« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月30日 (日)

鮎釣り、その二

 先々週初めての鮎釣りに行き、一匹も釣れずに退却という結果に終わった。師匠である叔父貴の「とにかく一匹釣り上げるまでは面倒見る」という有難い言質にぶら下がって、二週後の二十九日、再び釣行した。今度の行き先は山梨県の富士川。

 甲斐大島駅近くのポイントに入り、前回同様叔父貴と従兄弟と三人で釣り開始。相変わらず借り物の鮎竿と叔父貴作の仕掛け。ネット通販で購入した玉網(千四百円)が今回追加された私の装備である。
 六時過ぎから始めて十一時まで、流れの感じもオトリの活性も申し分ないように感じるのだが、反応がないものは釣りようがない。上流で叔父貴が三匹釣り上げるが、私と従兄弟には気配なし。前回と同じ雰囲気になり、更なるプレッシャーを感じながら早めの昼休みにする。

 正午過ぎから再び釣り開始。叔父貴の言うポイントで叔父貴の言うとおりの角度でオトリを泳がせる。オトリは養殖ではなく、午前中に叔父貴が釣った川育ちの活きのいいやつだ。午前中には気配もなかったオトリの不審な動きにドキドキしていると、目印が急に下流に流れ始める。鮎は初めてでも他の釣りはいろいろやっているので、オトリが騒いでいるのと掛け針に何かが掛かった違いはわかる。「来たな」と思うが、現場は流芯の向こう側。「下流側から岸に寄せる」のが正規の手順なので寄せようとするが、力加減がうまくいかず、オトリもろとも流芯の上を引っこ抜いて手前側に着水。途端に手応えが軽くなりオトリだけが残っている。上下で注目している叔父貴と従兄弟に「バラしちゃったよ」と告げて、オトリの逆針を付け直そうと引き寄せると、すぐ目の前に来たところでその下に別の鮎がくっついていることを発見。
 空中を吹っ飛んで手前側に着水した時、掛かった鮎が上流側に走ったため、バレたと勘違いした模様。慌てて引き寄せて、子供がオタマジャクシをすくうような格好で玉網に格納。全長二十三センチの、初物としては上出来すぎる鮎を釣り上げた。

 写真を撮ってから初物をオトリにする。型も良く元気なので、果敢に瀬に泳ぎ込む。程なく再び手応えがあり、二匹目が掛かる。今度は少し冷静になっているので引き寄せて取り込もうとする。ところが風が出てきて、通常イメージする右手で竿を高く立てて、左手に構えた玉網ですくう形になれない。右手の手首から先だけでは風に煽られて竿を立てていられないので、竿を担いで上体を反らしながら苦労の末何とか取り込む。今度は少し小さくて二十センチ弱。

 この後風が強くなり、三時過ぎには竿を畳んだが、ついに念願の友釣り第一号を釣り上げる事が出来た。
 四十近い歳になって、初めての釣りで手が震えるような興奮を味わうことが出来て、本当に楽しかった。まだたった二匹しか釣っていないけど、すっかり鮎釣りが面白くなってしまったので、今シーズン中に何度か練習に行って、落ち着いて取り込みが出来る位まで技術を磨きたいと思う。そして来年再び叔父貴にご同行願って、上達ぶりを披露して驚かせるのが恩返しだと思っている。

 仕事でもこれくらいの向上心があったら、今頃とっくに主任とか係長になっているんだろうなあ。

| | コメント (2)

2009年8月20日 (木)

鮎を釣る

 土曜日に相模川へ鮎釣りに行ってきた。今まで川釣りは色々やってきたのだが、鮎の友釣りは初めてである。興味がなかったわけではないが、今まで手が出せなかったのには理由がある。とにかく入口の敷居が高いのだ。
 やったことのある人ならばお解りだろう。アユの友釣りには専用の道具が多く、みな高価なのである。他の釣りと共用できないのは、竿、玉網、オトリ入れ(オトリ缶、鮎舟)などである。友釣り用の竿は初心者用でも五六万が最低。安めのもので十万。いいものだと軽自動車一台分くらい。玉網は金属枠で五六千円、木枠のいいものだと数万円。オトリ缶(といっても今はプラスチック製だが)がエアポンプ付きで二万、鮎舟は安くて五六千円。その他に他の釣りと共用出来る帽子、ベスト、ベルト、ウェットスーツ、フェルト足袋などが必要だ。これから初めて面白いか面白くないか判らない釣りに、いきなりこれだけの投資はなかなか出来ない。
 今回始めたのは、この初期投資をしないで出来たからである。つまり、竿と玉網を貸りて、オトリ缶、鮎舟、ウェットスーツを、お下がりで貰えたのである。母方の叔父(渓流釣りに一緒に行く伯父の弟)に鮎釣りに興味があると話したところ、叔父も丁度退屈していたらしく、話がトントン進んで初釣行となったのだ。何と叔父貴は仕掛けまで用意してくれた上に、事前に従兄弟(息子)と一緒に下見までして段取りをしてくれたのである。有難い話だ。

 当日は冷夏とはいえ旧盆の最中。暑いし人は多いしで大変だった。朝六時過ぎに始めて午後三時過ぎまで。休憩含めて七時間近く頑張ったが、残念ながら私はボウズ。叔父貴と従兄弟は午前中に一匹づつ。釣果としては惨憺たる結果だった。しかし、あれだけ釣り師が出ていたのに、釣れているのは一人だけで、殆どの人が釣れている様子がなかった。周りがバンバン釣れているのに自分だけ釣れなかったら腐るところだが、今回は釣れなかった分、落ち着いてオトリ捌きの難しさを実感出来て良かった。
 今までやってきた釣りは、エサを正確にポイントに打ち込む事が重要だったが、友釣りは如何にオトリを思い通りに泳がす(送り込む)かが重要だ。まだ全く思い通りにならないが、その難しさが面白くなってきた。そして、野鮎が掛かったら一番難しい取り込みが待っている。やはり釣りは難しさ=面白さである。
 叔父貴も「一匹釣り上げるまでは面倒見る」と言ってくれているので、今度は自分で仕掛けも作って再挑戦し、何とか一匹目の野鮎を釣り上げたいものだ。鮎釣りが面白くなったら道具を揃えて、春は渓流夏は鮎という年間計画で釣りを楽しもうと思っている。

| | コメント (0)

2009年8月13日 (木)

ヤマカズのベートーヴェン

 一昨年の今日、八月十三日に山田一雄指揮京都市交響楽団の「復活」がCD化されることについて書いた。丁度ヤマカズさんの十七回忌に因んでだったのだが、以降二年間で思いもよらない事になっている。タワーレコードを中心として廃盤となっていた音源の再発が相次いでいるのだ。

二〇〇七年九月 マーラー/交響曲第二番「復活」(タワーレコード/初CD化)
     同     モーツァルト/交響曲第四十一番「ジュピター」他(フォンテック/再発)
     同     チャイコフスキー/交響曲第五番(フォンテック/再発)
二〇〇八年五月 ベートーヴェン/交響曲第九番(タワーレコード/再発)
二〇〇八年七月 ムソルグスキー/「展覧会の絵」他(コロムビア/初出)
二〇〇八年十一月 マーラー/交響曲第八番「千人の交響曲」他(ソニー/初CD化)
二〇〇九年七月 ベートーヴェン/交響曲全集(タワーレコード/再発)

 二年前には「復活」だけでも望外の喜びで狂喜乱舞の状態だったが、まさかこのように後が続くとは予想しなかった。
 個人的には初出の「展覧会の絵」以外は全て聴いたことがある音源ではあったが、手頃な価格で再発してくれるということは、それだけ多くの人が聴くチャンスが増えるという事なので、大変有難いことである。

 七月に再発されたベートーヴェンの交響曲全集は、ヤマカズさんが最晩年に札幌交響楽団と行っていたベートーヴェン・チクルスの記録である。残念ながらヤマカズさんの逝去により最後の二回(交響曲第一番と「エグモント」全曲、ミサ・ソレムニス)は代演となったため、交響曲第一番のみ矢崎彦太郎の指揮で収録されている。ヤマカズさんの没後、札幌のファンダンゴというインディーズ・レーベルから発売されていたが、廃盤になって久しい。私は当時飛びついて購入し、全部揃えるとオマケでもらえたエグモント序曲のリハーサル風景の特典盤も所有している。今回の再発盤には初出時に余白に入っていたエグモント序曲が入っていない。
 まだ改めて聴き直してはいないが、今までの「復活」や「千人」に比べると、このベートーヴェンは若干条件が悪い。第一にヤマカズさんが最晩年であまり元気がない。私は確か亡くなる一年半くらい前からヤマカズさんを追っかけた(札幌までは行かなかったが)のだが、そのきっかけは実演に接して「最近元気がないな」と感じたからだった。このチクルスがもう十年早く(「復活」や「千人」と同じ頃に)行われていたら、オケはより下手だったかも知れないが、演奏自体はもっと活きが良かったかも知れない。第二にオケが下手なこと。九〇年前後の札響は在京オケより十年以上遅れている感じで、危険な箇所では大抵コケている。さらに、客演オケなので縦の線が揃わなすぎ(限度を超えている)る部分が散見される。スコアを見ながら落っこちたパートを探すには面白いかも知れない。そして第三に音が悪いこと。演奏会場は札幌コンサートホールが出来る前なので北海道厚生年金会館だが、ホールの音響条件が悪いのではない。それを言い出したら「復活」の京都会館も、「千人」の藤沢市民会館も音響的に優れたホールではない。しかし、「復活」「千人」は両方とも大御所相澤昭八郎が録音を担当した「レコード用の録音」であるのに対し、ベートーヴェンはあくまでも記録用の録音である。恐らくホールの定位置である高い位置からの三点吊りマイクだけで録っている感じで、定位も明瞭度も相当悪い。
 と、いろいろ条件は悪いのだが。それは再発してくれたことに対する喜びを百とするなら、不満は五~十くらいの比率で、とにかくよくぞ出してくれたというのが率直な気持ちである。取りあえず購入したままになっているので、今日の命日から改めて聴き直したいと思う。

 今後はN響団員との吹奏楽曲集がCD化されるようだ。しかし、多くのヤマカズファンが待ち望んでいるのは新響とのマーラーであろう。一九七九年から一九八八年にかけて行われた、日本で初めてのアマチュア・オーケストラによるマーラーの交響曲全曲演奏。新響が山田一雄追悼演奏会の時に作成したダイジェスト盤のCDで聴く限り、録音状態は芳しくないものの残っているはずだ。是非元テープが経年劣化でダメになる前にCD化していただけないものだろうか。採算に不安があるなら、完全予約生産でもいい。一組二万円くらいなら迷わず買いたいと思っているのだが。

| | コメント (0)

2009年8月11日 (火)

眞鍋圭子「素顔のカラヤン」(幻冬舎新書二〇〇九)

 作者の名前に既視感を感じたが、四半世紀以上前に私が駆け出しのクラヲタだった頃、当時大人気(で亡くなったばかり)だったカール・ベームの評伝を書いた人だった。

 作者は主に来日時のお世話係をした関係で、カラヤンと家族ぐるみで交流があったという。一九七七年から死までということは、帝王と呼ばれ確固たる地位を築いてから、晩年の一連のゴタゴタまでを間近で見てきたと言うことだろう。
 夫人の回想録(読んでないが)ほどではないにしても、両目がハートマークになっている筆者の姿が思い浮かび、時に微笑ましさを感じる。私はそもそもカラヤンが好きではないので、オイオイそんなに美化しちゃって大丈夫?という感じもするし、確固たる地位を築くまでは相当策略を巡らしてライヴァルを追い落として来たんじゃないのとも思う。
 しかし、作者が身近で見た普段着のカラヤンの様子がとても良く伝わってくるし、終始作者の目線から見たカラヤンという視点がぶれないので、安心して読むことが出来る。そして、読み手なりの解釈をすることが出来て、大変面白く読める本である。芸術論を振りかざすふりをして、内容は「オレはカラヤンが嫌い」というだけの空虚なカラヤン論などとは一線を画している。
 中でも私が面白く読んだのは、一九八四年来日時の振り間違い事件のくだり。当時の記憶では、プログラムが「ドン・ファン」「ディヴェルティメント」「ローマの松」の順で、カラヤンが一曲目と二曲目の順番を間違え、「ドン・ファン」を「ディヴェルティメント」のつもりで振ったのだと思っていた。しかし、振り間違えたのは「ディヴェルティメント」を演奏した後で、順番を間違えたのではなく完全に違う曲(チャイコフスキーの五番)だと思っていたというのは初めて聞いた。

 私がカラヤンを生で聴いたのは、後にも先にもこの一九八四年の来日時のみで、東京公演直前にこの振り間違いニュースを聞いて心配したのを覚えている。確か当時スポーツ新聞の記事になったのを読んだ記憶がある。そしてその数日後普門館の舞台で見たカラヤンは確かにカッコ良かったが、ベルリン・フィルのホルンが派手にひっくり返ったところ以外はレコードで聞いたのと同じだという印象だった。
 そんなリアルタイムの世代には、来日時のエピソードが多いので、自分の思い出と重ねながら読むことの出来る本だと思う。

 以前同じ新書で「カラヤンが云々」というタイトルの羊頭狗肉の極致のような本を読んでしまい随分後悔したが、この本は文章は読みやすいし、内容も面白くて一気に読み通してしまった。前回のように粘着質な作者が本ブログに降臨したりしないことを祈るが、今回は褒めているから大丈夫かな?。

| | コメント (0)

2009年8月 8日 (土)

中島みゆきのガラスCD(その二)

 ガラスCDというフォーマットに続いて、中島みゆきについて書かせていただく。

 今はAMラジオ派である私だが、高校~浪人時代はFMラジオを聴いていた。当時NHK-FMの平日21時台は「ミュージック・スクエア」という帯で、各曜日きら星のようなアーティストがDJを担当していたが、不動の金曜日は「中島みゆきのフル金」だった。
 最初この「ふざけたオバサン」が、あの「悪女」とかの中島みゆきと重ならなかったのだが、まず喋りが面白くて好きになり、次第に曲も聴くようになっていった。
 当時の中島みゆきはテレビには滅多に出ず、露出はラジオのみ。シアターコクーンでの「夜会」が始まった頃だったと思う。その当時から私は中島みゆきの歌は初期が良くて、最近のドスの利いた歌いっぷりには違和感があるなと思っていた。

 その後段々と熱は冷めていったが、「予感」までの最初の十枚のアルバムは、自分にとって大切なものだった。しかし、中島みゆきの歌はどんどんドスが利いてきて、セルフカバーした、「時代」「ローリング」「流浪の詩」などを聴いた時には心からガッカリしたし、更に距離を置く(というより聴きたくない)というスタンスになってきた。

 そして決定的だったのは、いつだったかのNHK紅白歌合戦。普段は見ない紅白だが、中島みゆきが出るということで、恐い物見たさで観てみた。
 テレビ画面にはNHKホールの舞台ではなく、黒部のトンネルからカメラ目線を一切せずに無表情で唱う中島みゆきの姿が映っていた。歌詞を間違えて字幕が消えるアクシデントが起きた時は、図らずも内心「ザマミロ」と思っていた。
 どんなしがらみがあったのかは知らないが、紅白に出るのなら曲間の小芝居に続いて司会者に呼び出されて、NHKホールの袖から堂々と出てこいと言いたい。紅白に出るというのは、あの田舎芝居の一員になると言うことなのだ。その覚悟が出来ないなら紅白になぞ出なければいい。
 この中途半端で無様な紅白出演以来、わたしはあんなに好きだった中島みゆきが大嫌いになった。

 普段私はあまりテレビを観ないのだが、最近おぞましい物を観てしまった。化粧品のコマーシャルのようだったが、ウェディングドレスの松田聖子と白無垢の中島みゆきが小芝居を演じていた。所謂悪乗りなのだろうが、あまりにも醜悪で不愉快だった。どこの会社かは忘れたが、何もコマーシャルで視聴者を不愉快にさせなくてもいいのにと思う。あの会社の製品だけは出来る限り買わないようにしたい。

| | コメント (0)

中島みゆきのガラスCD(その一)

 この件については何か述べることに躊躇するのだが、敢えて書かせてもらう。基本的に苦情は受け付けない。

 中島みゆきのアルバムが高音質のガラスCDで再発されるそうである。二〇〇〇年以降に発売された八種のアルバムで、一枚九万四千五百円。ガラスCDは今までクラシックやジャズのアルバムはあったが、J-POPでは初めて。J-POP史上最高価格のアルバムになるのだそうだ。

 数年前から特にクラシックのアルバムでSHM-CD(Super High Material CD)とかHQCD(Hi Quality CD)などという売り文句の再発盤が増えている。ガラスCDを含めて簡単に説明すれば、CD(コンパクトディスク)の素材を良くして、音質が劇的に向上するという触れ込みである。
 それだけ聞くと結構な話のようにも聞こえるのだが、私は二つの点から違和感(というよりインチキ臭さ)を感じるのである。

一、素材云々を喧伝しているがフォーマットは変わらない
二、そもそも誰が高音質を求めているのか

 まず最初にはっきりしておきたいことは「録音された音質以上で再生することは出来ない」という大前提。中学生の時同じ部活のI君にカセットテープを貸したら、返してくれる時「メタルテープにダビングしたから、オレの方が音がいいぜ」と自慢された。幾らメタルの高級テープにダビングしても、私が貸した「BONのカセットテープに記録された音質」を越えることはあり得ないはずだ。同じ環境で元テープと比べて音が良くなったと感じるなら、それこそがプラセボ効果(偽薬効果、思い込み)である。
 ガラスCD、SHM-CD、HQCDというのはまさにこのプラセボ効果を狙っていると感じる。値段が常識はずれに高いガラスはその最たるものだ。残念ながら我々年寄りはCDの黎明期から見てきているので、昔一時的に流行った「アートン盤」「ゴールドCD」などのことを忘れていない。「従来のポリカーボネート(アルミ反射膜)では屈折率や透過率が云々」という謳い文句を、以前にも聞いたことがあるのだ。そしてそれらはいつの間にか市場から消滅していった。そもそもSHM-CD、HQCDなんてのは、ポリカーボネート素材であることに変わりはなく、「より高品質な」素材にしたという程度の話なのだから、良心的なレコード会社だったら黙って投入すべきレヴェルの話で、売り文句にすること自体が「今まで品質の劣る素材を使っていました」と告白しているようなものだ。
 話をガラスCDに戻しても同じ事で、究極の音質を提供するものではなく、究極の所有欲を満足させるアイテムであると思う。半永久的な寿命というのもCDが世に出てきた時と同じ触れ込みだ。普通のガラスは個体であるということに疑問を投げかける考え方もある(粘度が非常に高くなった液体であるという捉え方。古い教会のステンドグラスなどが重力によって垂れてくる例がある)くらいなので、当然強化ガラスを使うのだろう。普通のガラスみたいに簡単には割れないが、硬くて尖った物に当たると簡単に割れる可能性もある。シェラック素材のSP盤みたいに「落とすと割れます」と警告して、取り扱いに緊張感を持たせれば、より高級感を演出できるのだろうか。

 そう考えていくと「中島みゆき」という素材はガラスCDに最適だと思われる。究極のCDで提供するアーティストはある程度の高級感が無くてはいけない。チェッカーズ・ベストではちと納まりが悪いのだ。
 中島みゆきの宗教的なファンであれば、一枚十万円弱もお布施として払えるのだろう。そして、最近のアルバムに限定したのも利口だ。LP時代のアナログ録音だと、しっかりした再生装置を持っていれば、LPの方が音質的に優位になる可能性があるので、CDとしか比較できないアルバムを選択したのだろう。最近のレコード会社は、新譜が売れなくなった分、細かく稼ぐ知恵は身についているようだ。

 そもそも今時、きちんとした再生装置でCDをじっくり聴いている人がどれほどいるのか。私も含めて殆どの人がCDからMP3やWMAに変換して、携帯プレイヤーで聴いているのではないかと思う。つまり殆どの消費者が「CDの音質向上」を求めてはいないのだ。そして、一部のオーディオ愛好家は、高品質なCDよりSACDでの再発を求めているはずだ。理由は簡単。「どんな高級素材のCDより、SACDの方が高音質」だからだ。フォーマットの違いというのはそういうものだ。高品質CDというのは、たとえれば十四型のテレビの品質を上げているようなもので、どんなに素材を工夫して発色を良くしたところで、四十型のテレビには勝てるわけがないのだ。

 はっきり言って中島みゆきガラスCDは、ファンを小馬鹿にした商売だと思う。中島みゆきファンのためにすべきことは、アナログ録音の古い音源をSACD用に丁寧にマスタリングし直して、SACDで再発売することだと思う。ちょっと調べてみたら、中島みゆきのSACDはライヴ盤が一種出ているだけで、それも五チャンネル録音だからSACDで出したという事のようだ。SACDは五チャンネルのためにではなく、CDより高品位なフォーマットとして活用すべきだと思う。

| | コメント (1)

2009年8月 2日 (日)

多摩フィルハルモニア協会第五回定期演奏会

ヴァグナー/歌劇「タンホイザー」より「歌の殿堂」
マーラー/交響曲第二番ハ短調「復活」

独唱/津山恵(ソプラノ)、田中淑惠(メゾソプラノ)
合唱/多摩フィルハルモニア合唱団
管絃楽/フィルハルモニア多摩
指揮/今村能

二〇〇九年八月二日 立川市市民会館

 多摩のプロオーケストラを標榜する団体の演奏会があったので足を運んでみた。何をもってプロオケと定義するかは難しいのだが、この場合はもちろん「プロの音楽家によるオーケストラ」の意であろう。見た感じは学校出たての若者たちが主体で、一部年寄りもいるという感じ。家から歩いて行ける場所で「復活」が聴けるというので、行きつけの飲み屋で一杯引っかけてから当日券で入場。全席自由三〇〇〇円だが、一階席は八割くらい入っていた。

 前座はヴァグナーの「歌の殿堂」。中学の授業で歌わされたアレである。どうでもいいけど、「復活」の前にこの曲を演奏する意味は?。合唱の後ろにトランペットが十数名ずらりと並んでファンファーレを奏でる。音響的には一番高いところがいいのかも知れないが、視覚的にはその前に並んだ合唱(二列)に紛れて、何だかよくわからない。やはり前列に並べた方が視覚的効果はあったように感じる。合唱、オケとも無難な出来。十分もかからない小品なので、「休憩二十分」のアナウンスに場内から失笑が漏れる。

 休憩後は「復活」。絃は十、八、八、八、六型で、合唱は約六十名。復活をやるには最小限の人数だ。絃は対向配置で、チェロバスが下手側、金管はホルンが第一ヴァイオリンの後ろ(下手)とトランペット・トロンボーンが第二ヴァイオリンの後ろ(上手)という並び。
 プロオケとは言っても臨時編成であるから、独自の何かを持っているわけではない。今村の指揮は格好良くはないが、判りやすい棒で、オケは安心して演奏している感じ。内心期待していたハラハラするような場面には遭遇しなかったが、音程の悪さはどうにもならない。更に、低絃の非力さも致命的で、コントラバスの「ゴリッ」が腹に染みる箇所がさらっと流れてしまう。
 それでも、オケだけの一~三楽章はまあまあだったと思うが、声楽が入ると更に苦しくなる。ソプラノ独唱は良かったが、メゾソプラノは明らかに声量不足。合唱も下手ではないのだが、流石に六十人ではどうにもならない。特に男声の人数が少ない(二十人くらい)ので、特定の声量のある人の声ばかり聞こえる。クライマックスでは当然迫力不足で、オケにかき消されて聞こえない場面も多い。

 批判ばかりしても仕方ないので、良かった点。まず、立川のような田舎町で、アマチュアや学生オケでない「復活」が聴けたことが快挙。そして、小編成のオケだったため、普段聴こえないようなパートの音に気がついた。そして、一階の前寄りの席で聴いたので、対向配置にした意味がよく理解できた。先月の東響の千人では判らなかったが、第一第二ヴァイオリンが左右で掛け合う前提で書かれている部分が結構あることに、今更だが気づいたのは収穫だ(普段は安い席でしか聴かないからいけないのか)。

 多摩フィルハルモニア協会という団体がどういう趣旨で活動しているのかが今ひとつ解り難い。今村能が既存のプロオケに相手にされないから組織した(この手の大先達が大巨匠U宿M人センセイ)のだったら別に興味はない。多摩地区にゆかりの(国立音大出身とか)音楽家たちが集まって活動の場を求めているのなら、六十人ばかりの合唱団を組織せずに、地元のアマチュア合唱団と協力すればいい。何も文化レヴェルの低い地で、減る一方のアマチュア合唱団人口を奪い合わなくてもいいのではないか。
 地元でこのような活動が行われているのは結構な事で、支援したいという気持ちはあるのだが、正体がよく見えないのが残念である。
 それはそれとして、歩いて行ける範囲で廉価に生演奏が聴けるのだから、また機会があったら聴きに行ってみようと思った。

| | コメント (2)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »