« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月25日 (水)

トゥルノフスキーのブラ四

群馬交響楽団第四五九回定期演奏会
二〇〇九年十一月二十一日群馬音楽センター

指揮/マルティン・トゥルノフスキー
チェロ/フランシス・グトン

ドヴォルジャーク/チェロ協奏曲ロ短調作品一〇四
ブラームス/交響曲第四番ホ短調作品九十八

 以前ある筋から「群響に毎年来ているトゥルノフスキーという爺さん指揮者が面白いらしい。全然棒が振れないから、オケが必死に演奏するので、毎回びっくりするような名演が生まれる。」という多少誇張を含んでいそうな噂話を聴いた。是非実演に接してみたいと思っていたのだが、日程が合わなかったり、知らない曲だったりで実現せずにいた。今年は三月に聴き逃したが、十一月にも来日したので勇んでチケットを買った。今回は一週間前に神奈川フィルにも客演していたようだが、「藤沢の千人」とかち合った上に、曲が全く知らない曲だったので避け、群響のブラームスメインのプログラムを選んだ。
 なお、群馬音楽センターで群響を聴くのは二度目。前回はバルシャイ版マーラーの交響曲第十番だった。

 前半のドヴォコンは、残念ながら印象が薄い。というより寝てしまった。長年コンサート通いをした悪い習慣で、前半の協奏曲は寝る時間という習性が染みついているようだ。チェロ独奏曲のアンコールがあったが曲目は不明。終演後に掲示されていたのかも知れないが、曲名をメモして帰りたいと思う曲ではなかった。トゥルノフスキーの指揮は、ソロと掛け合いの部分などはちょっと危なっかしい感じだったが、聞いていたほどではなくちょっと期待外れ。
 後半のブラ四はいい演奏だった。そもそも私はブラームスが苦手だ。苦手といっても、ブルックナーやシベリウスのように、どこがいいのかさっぱり解らないし、心の琴線に触れたこともないのとは違う。いい曲だと思うし、聴けば感動するのだが、とにかく陰々滅々とした暗さが苦手なのだ。交響曲でいうと好きな順に三、二、一、四の順。第四の終楽章のフルートソロを勝手に「悪魔が来たりて笛を吹く」と命名している。なので、しみじみと演奏されてしまうと参ってしまう。私にとってブラ四のベスト盤はとにかく勢いで駆け抜けるフルトヴェングラー盤だ。恐らく本当にブラームスが好きな人からすると、あんなにテンポを煽ったら、ブラームスのわびさびが台無しだと怒るのだろう。しかし、私には丁度いいのだ。
 トゥルノフスキーの演奏は、両端楽章ではフルトヴェングラー張りにテンポを煽る興奮型演奏。群響は下手ではあるが、指揮者の不器用な棒から真意を推し量りつつ音にしていた。確かに器用な棒ではないが、朝比奈隆と変わらないし、晩年のベームなどよりずっとましな棒だ。舞台から受けた印象は、群響の楽員は何だかんだ悪口を言いながらもトゥルノフスキーのことが結構好きなんだと思う。だから毎年呼んで一致団結した演奏をするのだろう。このチェコの老指揮者は群馬でのみ評価が高い様子だが、欧州では評価されているのか。CDなどを検索してもほとんど名前が出てこないので、もしかすると晩年のフルネが日本でのみ評価されていたように、群馬でのみ評価されている指揮者なのかも知れない。
 個人的には結構気に入ったので、今後も来日して曲と日程が合えば高崎まで聴きに行きたいと思う。

 それにしても、群馬音楽センターの音響の悪さは何とかならないのか。建物のデザインとしては面白いのだが、間接音が一切返ってこない音響特性には閉口する。楽器自身が余韻を持つ弦楽器などは問題ないが、管楽器の音は丸裸になってしまう。さらに、空調の音がうるさく、無音やピアニシモの緊張感が台無しだ。私は残響が無闇に長いホールは嫌いだ。神奈川県立音楽堂や東京文化会館のように、残響は短くてもホール全体が鳴るようないい音のホールもある。しかし、音楽センターは横広の客席に音が拡散していき返ってこない感じがするのだ。
 群響がこんなホールで五十年も演奏し続けているというのは気の毒な話だ。もっともホール建設の経緯が「群響のためのホールを」であったようなので、出来上がったら音が悪いからイヤとは言えない事情もあったのだろう。もう十分頑張ったのだから、新しく建て替えてあげればいいのにと思う。地元では音楽センターの保存運動もあるようだが、存続使用するなら最低でも空調設備の更新と残響付加装置の設備が必要だと思う。邪道という意見もあるかも知れないが、音楽センターの場合直接音は不足していないので残響を若干付加するだけで結構改善されるように思うがどうだろうか。

| | コメント (0)

2009年11月19日 (木)

新日本フィル第四五五回定期演奏会

新日本フィルハーモニー交響楽団第四五五回定期演奏会
二〇〇九年十一月十八日サントリーホール

独唱/マヌエラ・ウール、宮平真希子、安井陽子(ソプラノ)
   アレクサンドラ・ペーターザマー、清水華澄(アルト)
   ジョン・ヴィラーズ(テノール)、ユルゲン・リン(バリトン)
   ロベルト・ホルツァー(バス)
合唱/武蔵野音楽大学室内合唱団、栗友会合唱団、東京少年少女合唱隊
合唱指揮/栗山文昭、長谷川久恵
管絃楽/新日本フィルハーモニー交響楽団
指揮/クリスティアン・アルミンク

マーラー/交響曲第8番変ホ長調「千人の交響曲」

 一週間に二種類の千人を聴けるとはマラ八マニアにとってたまらない一週間だ。マラ八好きというのは大編成を喜ぶ輩であり、見た目が豪華なものに惑わされて本質理解できていないことのような気がする。元々吹奏楽の打楽器出身なので、色々なものがごちゃごちゃ並んでいるのが好きなので性であるから仕方ない。
 よく考えたら新日本フィルの定期公演を聴くのは初めて。在京オケで唯一定期を聴いたことがなかったのは、長年の新日フィル嫌いと小澤嫌いのせいなのだが、この誤解と思い込みについては別項に譲りたい。

 舞台上には二組のティンパニが置かれている。このティンパニ二組と、第一部のクライマックスで「シンバル二又は三組」と指定された部分をどう扱うかで、その指揮者の考え方が判る。アルミンクはティンパニ二組、シンバル三組で木管のベルアップも忠実に行い、マーラーが意図した視覚的効果をきっちり実現していた。また、チューブラーベルをオクターヴで叩かせるのは初めて見たが、楽譜通りだと音が浮いてしまい、オクターヴ下げると暗くなると言う問題が見事に解決されていていた。
 演奏は曲の大きさを前面に出した拡散型のアプローチ。テンポはゆったり目で思い切ったルバートも多用し、やりたいことをやっている感じがいい。オケも合唱もよく応えており、思わぬ所で音量を絞ってメリハリを付けるなど、多少の外連もあり面白い。スコアを見ながら聴いたのではないので判然とはしないが、オルガンの低い持続音(三十二フィートのフルー管)を何箇所かで加えていたと思う(今まで気づかなかっただけかも)。面白く効果的だとは思うが、やり過ぎの感は否めない。天井からは五チャンネル用のマイクが下がっていたので、CD化されたらスコアを見ながら聴き直してみたい。
 合唱は好演。先日の藤沢合唱連盟も決して下手ではなかったが、栗友会と武蔵野音大選抜はもう一ランク上。児童合唱に関しては雲泥の差だ。そして更に素晴らしかったのが独唱陣。第一と第二ソプラノの二人の声量と声質は正に千人向きで、第一ソプラノは音域的に若干苦しいところもあったが、決して叫ばず格調が高かった。そして更に素晴らしかったのは男声陣。見た目は熊のような大男三人組で、ピンチヒッターだったバスは声量、音域ともにやや苦しかったが、テノールとバリトンの声量はものすごく、オケや合唱に全く引けを取っていない。特にテノールは声がデカイだけではなく表情付けが巧く、ピアニシモから超フォルテシモまでのダイナミックレンジの広さに感心する。第二部においてマリア崇拝の博士の歌唱は本当に重要で、せっかくの名演がテノール一人でぶち壊しになるケースが多い。古くはバーンスタイン盤のケネス・リーゲル、最近では立て続けに聴かされた福井敬など、たった一人のせいで演奏全体の評価がガタ落ちになってしまう。逆に今回のジョン・ヴィラーズは、一人で演奏全体の評価を随分上げたと思う。もっとも、私にとって理想のマリア崇拝の博士は小林一男(渡邉曉雄指揮日本フィル一九八一年)なので、ドラマッティックなヴィラーズよりもう少しリリックな方が好みではある。
 アルミンクの指揮は初めて見た。長身で二枚目、オバサンファンにキャーキャー言われそうだが、指揮姿はあまり格好良くはない。斉藤流の整然とした棒ではなく、棒で表情を付けていく感じだ。決して見やすい指揮ではないと思うが、かえってあの棒でルバートされると、オケ側も緊張感を持って合わせるのではないだろうか。今までこのコンビでマーラーを随分演奏してきたらしいのだが、新日フィル嫌いのため興味を持たなかった。勿体ないことをしたと思う。

| | コメント (0)

2009年11月16日 (月)

藤沢の千人 二〇〇九

藤沢市民交響楽団創立五〇周年記念演奏会
二〇〇九年十一月十四日(土)藤沢市民会館

独唱/菅英三子、山本香代、半田美和子(ソプラノ)
    栗林朋子、牧野真由美(アルト)
    福井敬(テノール)、久保和範(バリトン)、久保田真澄(バス)
合唱/藤沢市合唱連盟、藤沢市合唱連盟ジュニア団体
合唱指揮/浅野深雪、藤原規生
管絃楽/藤沢市民交響楽団
指揮/現田茂夫

マーラー/交響曲第8番変ホ長調「千人の交響曲」

 藤沢市民交響楽団というアマチュアオーケストラがマーラーの千人を演奏するというので藤沢市民会館へ足を運んだ。藤沢市民会館といえば一九七九年に日本で三番目に千人が演奏された会場であり、その録音が最近CDに復刻されて大好評である。この三〇年前の上演は藤沢市民会館の開館一〇周年記念事業、今回の上演は藤沢市民交響楽団の創立五〇周年記念公演。そのどちらにも福永陽一郎という合唱指揮者が関わっている。この五〇年前にアマチュアオケを創設し、三〇年前に藤沢市の文化担当参与を務めていた人物がいたお陰で、藤沢市は現在も藤沢市民オペラなどで知られる文化都市なのである。

 それはさておき、アマチュアオケと合唱による千人を聴いてみた。ある意味予想通り。特に管楽器は危ないところは大抵音がひっくり返っていて、アマチュアらしかった。しかし、現田茂夫の指揮は超安全運転。きっちり拍を数え、余計なルバートは一切せず、テンポを煽るようなことも一切無し。私のようなヒネクレ者がアマオケの千人に期待する派手な落っこちなどは見られなかった。そういう意味で面白味はなかったが、聴き通すと結構充実した演奏ということが出来るだろう。
 合唱も寄せ集めにしては良く練習したようで合格点。児童合唱が今時珍しい黄色い声(裏声でない子供の声)で唱っていたのはご愛敬か。ソリストは女性陣は普通の出来で、バリトン、バスは声量不足。そして、テノールは最悪。カラオケ好きなオッサンのように自分だけ気持ちよくなっている唱い方だ。感動的な最後のマリア崇拝の博士の場面など全くぶち壊しで、聴いていて腹が立った。
 ソリストに不満が残るとは言え、一地方都市のアマチュアのみで千人を上演するというのは大変なことだ。既に三〇年以前に地元の合唱団で千人を上演したという合唱の盛んな地域であり、かつ市民オペラなどを通してレヴェルが持続していることに感動しつつ、日本で六番目のアマチュアオケによる千人上演(音大オケを除く)という快挙を讃えたい。

 ところが、この演奏会では演奏の内容よりも、出演者の服装の方が印象に残るという不思議な演奏会だった。
 一つめは指揮者の舞台衣装。現田茂夫の衣装はどういうつもりなのか。灰色の詰襟燕尾服とでも表現すればいいのだろうか。ベルトの辺りまでは灰色の学生服のようで前はのど仏までぴっちり閉まっているのだが、ベルトから下は前が斜め三角に切れて後ろにゴキブリの羽のような燕尾服という珍妙な服だ。形が面白コスチュームなだけではない。色が灰色なので演奏が進むと汗がにじみ、両肩胛骨と両肘の所から汗のシミが広がって来るのだ。途中からはあのシミがどこまで広がるかばかりが気になって仕方なかった。初めて着るわけではないだろうから、シミが広がるのも確信の上なのか。ん、もしかして「汗がこんなににじむほど熱演してます」という演出なのか?。旧新星日響の労働者階級の客は喜んだかも知れないが、一般客は喜ばないし、東響だったら出入り止めだ。現田ファンは汗じみの広がり具合で、今日はまだ余裕があったとか渾身の指揮とか判るのかも知れない。
 もう一つは第三ソプラノの衣装。栄光の聖母役の第三ソプラノは、今回は舞台袖で唱うという演出であった。私個人の考えでは金管バンダと同じ二階客席で唱った方が、それを受けてマリア崇拝の博士が唱うことになるので好ましいと思うが、今回は何故か舞台袖で唱っていて姿は見えなかった。しかし、カーテンコールに出てきた姿を見て仰天。胸元がヘソの上までV字に大きく開いたドレスで、「乳首は隠れてますが何か?」とでも言っているかのようだ。千人のソリスト八人の中で、一瞬しか唱わないのに注目だけは浴びやすい第三ソプラノは難しい役回りだ。脇役なのに素晴らしい歌唱で主役を食ってしまったというならいいが、ちょい役なのに過激な衣装で一番目立ってどうするのだ。少なくとも私のような下世話な中年のオッサンにとって、この演奏会で一番印象に残ったのは「半田美和子のおっぱいが見えそうだった」ことであり、演奏の印象などはすっかり消し飛んでしまった。勿論、文化都市藤沢の聴衆はハイレヴェルだから、おっぱいも芸術として鑑賞するに違いないが……。それにしても、半田美和子は自分の立場や周りとのバランスとかを一切気にかけない超天然なのか、なりふり構わず自分が一番目立ちたいワガママ女なのか。どっちにしても、周りからすると困った人なんだろう。

| | コメント (1)

2009年11月 6日 (金)

円楽の浜野矩隨

 噺の面白さに目覚めた小学校高学年の頃、地元の図書館から噺のカセットを借りて、当時流行のWカセットデッキでコピーしては飽きずに聴いていた。司書の好みなのか、アポロンの志ん生音源(病後の高座が多い)と、東芝の「上野鈴本三遊亭圓樂独演会」が揃っていた。まだ「笑点」の司会が三波伸介で、圓樂はNHKの「お好み演芸会」に出ていた頃だと思う。「目黒の秋刀魚」「崇徳院」「汲み立て」「死神」「紺屋高尾」「短命」「鼠穴」「長屋の花見」「万金丹」「中村仲蔵」などが印象に残っているが、中でも一番衝撃を受けたのが「浜野矩隨」だった。落語というのは面白くて笑えるものと思っていた小学生にとって、落語なのに面白くなく、涙を誘う感動的な話というのは衝撃であり、矩隨が死んだ母への思いをかき口説いた後に素に戻っても、洟をすすりながら演じているのを聴いて、泣きながら演じる落語なんてすごいと感動したのだった。

 その後いろいろな噺を聴くようになって、圓樂の音源や録画に接する事が増えたが、より感動することはなかった。こちらの耳が肥えたということもあるのだろうが、圓樂は口跡が悪くなり女の登場人物に色気が無くなったのとともに、言い澱みが多い荒れた高座を聴かされることが多くなった。
 笑点に司会者として復帰し、再びタレントとしての露出が増えたが、博学ぶりをひけらかす司会ぶりを見たり、落語協会分裂騒動のことなどを本で読んだりするうちに、だんだん圓樂に魅力を感じなくなってきた。
 寄席若竹を開場した時は既に「意地張らないで落語協会に戻ればいいのに」と感じ、弟子たちに同情を感じるようになった。若竹には一度くらい行ってみよたいと思っていたが、正月三が日くらいしか圓樂が出ていないので足が向かない。そうこうするうちに予想通り若竹は廃業した。結局、私の噺好きを加速させた噺家だったにもかかわらず、一度も生の高座に接する事はなかった。

 数年前に中古レコード屋で「浜野矩隨」のLPを見つけて買い求めた。久しぶりに聴いてみると大変出来がいい。明らかに客を泣かせようという演出ではあるが、口跡も間も歯切れも申し分ない出来だ。しかし、最後に演者自身が泣き始めると、やはり白けるのは否めない。川柳師が「涙の圓樂腺」と揶揄する気持ちがよくわかる。でも、そこを除けば一九七七年の「浜野矩随」は、その後この噺家が名人と呼ばれるようになってもおかしくない才能を感じさせる。
 圓樂の芸が荒れたのは、やはり落語協会分裂事件が大きな契機になっていると思う。師圓生の意見でタレント活動を縮小し、噺に専念しようとした矢先に寄席に出られなくなった。収入にはならなくとも寄席で噺家が得るものは大きい。常連客不在でドサまわりばかりしていると芸が臭くなるのは当然の成り行きだ。微妙な間とか、気の利いたウィットに反応せず、大声を出すと笑い、泣けば釣られる客ばかり相手にした結果が、後年の圓樂の芸なのだろう。入れ歯が合わず更に滑舌が悪くなったのも追い打ちをかけた。
 落語協会を脱退したのは本人の責ではない(世間で噂されている本当の首謀者は圓樂と談志説を無視して)が、他の弟子が圓生の死後落語協会に戻ったのに、圓樂一門だけ戻らなかったのは圓樂の責任だろう。小さんに頭を下げられず、弟子を道連れにして自前の寄席を建てたのだ。恥を忍んで「ごめんね」と言えれば寄席を建てる必要なんか無かった。弟子のために借金を抱えて寄席を建てたのが美談のように語られるが、そこに至るまでの経緯が抜け落ちている。志ん朝や円蔵(当時円鏡)は弟子のために頭を下げて落語協会に戻ったのだ。
 更には、私も感動した浜野矩隨や、薮入り、子別れ、芝浜(涙の圓樂腺より)あたりの「泣きの圓樂」を発揮できる演目で田舎者に感心される芸風にシフトしたことにより、演者が泣くという演出を日常のものとして、噺好きからは完全に呆れられたことも大きい。演者が泣くことを真に迫った演技と感じるのは、私自身も小学生自分にはすっかり感心させられたが、話芸の本質を理解できていない証であろう。例えば、熊さんが大笑いする場面で演者がゲラゲラ笑ってしまい、次の大家さんの「冗談言っちゃいけない」という台詞になってもまだ笑ってる噺があり得ないのと同様、泣くのもあり得ないのだ。
 厳しい師匠が亡くなり、ドサキンだけを相手に噺をやるようになって、誰も批判してくれなくなったとき、圓樂の噺家としての成長は止まったと言えるのではないか。

 その圓樂が死んで、一門の弟子が残された。噺家としての圓樂はとうの昔に死んでいたと思う。楽太郎の圓樂襲名興行は落語芸術協会の支援で都内各寄席(鈴本を除く)で行われるらしい。それを契機に圓樂一門は芸協に合流すればいいと思う。ついでだから鳳楽に圓生を襲名させればいいだろう。圓生襲名の件については先代圓生の未亡人や圓樂その他が「止め名」にすると合意したはずと言って円窓が怒っているみたいだが、合意した連中に勝手に止め名にする権利があるとも思えない。円窓も正直に「オレが継ぎたい」と言えばいいのに、止め名云々を持ち出すから反感を買うのだ。
 楽太郎が圓樂、鳳楽が圓生になって芸協に合流。談志亡き後は談志一門も芸協に合流。数名はフリーになるかも知れないが、名の通った人はそれでいいだろう。落語ブームと言われる昨今がチャンスなのだから、長年の落語協会一人勝ち体勢ではなく、落協と芸協が均衡した勢力で、互いに切磋琢磨出来る体勢を作れないものだろうか。
 世代交代が進みかつての怨念の当事者が居なくなりつつある今がチャンスだ。圓樂、談志(まだ死んでないが)の死を無駄にせず、落語界全体の繁栄のために、後に続くものが考えて欲しいものである。

 幸いにも圓樂が噺家として最盛期だった頃の鈴本独演会を中心とした一連の録音が最近CD化された。このまま伸びれば間違いなく圓生を越えると思われた、圓樂の一番いい時代の音源が蘇ったことは喜びだ。私は小学生の頃特に好きだった「目黒の秋刀魚」「汲み立て」「万金丹」の三席を聴いて、圓樂を偲びたいと思う。

091109 (おまけ)
私が中一の時に作った素焼きの河童狸(背中にNov.29th,1983の日付入り)と、NHKの追悼特番で浜野を演じる(一九九九年東京落語会の高座)圓樂

| | コメント (2)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »