« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月30日 (日)

宮下誠「カラヤンがクラシックを殺した」(光文社新書二〇〇八)

 今年(二〇〇八年)はカラヤン生誕百年。来年(二〇〇九年)は没後二十年ということで、カラヤンに関する本やCDが続々と発売されている。
 たまたま本屋の店先で見かけ、タイトルの過激さだけに釣られて買ってしまったが、最初の数ページ読んだだけで激しく後悔した。
 厚めの新書で、全二八六ページ。内容を要約すると以下の通り。

「哲学や美術の教養豊かなオレちゃんは、高尚で「世界苦(ヴェルトシュメルツ)」の表現者であるクレンペラーやケーゲルが大好き。低俗なカラヤンと、それを支持する愚かな大衆は大嫌い。」

 これだけである。たったこれだけの事を、延々と繰り返し、比喩に哲学用語を羅列するばかり。二度と読み返す気はないが、「世界苦(ヴェルトシュメルツ)」(カギ括弧で括り、括弧で読み?を付けるのは本文の表現のまま)という言葉が何度繰り返されるのだろう。
 私が音楽に興味を持った頃、図書館にある古い音楽評論の本を読むと、この手の文章に当たる事が多かった。音楽が高級な教養であった時代、音楽評論は教養豊かな評論家が難解な文章で書くのが主流だった。哲学、文学や美術の知識をちりばめて、簡単な事を出来るだけ解り難く書く。それを理解できるのが教養人であり、高尚なクラシック音楽を楽しむオレちゃんは一般大衆とは人種が違うんだ。という選民意識をくすぐって、高価なレコードを買わせるという役割があったのだと思う。
 しかし、宇野功芳以降の音楽評論家は、その演奏の良さ悪さを具体的に指摘し、批評する事が主流になってきた。LP時代には小節数だったのが、CDになってから「トラック○の何分何十秒から」という、具体的な箇所がより解りやすくなった。具体的に指摘すれば、納得出来る場合と出来ない場合が生じ、その評論家と自分との相性も判る。場合によっては「宇野功芳の褒めるCDなんか買わない」という選択も出来るのである。

 本書には具体的にカラヤンのここがダメで、クレンペラーとケーゲルのここがすごいというような事は書いていない。筆者はカラヤンの日本最終公演を、チケットを手に入れながら、前半のモーツァルトはラジオの生中継で、後半のブラームスは最終楽章だけをホールのロビーで(モニタースピーカーの音?)聴いて、初めてカラヤンの音楽に惹かれたと書いている。単にチケットがあるのに臍を曲げて行かないでいたのに、ラジオで聴いたら凄そうで思わず駆けつけたという、シチュエーションが凄かった気にさせているのだろう。最初から普通に客席で聴いていたら、さほどではなかったのではないか。単なる個人的な思い出話である。

 私は実演を聴いて以降のアンチ・カラヤンである。しかし、カラヤンの演奏には首を傾げる事が多いが、彼が音楽界に残した功績が大きい事は否定しない。カラヤンが金と権力を欲望のままに追い求めた事が、結果として音楽の大衆化に大きく貢献した。どうせカラヤンを批判するなら、もっと色々データや証言を集めたスキャンダラスな内容の方が面白いと思う。

 こんな五十年も時代遅れな本を書くのは勝手だが、自費出版で出すべき内容だ。内容に合わない過激なタイトルを付けて、大衆向けの新書として出版する光文社の見識を疑う。自慰行為はこっそりやるものであり、往来でやったら犯罪だ。はっきり言って読むのは時間と金と資源の無駄である。

|

2008年11月22日 (土)

「帝国オーケストラ」(EIKON Media 二〇〇七)

原題「The “Reichsorchester” The Berlin Philharmonic and the Third Reich」
ユーロスペース2(渋谷)レイトショー

 ベルリン・フィルハーモニー管絃楽団(以下BPO)創立一二五周年記念作品。ナチス政権下でのBPOをユダヤ人楽員やナチス党員楽員の事を中心に、証言で綴るドキュメンタリー映画。戦時中のBPOのことには以前から興味があったので、残業後に鑑賞。
 結論から書く。期待外れ。しかし、それは制作者の姿勢や技術が問題なのではない。言い換えれば、時機を逸した。
 このテーマでドキュメント映画を作るなら、ナチス台頭以前のヴァイマール時代の事も前提として欲しいところだ。しかし、一九三三年以前から団員だった人の証言は一人だけ(この人がメインなのだが)。終戦までに団員だった人が一人。後は息子や娘の二次証言ばかりだ。一九八二年の創立百周年の時ならば、もっと生々しい証言を得られただろう。そうなれば、同じ事件に対して複数の証言が得られ、ドキュメントとしてより深みが出たと思う。カラヤンが存命中にナチスとの関わりを調べるのはタブーだったかも知れないが、この映画でカラヤンのことは、一九五五年のアメリカ楽旅でしか名前が出ないので、問題なかったと思う。
 それ以外では、フルトヴェングラー亡命から復帰までの三年間を、もう少し詳しく取り上げて欲しかった。一九四四年の演奏旅行の話など、それだけで一本の映画が出来るような事だし、ヘーガー、ボルヒャルト、チェリビダッゲの事なども面白いと思う(ヘーガー以外は「帝国オーケストラ」ではないが)。

 当時の映像も既出のものばかりで、細切れにしか映されない。フルトヴェングラーが一番多く映るが、個人的には初めて見るブルーノ・キッテルの指揮姿が印象に残った。

 色々なことを知りすぎたのだろうか。古楽員の証言に感慨を持つが、「特権階級だったんでしょ」という気もする。観終わって淡々と帰路につきながら、中学生の時に銀座のヤマハホールで「フルトヴェングラーその生涯の秘密」を観た時は、一緒に行った村上君と、今すぐ感想を語り合いたい気持ちになったことを思い出した。

|

2008年11月17日 (月)

納豆作り

 東急ハンズのキッチン用品コーナーを冷やかしていると、「納豆素」なるものを発見、迷わず衝動買いして七八七円なり。

 子供の頃NHKテレビの科学バラエティ番組「ウルトラアイ」で、家庭でも出来る納豆の作り方を見たことがあった。水で戻した乾燥大豆を煮て、熱湯消毒した藁を入れて一晩保温するというものだ。子供心に「納豆菌は熱湯消毒しても死なないんだ」と思った。
 実は数年前に、このときの記憶を頼りに納豆作りを試みたことがある。藁筒入りの納豆の藁を再利用したのだが、曖昧な記憶に頼ったため二つの誤りを犯した。一つは保温時にタッパーで密封したこと。もう一つは抱えて寝て保温しようと思ったのだが、寝相が悪くて夜中に布団から蹴り出したこと。結局、少し糸を引く煮豆が出来上がった。

 今回は納豆菌を買ってからネットで色々調べたので、一応一通りの工程がイメージ出来ている。
 金曜の晩、乾燥大豆を水に浸しておく。翌土曜日、戻した大豆を蒸し器で蒸す。圧力鍋で蒸すと時間が短縮できるらしいのだが、圧力鍋はないので普通に五時間ほど。蒸し上がったら熱湯で溶いた納豆菌を振りかけて、よく攪拌する。平たい容器にキッチンペーパーを敷いた上に大豆を広げ、穴を開けたラップをかける。座布団サイズの電気カーペットに乗せて、バスタオルや半纏を掛けて丸一日保温する。
 温度管理が電気カーペット任せで杜撰だったものの、日曜日の夕方には納豆が完成した。納豆用の小粒大豆ではなく普通の大豆を使ったので、一粒一粒は甘納豆くらいの大きさだ。粒が大きいのでグリグリ掻き回して粘りを出そうとすると豆自体が割れてしまう。醤油を少しかけてから掻き回すと滑りが良くなって粘りも適度なようだ。
 味はどうかというと、大粒なのと発酵が甘い(芯まで発酵しきっていない?)せいか、豆の味がより残っている感じ。酒の肴に一粒づつ食べるのに向いているようだ。冷蔵庫で寝かすと、より納豆らしくなるかも知れない。
 今度は保温時間を変えてみたり、豆の種類を変えてみたりして、出来に差が出るか試してみたい。
 なお、安く納豆を食べたいならスーパーで、美味しい納豆を食べたいなら専門店で買うべきだ。私は勿論作る作業が面白くてやっているのである。

|

2008年11月 9日 (日)

藤沢の千人

マーラー/交響曲第八番変ホ長調

中沢桂、酒井美津子、曽我栄子(ソプラノ)、木村宏子、長野羊奈子(アルト)
板橋勝(テノール)、平野忠彦(バリトン)、岡村喬生(バス)
合唱/湘南合唱連盟(合唱指揮/福永陽一郎)
管絃楽/東京都交響楽団
指揮/山田一雄

一九七九年二月十二日藤沢市民会館
藤沢市民会館開館十周年記念事業「山田一雄の世界」第四夜

ソニー/SICC九五七~八

 中学生の時持っていた「クラシックレコード総目録」には、山田一雄指揮のマーラーの交響曲が二種、「京響の復活」と「藤沢の千人」(私の勝手な命名)が掲載されていた。地元の新星堂には置いていないので取り寄せを頼んだが、二種とも廃盤になっていた。
 以来二十五年、東京文化会館の音楽資料室で擦り切れたLPでしか聴けなかった音源が、昨年来続けてCD化された。これに勝る喜びはない。

 「京響の復活」は一九八一年の京響創立二十五周年記念演奏会の実況録音。当時の京響は今と比較にならないほど下手だが、常任指揮者(一九七二~七五)だった山田一雄にとっては手兵オケで、周年記念公演で練習も充分。綻びは散見されるが感動的な名演である。合唱のレヴェルも高い。

 一方「藤沢の千人」は藤沢市民会館の開館十周年記念事業。当時藤沢市文化担当参与を務めていた福永陽一郎らにより企画された「山田一雄の世界(*)」の実況録音。オケは都響だが、依頼公演で練習不足だし、合唱も寄せ集めだ。しかし、東京、大阪に続く日本で三番目の「千人」が藤沢で演奏されたのは快挙であり、記念碑的な録音と言えると思う。
 改めて聴き直してみる。全曲中で五箇所(**)、聴いていてハラハラするような大事故が起こる。このおかげでトンデモ盤との印象を否めないのは残念だ。しかし、何度も聞いているとその先にある、ヤマカズの千人の世界が見えてくる。山田一雄はこの曲の日本初演を行い、作曲家としてはプリングスハイムに師事したマーラー直系の孫弟子である。プリングスハイムが東京音楽学校でマーラーの交響曲を次々と日本初演した際、オケでハープを弾いており、マーラー直伝の解釈を直に見ている。全体的なテンポは中庸だが、表情が濃厚で、凝縮型の表現である。とにかく練習不足が感じられ、ヤマカズの思いが十分音になっていないもどかしさを感じる。
 山田一雄はこの録音の七年後にアマチュアの新交響楽団を指揮して三度目の「千人」を演奏している。オケはアマチュアだが十分に練習を重ねた分表現が練れており、オケの出来はそちらの方が高い。しかし、合唱は藤沢盤の方がうまく、録音も藤沢盤が格段に素晴らしい。晩年の手兵オケだった新星日本交響楽団が一九八九年に「千人」を取り上げているが、残念ながら指揮はオンドレイ・レナルトだった。この時ヤマカズが振っていれば、きっと最高の演奏が出来たのではないかと惜しまれる。
 ともかくも伝説の録音がCD化され、ヤマカズ再評価の気運が高まっていることが嬉しい。続いて新星日響や新響の音源が日の目を見てくれることを祈っている。

(*)「山田一雄の世界」全四夜(一九七八年五月~一九七九年二月) 「ブラームスの夕べ」「現代音楽の夕べ」「モーツァルトの夕べ」「千人の交響曲」

(**)第一部一六六小節~第一合唱が一拍早い、二六〇小節~トランペット落ちる、四三七小節~テノールソロ二拍遅れる、第二部二八九小節~バスソロ一小節出遅れて弦がつられ管楽器と一小節ずれたまま進む、一一八六小節~児童合唱が一小節早い

|

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »