« またも台風 | トップページ | 海老取川でハゼ釣り »

2008年9月14日 (日)

惨敗の夏

 大東島に渡ろうと沖縄まで行ったら、台風発生で大東島行きの貨客船は欠航。一日那覇観光をしながら、次善の策を練った。台風が来ている以上長居は無用。翌日、泊港から久米島行きのフェリーに乗船する。泊港からは色々な離島に船が出ているが、船の姿を見てこれしかないと即決する。船体の左右に大きな煙突があり、その煙突同士を太いパイプが結んでいる。一目で横揺れ減衰装置、「アンチローリングタンク」であることが判る。アンチローリングタンクが付いていると云うことは、船腹から横揺れ防止の翼を海中に出す「フィンスタビライザー」を装備しない旧型船、つまり大揺れが予想出来るのである。

 八時半に泊港を出る。三十人位の学生の団体が同乗し、大変うるさい。船尾の甲板でトランプをしながら奇声を発している猿山のような男集団。ボロ船に乗って貧乏リゾート地へ向かうのに、浜崎あゆみメイクにハイヒールの状況判断ゼロの女集団。所用があって乗船しているオッサンたちは、ベンチに寝転がって諦め顔だ。それでも馬鹿学生どもは島に泊まって幾らか金を落とす。私と云えば、十二時半着、十四時発の折り返し組で、最も不要不急の客である。
 久米島に着いて、港から近い「喜八」で生ビールと久米島そばの昼食。一時間ちょっとの滞在で折り返しの船に乗る。台風はまだ遠く、うねりも届かない海上は静かだ。東京から那覇まで三泊の航海は、ずっと鏡のようなベタ凪で、甚だ面白くなかったが、今日も海は穏やかで、期待したほど船は揺れない。離島行きの船は、ゲロゲロになるほど揺れて欲しい。台風が接近するまで待てば、大揺れの船に乗れるかも知れないが、そうなると今度は帰れない虞がある。船を楽しむのはなかなか難しい。

 宿に戻って翌日の飛行機を予約する。日航や全日空だと、正規運賃で四万円以上かかるので、10時20分発のスカイマーク五一二便を予約する。モバイルパソコンとクレジットカードで予約出来るのは便利だ。
 翌日は搭乗時刻の二時間も前に空港へ行き、窓際の席を確保する。空港ビルで離発着を眺めたり、土産物屋を冷やかしたりする。到着便遅れで十分の延発となった五一二便は、周りの大手航空会社のジャンボ機より随分小さいボーイング七三七。飛行機に乗ること自体は四年ぶり、一人で飛行機に乗るのは約十年ぶりだ。待機場でエンジン音が上がり、滑走路に出て離陸するまで、窓の外を見ながら、恐くて涙がポロポロ出てきた。隣の席の親子連れには「訳ありで沖縄を追われた人」と思われたかも知れない。

 さすがに夏の旅に慣れていて、台風を回避するナイスな判断だったと思いきや、鈍足台風は何時までも石垣島の先あたりで停滞していて、ちっとも近づいて来ない。夏休みの前半だけで切り上げてしまい、後半を全く無駄にする事になってしまった。これほど、達成感のない夏休みも珍しかった。
 大東島は何時か再挑戦するつもりだ。そして、この前後で船ヲタの世界では大事件が勃発している。実り少なかった夏休みの埋め合わせに、再び船ヲタ的行動を起こそうと画策している。

|

« またも台風 | トップページ | 海老取川でハゼ釣り »