケとのバランスを客席で確認することは不可能だから、限られたゲネプロ時間中に、経験と勘を頼りにバランスを取るのだろう。
 そして更に素晴らしかったのが第一楽章後半の緩徐部分。空気のざわめくような三十二フィート管の持続音の上で主題を奏でる絃楽器の美しさ。素人にはオルガンが鳴っているとは判らないような音作りとバランスが素晴らしく、ため息が出るほどだ。そして、コーダの四七二小節。オケの音が消え、オルガンの和音がピアニシモで降ってくる部分。この世のものとは思えない美しさに全身粟立ち、思わず涙腺が緩んでしまった。あれほど天国的なオルガンの音を聴いたことがない。間違いなく第一楽章終結部の数小節が、この演奏会の白眉であったことは間違いないだろう。

 オペラシティで聴く大編成のオケは、いつも音の渦に巻き込まれる感じで、何をやっているのか判りにくい。特に今回のように一階席で聴くとその感を強くする。あの無駄に高い天井が問題なのだと思う。小編成でも大編成でも天井からの跳ね返りがなく、初期反射音が不足するので明瞭度が下がり、音が滞留してしまう感じがするのであろう。だから、天井との距離が近い三階席の方が、音のバランスは好きである。
 私は過度な残響は嫌いなので、二曲を聴き比べて、ベートーヴェンは東京文化会館の小ホール、サン=サーンスは新宿文化センターで聴きたかったと思った。

|

2008年7月 9日 (水)

木更津で潮干狩り

 六歳になる姪っ子が妹と一緒に帰省しているので、連日遊びのスケジュールが詰まっている。四日金曜日は木更津に潮干狩りに行った。姪っ子はダシにされた感じで、潮干狩りに一番行きたがっていたのは、ウチの母親である。
「おばあちゃんと一緒に潮干狩り行きたいよねえ」
と言われれば、姪っ子は何だか判らなくても行きたがる。
 朝七時過ぎに家を出て、中央道~首都高~アクアライン経由で木更津の牛込海岸に着いたのが九時少し前。燃油高で首都高の渋滞が少なかったとはいえ、一時間半で着いてしまうとは驚きだ。おまけに通勤時間割引で、アクアラインの通行料は半額の千五百円。アクアライン万歳!、ハマコー先生ありがとう!。

 シーズンも終わりに近い潮干狩り場は人影もまばらで、どこを掘っていいのか見当がつかない。漁協のオジサンに聞くと、番号の書かれた立て札が立っているあたりがいいとのこと。暫く掘っている内に、アサリの群れがいる所のパターンが読めてきた。一旦コツをつかめば後は早い。
 姪っ子は早々に飽きて、カニやヤドカリの捕獲をしていたかと思えば、潮だまりに漬かって「温泉ごっこ」などをやっていた。大人三人は夢中になって掘りまくり、昼頃には十分納得するだけのアサリを収穫。小粒のものは放してから計量してみると、六、五キロ。制限は七キロ(大人二キロ、子供一キロ)なので丁度良かった。

 昼食はアクアライン近くの「アクアわくわく広場」に寄り、土産物屋のオヤジが薦めてくれた、「かもめ食堂」の穴子天丼を食べる。大きな穴子の天ぷらが一本半乗っていて大満足。
 帰り道では「海ほたる」にも立ち寄って、土産物コーナーなどを覗く。懐かしい観光地メダルと打刻機があったので、思わず姪っ子にメダルを買い与えてしまった。メダルの形状は変わらないが、打刻機は一旦印字内容を画面に表示してから一気に打刻するようになっていた。私が小学生の頃「さんふらわあ8」で祖父にメダルを買ってもらった頃は、数字とアルファベットが一周並んだ、大きなダイヤル式だったように記憶している。そして祖父は、私の名前の綴りを間違って刻印してくれた。

Anagotendon

|

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »