« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月29日 (金)

鯉を釣る

 多摩川まで自転車で三分という環境で育ったので、最初に覚えた釣りはハヤやヤマベの按摩釣りだった。そしてウキ釣りを覚え、リール竿を買ってもらうと鯉釣りと進んだ。鯉釣りは専ら吸い込み仕掛け。十三尺の磯竿にナイロン一〇号というごつい仕掛けで、三〇センチくらいの鯉をゴリゴリ抜き上げるという、今となっては甚だ釣趣に欠ける釣り方だった。しかし、吸い込み釣りで釣れるのは四〇センチ台が一杯で、五〇センチ台は殆ど上げたことがない。そんなことをしている内に飽きてしまい。その後は渓流釣りやワカサギ釣り、多摩川ではナマズ釣りか、小物釣りをしていた。
 何年か前からネットなどで「食パンを餌にして流すと大物の鯉が簡単に釣れる」という情報を得ていたのだが、先々月あたりからこの「鯉のパン流し釣り」を始めてみた。

 シーバス用の竿に道糸四号、ハリス三号(最初は三号、二号だったが、大物が掛かると糸切れが多くなるので、釣趣より魚体への負担を考えて太くした)、自作の飛ばしウキとヘラスレ一〇号の一本針という仕掛けだ。
 一番難しいのは飛ばしウキで、市販のものや浮くタイプのルアーを使ったりしたが、結局どれも帯に短しで自作することにした。現在使っているのは二タイプ。

一、直径四センチの丸い木の棒を四センチに切って中心に穴を開けたもの
二、一と同じ形状の発泡ポリウレタンに適当なオモリを仕込んだもの

 二の素材はネットで評判の「小林重工のコ式」という鯉用ルアーにヒントを得た素材だが、私のやり方はハリスは三〇センチほどの長さなので、あくまで飛ばしウキである。円筒形で水の抵抗が大きい形状にしているのには訳がある。
 パン流し釣りでは、上流に立ち込んで仕掛けを流すスタイルとなり、糸はなるべく張らずに、餌が自然に流れるようにする。そうすると、何十メートルも流せば相当な糸ふけが出て、鯉の補食を目視しても合わせが間に合わないことが多い。試行錯誤中に水の抵抗が大きいジッターバグというルアーを逆さまにして飛ばしウキ代わりにしたら、何だか向こう合わせが多かったことがヒントになっている。鯉がパンを補食して反転した際に、ウキの抵抗で針掛かりするというのが狙いである。
 この作戦は結構うまく行き、猛暑だったにもかかわらずそこそこの成績を収めている。これから水温が下がって鯉が活性化してきたら、更にペースも上がるのではないかと期待している。なお、パン流しで釣れる鯉は大型のものが多く、大体五〇から七〇センチの間である。小学生の時にこんなヤツが釣れたら、足が震えちゃっただろうなと思う。たかが鯉釣りだが、一回釣行する度に釣れない理由や釣れる理由を考え、仕掛け、餌、釣り方などに工夫を凝らす。それがまた思い通りに行かないところが釣りの面白さだと思う。

 昨晩の大雨で多摩川は相当増水しただろう。今週末は地元で鯉を釣るか、下流でハゼを釣るか迷うところだが、増水したままではどうにもならない。天候が回復して、早く水が引いてくれることを祈るばかりだ。

|

清水義範「イマジン」(集英社文庫二〇〇八)

 初出は「週刊プレイボーイ」二〇〇三~二〇〇四年

 ひょんな事から二十三年前にタイムスリップした青年が、若き日の父親と一緒にジョン・レノンの暗殺を防ぐべく立ち上がる。こんな紹介文をちらりと読んで、「あ、また逢う日までだな」と思って読み始めた。
 私はそもそもSF小説に全く興味がないのだが、清水義範作品については読んでいる。なので、他の作家が書いたタイムトラベル小説と比較することは出来ない。
 清水義範は他にも沢山タイムトラベル小説を書いているが、どれも外れなく面白いと思う。本作も、一九八〇年と二〇〇三年という、自分にとって身近な年代が舞台となっているので、共感しながら読むことが出来た。
 今思えば、八〇年代というのは、不思議な時代だったと思う。私の十代と重なるのだが、自分が子供から大人になっていった十年間で、日本の文化も成熟したように感じる。高度成長が終わって、どうしていいか手探りだった一九八〇年からバブルのピーク一九九〇年まで、日本人は実態のない何かに踊らされて、徒花のような文化を生み出していた。その入口である一九八〇年の、何だかうわついた雰囲気が巧みに描かれている。私より五歳上くらいのバブル世代の人が読めば、もっとリアルな懐かしさを感じるのではないだろうか。
 過去の世界に迷い込んだ人間が、うだつの上がらない若き日の父親に影響を与えるという設定は、清水義範の初期の佳作「また逢う日まで」(講談社文庫「グローイング・ダウン」所収)の、未亡人が若き日の夫にアドヴァイスを与える設定とよく似ている。時空がねじれているが故に出来ること出来ないこと、言えること言えないことがあるのがタイムトラベル小説の面白さである。かなり長編の小説だが、いつも通り物語の展開が早く、全く飽きることなく一気に読んでしまった。特に翔悟が帰る日の朝、二日酔いの大輔があっさりと出勤していく場面は、淡々としている故に印象に残る。男同士の別れなんて、実際にはこんなものだろう。
 十数年ぶりになるが「また逢う日まで」を読み直してみたい気分になった。

|

2008年8月 1日 (金)

日本寺

 北海道在住の同級生へちが娘を連れて帰省中なので、同じ同級生のあちと一緒に遊びに行くことにした。この企画、毎年私が行き先を決めるので、二年前から「初島」「浅草&水上バス」と船に乗る企画が続いている。そして今回は東京湾フェリーに乗って、房総の鋸山に行ってみた。

 横須賀線に乗っていると大船までに全員揃うという、ルーズなようだが全員遅刻厳禁という方法で集合。久里浜ではバスもフェリーも好接続で、お昼には金谷に上陸。最近出来た回転寿司屋で昼食をとるが、やはり私はここでビールとウーロンハイを飲み、既に一杯機嫌。いい気分になってロープウェイに乗る。ロープウェイ及び鋸山山頂からの展望は期待以上で、浦賀水道を一望。空気が澄んでいれば富津岬や三浦半島、大島もきれいに見えるだろう。
 そして、房総屈指の脱力系観光地として知られる日本寺へ向かう。十州一覧台は省略して百尺観音へ。古代遺跡のような石切場に聳える百尺観音は、写真で見たより迫力がある。そして、写真を見ただけでも胸がときめく地獄覗きへ。採石職人たちが面白がって作ったのであろう展望台で眺望は素晴らしいが、残念ながらその場に立つとオーバーハングした岩の上に居る実感がない。真下をのぞき込み難いので、周りから見る方が迫力があるかも知れない。
 次に延々と石段を下って大仏へ。百尺観音は磨崖仏らしく平面的だったが、この大仏は巨大な上に、鋳造大仏同様の造形である。建造方法について解説はなかったので、岩を削って作ったのか、コンクリートなどで造形しているのかは判らない。しかし、知名度のわりには巨大で見応え十分だった。
 既に大仏までの石段下りで膝が笑っている中年三人組はここで大休止をとる。千五百羅漢を見たいのだが、今降りてきた石段を登ることに怖じ気づき、日本寺仮本堂などを経由するルートを進むが、やはり登りはきつい。結構平気で登っているへちの娘コナ(七歳)の若さに嫉妬しつつ、ぜいぜい言いながら石段を登る。
 千五百羅漢を全て見るのは断念し、奥の院無漏窟から引き返して、ロープウェイ乗り場まで何とか生還。生きて帰れたお祝いに、女三人はかき氷、私は缶ビールで祝杯を挙げる。
 事前に相当歩くという覚悟をして行ったからいいが、不用意にロープウェイに乗って、大仏でも見てみようかなんて思うと大変な所だ。ロープウェイか有料道路で登って百尺観音と地獄覗き、一旦下山して無料道路で登って大仏を見物するのが良さそうだ。
 今回はGPSを付けて歩き回ったのだが、深い谷の部分が多いので、GPSも測位に苦戦したらしく、軌跡が随分ぶれていて面白かった。

Nihonji (GPSの軌跡)

 なお、千五百羅漢の多くが頭部が欠けており、頭部のあるものも殆どが後から補修して付け足した頭である。明治維新時の廃仏毀釈で徹底的に破壊されたようだ。私はそれが神官なのか、僧なのか、民衆なのかは知らないが、千五百ある羅漢を次々にヒステリックに破壊した人(達?)の事を思うと、ちょっと恐ろしいような、気の毒なような気持ちになった。

|

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »