« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月21日 (水)

新平湯大観音(仮称)

 最近文庫になった宮田珠己「晴れた日は巨大仏を見に」を読んで、時々首をもたげる「大仏好き」にスイッチが入ったようだ。以前にも突発的に仙台大観音や東京湾観音を見に出かけたりしているので、潜在的な「巨大仏愛好家」であることは否定しない。恐らく「見仏記」や「珍日本紀行」の影響もあるのだろう。
 思い出したのは今年に入って何度か見ている謎の巨大仏だ。四月以降、岐阜県の高原川や富山県の神通川に釣りに行っている。東京からだと中央道を松本で降り、国道一五八号の阿房トンネルを抜けたら国道四七一号線を辿る。ヘアピンカーブを越えて新平湯温泉に入る頃、右手の山の上に大きな観音像のようなものが見えるのだ。私の視力では、小高い山の上に、木立から顔を出している「仏像らしきもの」としか判別できないので、気になりつつそのままになっていた。時々気になってはネットで「新平湯温泉」「仏像」などと検索してみるが、ナントカ寺の鉈彫りの仏像しか引っかからない。

Photo

 たまたま何の予定もない日曜日に早起きしたので、思い切って調べに行くことにした。日頃から「休日ETC千円政策は、無駄走りを誘発するばかりの歴史的愚策」と思っているが、やはり私のような「どうでもいい用件で遠出する化石燃料の無駄遣い」を誘発する。
 新平湯温泉はいつ見ても寂れている。上高地や乗鞍はもう紅葉が良さそうだが、麓の新平湯は閑散としている。仏像は遠くからは見えるが、近づくと木立に埋もれてしまい位置が判然としない。暫く行くと狭い道の入口に「新平湯の新名所 大観音の里 入口この先」という門状の看板を発見。道は廃旅館の裏から山の上に登り、開けた場所に出る。キャンプ場のような東屋などがあり、奥に塀と門に囲まれた広い民家らしき場所がある。恐る恐る中にはいると正面に木立の奥へ伸びる階段、右手に民家、左手の奥に作業所みたいな建物がある。奥の階段を進めば大観音に至りそうだが、作業所の前で犬が吠えているので進むのをためらう。
Photo_2
右手の民家に人の気配があるので「ごめん下さい」と声を掛ける。何度か叫ぶと、奥から髭を伸ばした爺さんが現れる。
「あの、麓から見える仏像が見たくて上がってきたんですけど」
私が尋ねると爺さんは、
「こっちからの道は台風で崩れて通れない。見たかったら下から別の道があるから車で入れる。」
と教えてくれる。ついでに私が
「ここはキャンプ場か何かをなさっているんですか」
と尋ねると、
「キャンプ場じゃないけど、色々道楽でやっていたんだ。けどもう不景気でどうにもならない。首括ろうにもロープ買う金もない。」
という。その後大観音への詳しい道を教わり辞去したが、結局この爺さんが道楽で「何を」やっていたのかは判らない。推測するに「道楽で大観音の里という庭園のようなものを作り、大観音を建立した」のだが、不景気で荒れ放題、道路の補修費用もままならないということだろうか。
 一旦麓におりて大観音を目指す。林道を上がったところに目当ての大観音は佇んでいた。身の丈およそ十二メートル。台座を合わせた高さは一五メートル強だろうか。コンクリート造りの白い観音像だが、風雨に晒されてすっかり黒ずんでいる。形は観音だが、顔は大仏に近い。台座に登って様子を探ると、足下の一角に穴が空いており、ベニヤ板で塞いであるが内部が見えるようになっている。中に入ってみたかったが、台座の最上段が高く、登るにもとっかかりがないので無理だった。

Photo_3

 今までは遠くからしか見えなかったので、何かの見間違いかと半信半疑だった大観音だが、実際に所在が確認できて良かった。今度はちゃんと準備して、件の爺さんにこの観音や大観音の里の経緯、建立年月日や高さ、建造費などを聞いてみたいと思う。

| | コメント (0)

2009年10月16日 (金)

保田武宏「志ん生の昭和」(アスキー新書二〇〇九)

 新書が薄くなったと思う。物理的なページ数もそうだが、活字が大きく、余白が広く、情報量が少なくなった。そうでないと売れないのだとどこかで聞いたことがある。個人的には新書はもう少し読み応えのある分量が欲しい気がする。

 本書の筆者も同じ思いではないだろうか。「昭和」と題名にあるが、まえがきにもあるとおり震災以降の志ん生について書かれているが、とにかく駆け足の感じがする。
 志ん生の伝記は結城昌治の「志ん生一代」という、文庫二冊にわたる大作があり、志ん生の生涯を語る場合この本が基礎資料になっている感がある。「志ん生一代」を読むと、生涯を伝記にしようとしたのだが、資料が少なくて小説にした感じがする。通しで語るにはどうしても憶測によらねばならない部分があるので仕方なかったのだろう。
 本書では満州行きの部分などはあっさり割愛している。その代わり震災から戦後までの落語界の離合集散について頁を費やしており面白い。この部分はもう少し詳しくても良かったと思う。また、当時の噺家の名前を、何代目かではなく本名を併記している点も判りやすい。ただ、馴染んでいる代数は併記しても良かったのではないか。
 新たに知ったのは改名遍歴の内、全亭武生という名前は亭号が全亭ではなく金原亭武生だったという事と、その直前に名乗ったとされる吉原朝馬という名前は名乗った形跡がない事。自伝の「びんぼう自慢」では確かに「芸名のいろいろ」で「それまでにあたしは、三遊亭朝太から円菊……ここで、先代の志ん生師匠の弟子になって 古今亭馬太郎、全亭武生、吉原朝馬、隅田川馬石、金原亭馬きん、古今亭志ん馬……と、もう八回も名前を変えている。」と述べているので、これを否定するには相当な調査をしたのだろうと思う。
 せっかくそこまで調べているのならば、薄い新書ではなく単行本でもっと詳細に書いて欲しかった。時流に乗って内容を薄めてしまったのは、やや残念だ。なので、本文はあっという間に読み終わってしまうが、巻末のホール落語や放送の演目リストが資料として価値が高い。「泳ぎの医者」「三助の遊び」などの珍しい噺は、録音が残っているなら聞いてみたいものだ。

| | コメント (0)

2009年10月13日 (火)

水陸両用車

LEGEND零TWO号(コーワテック二〇〇九)

水陸両用車 四、八総噸(総重量一〇、五一トン)
旅客定員四〇人 全長一一、九五m、全幅二、四五m
最高速度(陸上)時速九〇km、(水上)五、〇ノット

 ワカサギ釣りとキャンプをしに、従兄弟と長野県の諏訪湖へ行った。
 一日目は偵察のつもりで湖畔を徘徊していると、変な形のクルマが走ってくるのに遭遇。すぐにテレビで見たことのある水陸両用車と気付き、早速追尾してみる。乗客が乗っているので試験運転などではない雰囲気だ。しばらく追尾すると湖畔の美術館の駐車場に入っていく。駐車場の一角に水陸両用車乗り場があり、タラップから乗客が降りてくる。乗船券売り場でパンフレットをもらい話を聞く。朝九時から一時間半ごとに六便運行しており、所要時間約一時間で、運賃は大人三〇〇〇円。空席があれば当日でも乗れるとのこと。従兄弟と相談して、翌日のワカサギ釣りは早めに切り上げて乗ってみようと意見が一致する。

 湖からほど近いキャンプ場で一泊し、翌日は朝からワカサギ釣り。五六年前までの四百五百は当たり前だった諏訪湖の面影はなく。メダカのような当歳魚ばかりで一五〇弱の釣果。風も強くなったので二時に切り上げて水陸両用車へ向かう。

 昨日見かけた土曜の十二の昼の便は閑散としていたのに、日曜三時便は満席とのこと。直前に湖上から電話予約して大正解。
 小型船の船底の下にバスのシャーシが入っている構造なので、客席はかなり高い位置にある。操縦席は通常のバスの運転台に、船の操縦機能を付け足した感じで、運転席の正面にステアリング、その右横に小さな舵輪と船の計器類、シフトレバーの隣(左)に船の推進レバー(ワンハンドル)が配置されている。車両と船舶の操作系統が完全に分かれているので、切り替えるときの操作が見物になりそうだ。
 時間になり発車すると湖畔の路を進む。足回りを見た感じは板バネのゴツいサスペンションなのでさぞや乗り心地が悪いだろうと思っていたのだが、意外にも普通のバスと変わらない乗り心地。目線が高く眺めがいい。暫く走って御柱広場を見学。東洋バルブの跡地の一角に、諏訪大社上社と下社の御柱を短くしたものが展示されている。子供たちは柱によじ登って楽しそうだ。
 風が強くなってきたが、客席は屋根があるだけのオープンエアなので寒い。なぜ窓を付けないのかと思っていたら、従兄弟曰く「横風を受けないようにじゃない」とのこと。なるほど、重心が高いので、バスとしても船としても横風には弱そうである。
 その後ヨットハーバーに向かい、いよいよ進水。ガイドさんが「風が強いので初島まで行けませんが、二回水に入ります」と説明している。睨んだとおり風には弱いらしく、港内から出ないということらしい。つまり手漕ぎボートより風に弱いということだ。
 進水の瞬間は結構急加速して、一気に水に入る。船舶側は停止しており、進水後は暫く惰力で進むため、チルト式で跳ね上げている推進器を下げられる深さまで一気に行かないとならないようだ。港内をぐるっと回り陸に上がる。ここはもっと難しく、船の推進力でスロープに掛かり、後輪がスロープに触れた瞬間に車輪での駆動に切り替える。正に職人技だ。
 沖に出たときの風と波による揺れ具合は判らなかったが、進水、離水とも二回づつ経験できたので、かなり細かく観察することが出来た。次回は初島まで行って、親子はくちょう丸や竜宮丸などの遊覧船と並ぶところを見てみたいと思う。

 せっかく楽しい水陸両用車なのに、宣伝が足らないようで残念だ。運営しているのは大阪の会社らしいが、町全体で観光の目玉にしていこうという雰囲気は皆無。おそらく地元民は「よそ者が何やらやっているけど無視」という冷ややかなムードなのだろう。大人も子供も楽しめる素材なのだから、地元が協力すれば観光地としての諏訪湖の新しい魅力になると思う。五月から運行を始めて延べ一万人が乗車したと言っていたが、半年で収入が(全員有料の大人としても)三千万。車両建造費が一億円と聞かされなくても赤字運行だろうと想像がつく。このままではいつまで続くか覚束ない。運営会社と地元観光協会、旅館組合などが協力して企画乗車船券などを作るべきだ。既存の遊覧船と競合するのは仕方ないが、運航エリアを初島周遊と湖全体に棲み分けるなどして共存を図るべきだ。地元遊覧船も閑古鳥が鳴いているので、共倒れにならないことを祈るばかりだ。

| | コメント (0)

2009年10月 3日 (土)

宮脇俊三「終着駅」(河出書房新社二〇〇九)

 私の鉄道熱は、二〇〇二年に国鉄完乗を達成し、二〇〇三年に宮脇俊三が亡くなってから一気に醒めてしまい、すっかりアクティブでなくなってしまった。思い返せば、休みのたびにせっせと乗り鉄に出かけ、その様子を文章にして一人悦に入っていた私は、実は鉄道マニアだったのではなく、宮脇俊三マニアだったのではないかと思う。だから、没後六年を経て、未刊行のエッセイと雑文を集めた本書の刊行は望外の喜びである。

 本書は「終着駅は始発駅」「汽車との散歩」「旅は自由席」の三冊に続くエッセイと雑文集になるが、前の三冊と決定的に違うのは、表題、構成ともに作者があずかり知らないということだろう。前の三冊は単行本未所収の文章から選んで構成するという作りだったのに比べ、今回は残り物を寄せ集めた感があるので、やはり一冊の本としての出来は良くない。内容的にも既刊の文章と重複する内容が多く、目新しかったのは「突然、アガらなくなった」「テニスで心機一転」などの鉄道とは関係のないエッセイで、紀行作家のエッセイ集に所収されなかったのも納得がいく内容のものだ。
 宮脇ファンにとっては、このような形で新たな文章に接する事が出来るのは嬉しい。しかし、宮脇俊三の著作として見ると褒められるものではない。どう評価するかは難しいところだが、正直なところ自分は読めて良かったが、宮脇ファン以外の人には他のエッセイ集から入ってもらいたい。そして、宮脇ファンになって他に読むものがなくなったら読んで欲しい。

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »