« 2009年4月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年5月25日 (月)

頑張れ藤沢市

 神奈川県藤沢市が東海汽船のジェットフォイルをチャーターして、江ノ島~大島航路を復活させるらしい。このところ明るい話の無かった伊豆諸島航路では、久々の明るい話題である。

 江ノ島~大島航路と言えば、客船ファンにとってはまず「さくら丸」が思い浮かぶだろう。一九六四年の航路開設時に新造船で投入された客船である。三菱重工下関造船所で建造された一一三二総噸、全長六〇メートルの純客船で、小ぢんまりした船橋の下に広い遊歩甲板があり乗客が前方の展望を楽しめる、いかにも「遊覧船」という雰囲気の船だった。残念ながら航路自体が一九七四年に廃止されているので、私は江ノ島~大島航路に乗船したことはない。しかし、何かのイヴェントで晴海埠頭に来たときに乗った記憶がある(かなり曖昧)。その後「はまゆう丸」「かとれあ丸」「ふりいじあ丸」「さるびあ丸」と続く東海汽船の「走るレストラン路線」の嚆矢となり、昭和の離島ブームで活躍した懐かしい船だ。

 今回の航路復活では、さくら丸時代と同様に朝江ノ島発の日帰りダイヤで運行されるが、さくら丸時代に片道三時間近くかかっていた時間が、一時間に短縮される。これで九時発のゆったりした時間で、大島滞留時間が五時間以上確保出来る。観光客が島を巡っている間に、ジェットフォイルは東京まで往復してくることが出来て配船にも無駄がない。
 私の考えでは、伊東航路、稲取航路は復活の価値はないが、江ノ島航路には将来性があるような気がする。熱海航路がジリ貧なのを見ても判るように、「温泉に泊まって翌日は大島観光」というコースは時代遅れだと思う。寂れた観光地同士を繋いでも観光需要は喚起できない。ならば藤沢という人口が多くて大都市(横浜、川崎)に近い都市と島を結ぶ方がいい。
 そしてもう一つ考えがある。早朝の大島発江ノ島行きの便を設定するのだ。ジェットフォイルを大島に滞泊させるのは難しいとは思うが、岡田港を改造するか波浮港に避難させて(喫水のこととかは知りませんが)、大島発七時、江ノ島着八時、帰りは江ノ島発十六時半、大島着十七時半というダイヤにするのだ。これで島民が内地に所用がある場合に日帰りの便が良くなる。役場職員も都庁で10時からの会議に間に合うだろう。需要はあるはずだ。
 事情に詳しい方からは「それは東京客船の二の轍だ(*)」という批判をされるだろう。確かに東京客船が二〇〇二年に開設した久里浜~大島航路は、確か大島発六時が一便だったので、明らかに島民の東京日帰り需要を狙っていた。しかし、東京客船がコケたのは、用船の混乱と開業の延期、航路に不適合な船舶しか確保できなかったための、就航率の低さと地獄のような揺れが客離れを招いたと考えられる。就航以来七年が経ち、耐候性、乗り心地、速力ともに実績のあるジェットフォイルならば、東京客船の二の舞にはならないと思うのだが。

 藤沢市は今年度中に三回チャーター便を運航し、好調ならば東海汽船に航路を引き継ぐ意向だという。館山~大島~下田航路と同様の方向を狙っているようだ。私の考えでは館山や下田よりは需要があると思う。ただ、館山航路同様に、椿まつり期間だけの季節運行では定着しづらいと思う。せっかくだから通年運行にして欲しい所だが、そうなると繁忙期はジェットフォイル三隻では足らないだろう。
 株主総会を見ても、積極性ゼロの経営を続けている東海汽船だが、ここらでジェットフォイルをもう一隻購入して、久里浜、館山、江ノ島航路を通年運行にしてみたらどうだろう。乗り物は「毎日同じ時刻に運行している」ということが大切だと思う。

 今回の藤沢市の企画は本当に心から成功を祈りたい。幸いにも第一回の募集には参加者が殺到しているようだ。
 一回目(六月)は日程的に無理だけど、次回(十月)以降には参加してみたいと思っているのだが、パンフレットを見る限り片道乗船は出来なくて、往復乗船と観光が完全パッケージになっているようで、一人では参加しにくいのが難である。

 以上船ヲタの戯れ言でございました。

*東京客船の事はWikipediaに詳しく記述されています。

| | コメント (2)

2009年5月20日 (水)

仏岩に登る

 大門川に釣りに行ったついでに、久しぶりに仏岩に登ってみた。

 仏岩は長野県小県郡長和町にある。大門川とその支流の本沢に挟まれた尾根に連なる岩塊である。白樺湖から国道一五二号線を上田方面に向かうと、鷹山集落への道を左に分けた先辺りから、尾根に並ぶ三つの岩塊が見える。登ることが出来るのは三つの中で一番低い向かって左の岩だが、江戸時代後期ににこの岩の上に応長元(一三一一)年銘の宝篋印塔(ほうきょういんとう)が祀られているのが発見された。しかし今日まで、この宝篋印塔を誰が何の為に、苦労して足場の悪い尾根の岩の上に建立したのかは謎のままらしい。

 高校生の時初めて登って以来、今回で恐らく四回目(以上)だと思う。今までは普通に国道(大門街道)脇の登山口から登っていた。
 今回登ってみようと思ったのは、当初仏岩が目的ではなかった。国土地理院の地図を見ると、釣りの為にしばしば入り込む本沢林道の終点から美し松ハイランド別荘地に続く歩道が記されている。この道の実体を調べたかったのだが、以前別荘地側を探ってもそれらしき道が発見できなかった。そこで、今回は本沢林道の終点側から実踏してみようと思ったのである。
 歩道の入口には「←仏岩」と書かれた小さな立て札が立っているが、地図で見る限りは仏岩の方向には向かっていない。暫く登っていくと、別荘地まであと百数十メートルの処で踵を返し、尾根に辿り着いた地点は送電線の鉄塔の下であった。
 そこから尾根伝いに整備された道があり、別の鉄塔の下をくぐり、美し松別荘地中の一軒の庭先に通じている。家の裏へ行く私道のような雰囲気なので、発見できなかったのも無理はない。
 同じ道を戻り、今度は仏岩方面に進んでみる。気持ちのいい尾根道が暫く続き大きな岩が現れる。ここで道は大岩を左に巻いて高度を下げる道と、大岩の裂け目に急登する道に分かれる。急登を登り、岩の裂け目を超えると、蓼科山方面は一望できる。そこから岩を巻く踏跡があったが、途中で消滅して引き返す。先ほどの分岐点から高度を下げると国道からの登山道に合流。アルミ梯子、鎖場、鉄梯子を経て仏岩に到着。特に最後の鉄梯子は岩と岩の間が深い。狭い仏岩の上は高いところ好きな私でも、すっかり腰が引けるほどスリル満点な場所である。三六〇度の眺望を暫し楽しむ。
 帰り道はさっき途中で引き返したルートが気になる。アルミ梯子の所から分岐する踏み跡があるので、そちらを辿る。かなり危なっかしい道を進むが、方向としてはさっき引き返した道の方向だ。しかし。突き出した岩の上でルートが無くなってしまった。よく見ればその岩の下が、さっき引き返した地点。無理をして岩を這い降りて先ほどの岩の裂け目に到達したが、ちょっと滑ったら下は千尋の谷。余程岩場に慣れている人でないとお勧めできない。と言う自分は山登りに関しては全く素人の運動不足オヤジなわけだが。

 この岩を巻くルートはお勧めできないが、往きに通ったルートは危なくない。国道側の登山口からだと高度差が一八〇メートル位あるが、美し松別荘地からなら高度差三〇メートル位。一旦高度を下げた地点からでも六〇メートル位の登りだからずっと楽そうだ。今度仏岩に登るときはこちらからの方が良さそうである。

GPSの軌跡
Chikeizu2

| | コメント (2)

2009年5月13日 (水)

下手の横好き

 渓流釣りに再びハマって一年ほどになる。幸いにも学生時代に使っていた渓流竿などはそのまま残っていたので、さほどの出費もなく再び釣行が可能だ。しかし、始まれば新しい道具が欲しくなる。
 二月にウェーダーを買って、長野県の解禁日に臨む。大門川で解禁日、翌日と頑張ってみたが、人出の多さにどうにもならずドジョウのような小さなイワナ一匹しか釣れない。
 年度末前後は忙しくて釣りどころではなかったが、四月に八、五メートルの本流竿を購入。練習は奥多摩フィッシングセンター。長竿の取扱と特性に慣れるため、〇、四号のハリスで挑戦。奥多摩フィッシングセンターのニジマスは無闇にでかいので、殆ど針掛かりしても取り込めない。それでも最大三十六センチのニジマスをタモ無しで引きずり上げたのは大健闘。

 そして本番というべきゴールデンウィーク。
 四月二十五~二十七日は岐阜県の高原川へ。低温と雨に悩まされながら、初日は双六川出会いの下流で、きれいなヤマメ四匹。二日目はもう少し下流でゼロ。三日目は雪のため竿を出さず撤収。
 続いて五月三~五日は長野県の依田川へ。三日は大門川本沢の林道終点から釣り登るも当たりなし。四日は飛魚堰の下流から武石川出会いまでで、ヤマメ四匹。五日は同じ飛魚堰の下流から入渓して、堰下までをじっくり探ってイワナ二匹とブラウントラウト(!)一匹。
 最後は五月九~十一日に再び高原川。初日は大場所をじっくり、二日目は足で稼ぐポイントの拾い釣りを試みるもゼロ。三日目にやっと前回ヤマメ四匹を上げたポイントで、二十五センチを頭にヤマメ三匹。

 下手の横好きを自認するだけあって数はポツポツだが、本人的には十分に納得がいく釣果だと思っている。特筆すべきは五月四日のヤマメ。上手にメジャーを当てると丁度三十センチ。憧れの尺ヤマメである。私の腕では二度と尺にかするヤマメは釣れそうにないし、再度尺ヤマメを目標とするととんでもなく大変なことになりそうなので、自分としては「尺ヤマメを釣った」ということにしようと思う。

 次は六月に昨年と同じ三面川へ行こうと思っている。その他に、地元の多摩川でのコイ釣り、ナマズ釣り、奥多摩湖でのヤマベ釣り。また、船釣りでアジも釣りたい。そして何より今年はアユの友釣りに挑戦したいと思っている。鮎釣師である叔父が退職して暇になったようなので、教えてもらうべく頼んでいるところだ。これも、竿は渓流用の本流竿で流用するという初期投資の少ない方法で挑戦して、面白かったら段々ハマっていこうと目論んでいる。

090504

| | コメント (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年7月 »