« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月25日 (木)

コバケン/チェコ・フィルの「新世界」

ドヴォルジャーク/交響曲第九番ホ短調「新世界より」

チェコ・フィルハーモニー管絃楽団
指揮/小林研一郎

二〇〇八年二月三~六日ドヴォルジャークホール(プラハ)
エクストン/OVCL〇〇三三七

 小林研一郎のCDは殆ど持っているのだが、このCDはレコード屋のレジに持っていくとき、かなり気が重かった。オクタヴィア・レコードの価格設定がSACDハイブリッド盤三〇〇〇円、通常CD二八〇〇円から、ゴールドCD三〇〇〇円、ダイレクトカットSACD二万円という、訳のわからない方向に行っているのが一因だ。ハイブリッドSACDがコスト倒れならば仕方がない。普通のCDに戻せばいいと思う。新譜CD三〇〇〇円は安くはないが、LPレコードが二八〇〇円だったことを思えば、高い値段ではないと思う。なのに一昔前に廃れたゴールドCDを、今更凄いもののように喧伝し消費者を煙に巻こうという姿勢が見え隠れする。ダイレクトカットSACDというのがどれほど素晴らしい音なのかは知らないが、二万円という価格設定はプラセボ効果を狙っているとしか考えられない。オクタヴィア・レコードの「どうせ客には良し悪しなんて判りゃしない」と思っている、インチキ商人的体質が感じられてとても不快になるのである。

 コバケンがキャニオン・クラシックスからCDを出し始めた頃、是非スメタナの「モルダウ」を出して欲しいと願っていた。それほど「コバケンのモルダウ」の実演は素晴らしかったのだ。そしてその願いは数年後、チェコ・フィルとの「我が祖国」全曲盤という形で実現する。大いに期待して聴いたが、期待外れでガッカリした。コバケンらしさがすっかり薄れ、「チェコ・フィルのモルダウ」になっていたからだ。更に悪いことに、以降コバケンが「モルダウ」を振ると、日本フィルでも「チェコ・フィルのモルダウ」になってしまい、かつての輝きはすっかり失われてしまった。
 今回の新世界でも悪い予感は的中。今までのコバケンらしさが薄れ、中庸で取り柄のない新世界だ。コバケンの音楽作りは一言で言って「メリハリ」だと思う。速いところは速く、遅いところは遅く、アクセントは鋭く、レガートは甘く、ルバートは大見得を切る。それらを徹底することで「炎のコバケン」と呼ばれる曲作りをしてきた。時にはスコアを無視して突っ走る。「ラコッツィ行進曲」の終結音に絃を重ねたり、マーラーの三番の最後のティンパニの刻みに大太鼓を重ねたりと、管絃楽法の常道を無視して、評論家からは「ハッタリ」と言われても、実演に接する聴衆は結構支持していた。
 しかし、近年では日本フィルには要求することを、チェコ・フィルでは要求しないケースが多い(マーラーの大太鼓など)。伝統ある世界的なオケに対して、腰が引けてしまい、自分の思うように徹底できないのだろうか。だったらチェコ・フィルなんか振るなと言いたい。チェコ・フィルとの関係は、コバケンのキャリアにはプラスだが、音楽的にはマイナスだと思う。
 元々レパートリーの狭い指揮者なので、日本フィルやハンガリー国立響などで発売済みの曲をチェコ・フィルと再録音するケースが増えている。いや、チェコ・フィルに限らず再録音盤は、殆どの場合コバケンらしさが後退していると感じる。指揮者として天才的な閃きとか、軽妙洒脱という芸風でもないので、コバケン流を徹底できなくなったら価値がない。だからコバケンは枯れてはいけないのだ。シェルヘンやバーンスタインのように手の付けられないワガママジジイになってもらいたい。そのためにも、インチキ商人的レコード会社に唆されて、変な海外オケや柄でもないブルックナーを振るのではなく、国内のオケにあちこち客演しつつ、出来たらマーラーの四番、六番、十番、大地の歌を取り上げてくれないだろうか。

 かなりきつい書き方になったが、私はコバケンの音楽が好きなので文句の一つも言わせて欲しいのであり、今後ともファンであることに変わりはない。今後とも演奏会に足を運び、CDを買うつもりだから、ちょっと不出来なCDをきっかけに苦情を言ってみたのである。

|

2008年9月14日 (日)

宮脇俊三と鉄道紀行展

世田谷文学館企画展 二〇〇八年七月十二日~九月十五日

 宮脇俊三さんが亡くなって、早いもので五年経つ。私が二〇〇二年に旧国鉄線完乗を達成したのも、宮脇さんの本を読んだことから始まった。今現在でも世間一般では「鉄道ファン=尋常でない集団」という認識をされていると思う。私は元々鉄の素質は持っていたのだが、鉄道マニアの傍若無人な行動が嫌いで、鉄道ファンにならずにいた気がする。ところが、遅まきながら宮脇さんの文章を読んで、こんな楽しみ方もあったのかと目から鱗が落ちる思いをし、以来「乗り鉄」となった。時期的には一九九八年から二〇〇二年までの五年間が、私が本気で乗り鉄をしていた時期であった。

 世田谷文学館には初めて行ったが、会期末の日曜日で盛況だった。読者にとってはお馴染みの「二万キロ白地図」や、「最長片道切符」の実物を見られることが目玉であり、実際に目の当たりにすると言葉に出来ない感慨が込み上げる。同じ思いのファンも多かった事だろう。
 それにしても、作家をテーマにした企画展というのは、初刊本、自筆原稿、書簡類という大して面白くもないものを陳列する内容となる。私のような宮脇さんが好きで好きでたまらない人間にとっては、どれも感慨深い資料だが、興味のない人にとってはガラクタの陳列としか思えないだろう。どれほど入場者があったのかは判らないが、このような地味な企画展を企画してくれた世田谷文学館に感謝したい。

 宮脇さんの娘の宮脇灯子さんが、父親の足跡を追った著作を立て続けに出している。宮脇ファンとしては嬉しいのだが、あまりその路線で稼いじゃうと、一生「宮脇俊三の娘」という肩書きが取れなくなっちゃうよと、他人事ながら心配している。

|

海老取川でハゼ釣り

 九月十二日金曜日、羽田の海老取川にハゼ釣りに行く。

 海から遠いところに住んでいるので、釣り歴は長いがハゼ釣りは初めてだ。事前にGoogle Mapのストリートビューで、釣り場の近くにコインパークがあることを調べ、クルマで釣り場へ向かう。
 どんな仕掛けで釣ったらいいのか全く判らないが、本やネットの情報と自分の釣技を勘案して、五、四メートルの渓流竿にシモリ浮子を四個。中通しオモリの〇、五号を遊動式にして、ハリス止め。ハリはハゼ用赤流線の六号。餌は青イソメである。九時台が干潮だったので、潮が上げていく中での釣りとなった。
 十一時過ぎから十五時半まであちこち探り釣りをして、釣果はハゼ二十四匹と、小さなスズキが一匹。風が強くてアタリが取りづらく、仕掛け捌きも苦労した。このような天候の場合は、リール竿に天秤仕掛けの脈釣りの方が有利だったかも知れない。でも、晩酌の肴には十分な釣果があり満足。
 家に帰ってはらわたを抜き、唐揚げにしてビールのつまみに。自分で釣った魚を肴に酒を飲むなんて、これ以上の仕合わせがあるだろうか。ちょっと味を占めたので、また仕掛けに工夫をして、ビールの友を確保しに行こうと思う。

|

惨敗の夏

 大東島に渡ろうと沖縄まで行ったら、台風発生で大東島行きの貨客船は欠航。一日那覇観光をしながら、次善の策を練った。台風が来ている以上長居は無用。翌日、泊港から久米島行きのフェリーに乗船する。泊港からは色々な離島に船が出ているが、船の姿を見てこれしかないと即決する。船体の左右に大きな煙突があり、その煙突同士を太いパイプが結んでいる。一目で横揺れ減衰装置、「アンチローリングタンク」であることが判る。アンチローリングタンクが付いていると云うことは、船腹から横揺れ防止の翼を海中に出す「フィンスタビライザー」を装備しない旧型船、つまり大揺れが予想出来るのである。

 八時半に泊港を出る。三十人位の学生の団体が同乗し、大変うるさい。船尾の甲板でトランプをしながら奇声を発している猿山のような男集団。ボロ船に乗って貧乏リゾート地へ向かうのに、浜崎あゆみメイクにハイヒールの状況判断ゼロの女集団。所用があって乗船しているオッサンたちは、ベンチに寝転がって諦め顔だ。それでも馬鹿学生どもは島に泊まって幾らか金を落とす。私と云えば、十二時半着、十四時発の折り返し組で、最も不要不急の客である。
 久米島に着いて、港から近い「喜八」で生ビールと久米島そばの昼食。一時間ちょっとの滞在で折り返しの船に乗る。台風はまだ遠く、うねりも届かない海上は静かだ。東京から那覇まで三泊の航海は、ずっと鏡のようなベタ凪で、甚だ面白くなかったが、今日も海は穏やかで、期待したほど船は揺れない。離島行きの船は、ゲロゲロになるほど揺れて欲しい。台風が接近するまで待てば、大揺れの船に乗れるかも知れないが、そうなると今度は帰れない虞がある。船を楽しむのはなかなか難しい。

 宿に戻って翌日の飛行機を予約する。日航や全日空だと、正規運賃で四万円以上かかるので、10時20分発のスカイマーク五一二便を予約する。モバイルパソコンとクレジットカードで予約出来るのは便利だ。
 翌日は搭乗時刻の二時間も前に空港へ行き、窓際の席を確保する。空港ビルで離発着を眺めたり、土産物屋を冷やかしたりする。到着便遅れで十分の延発となった五一二便は、周りの大手航空会社のジャンボ機より随分小さいボーイング七三七。飛行機に乗ること自体は四年ぶり、一人で飛行機に乗るのは約十年ぶりだ。待機場でエンジン音が上がり、滑走路に出て離陸するまで、窓の外を見ながら、恐くて涙がポロポロ出てきた。隣の席の親子連れには「訳ありで沖縄を追われた人」と思われたかも知れない。

 さすがに夏の旅に慣れていて、台風を回避するナイスな判断だったと思いきや、鈍足台風は何時までも石垣島の先あたりで停滞していて、ちっとも近づいて来ない。夏休みの前半だけで切り上げてしまい、後半を全く無駄にする事になってしまった。これほど、達成感のない夏休みも珍しかった。
 大東島は何時か再挑戦するつもりだ。そして、この前後で船ヲタの世界では大事件が勃発している。実り少なかった夏休みの埋め合わせに、再び船ヲタ的行動を起こそうと画策している。

|

2008年9月10日 (水)

またも台風

 那覇に来ている。東京港有明埠頭からフェリーで三泊。朝五時に那覇に着いて午後五時の船で大東島へ向かう予定だった。大東島でクレーンに吊られて上陸するのを楽しみにしていた。しかし、台風が発生して、大東島行きの船は十二日に延期。那覇から往復で四日かかるので、日程的にはギリギリ間に合うのだが、ただでさえ上司同僚からの大顰蹙を一身に浴びて取得した夏休みを、これ以上延長することは気が引けるので、大東島行きは断念。那覇のホテルで明日以降どうするかを検討中。
 ずっと仕事の都合で、八月下旬か九月に夏休みを取ることが多かったので、夏休みに旅行する度に台風には悩まされてきた。それでも鉄道主体の旅の場合は直撃されない限りはそれほど影響がないが、ここ数年の船旅では、もろに影響を受ける。去年の小笠原行きも、今年の大東島行きも、結局台風のため断念。天候のことなのでどうしようもないが、自分の雨男ぶりを呪うばかりだ。
 さて、残りの休暇の日数と、那覇という場所。宿は離島航路の拠点である泊港前である。大嫌いな飛行機に乗らないために、早いところ那覇を後にするか、離島航路を楽しんでから飛行機で帰るか。台風の進路次第で判断の吉凶が分かれるような気がする。取り敢えず宿は二泊おさえたので、明日はどこか離島に日帰りで行ってくるつもりだ。そして明後日以降どうするかは、台風の進路と相談しながら考えようと思う。

|

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »