« 鯉を釣る | トップページ | 惨敗の夏 »

2008年9月10日 (水)

またも台風

 那覇に来ている。東京港有明埠頭からフェリーで三泊。朝五時に那覇に着いて午後五時の船で大東島へ向かう予定だった。大東島でクレーンに吊られて上陸するのを楽しみにしていた。しかし、台風が発生して、大東島行きの船は十二日に延期。那覇から往復で四日かかるので、日程的にはギリギリ間に合うのだが、ただでさえ上司同僚からの大顰蹙を一身に浴びて取得した夏休みを、これ以上延長することは気が引けるので、大東島行きは断念。那覇のホテルで明日以降どうするかを検討中。
 ずっと仕事の都合で、八月下旬か九月に夏休みを取ることが多かったので、夏休みに旅行する度に台風には悩まされてきた。それでも鉄道主体の旅の場合は直撃されない限りはそれほど影響がないが、ここ数年の船旅では、もろに影響を受ける。去年の小笠原行きも、今年の大東島行きも、結局台風のため断念。天候のことなのでどうしようもないが、自分の雨男ぶりを呪うばかりだ。
 さて、残りの休暇の日数と、那覇という場所。宿は離島航路の拠点である泊港前である。大嫌いな飛行機に乗らないために、早いところ那覇を後にするか、離島航路を楽しんでから飛行機で帰るか。台風の進路次第で判断の吉凶が分かれるような気がする。取り敢えず宿は二泊おさえたので、明日はどこか離島に日帰りで行ってくるつもりだ。そして明後日以降どうするかは、台風の進路と相談しながら考えようと思う。

|

« 鯉を釣る | トップページ | 惨敗の夏 »