« ミーシャ・アスター「第三帝国のオーケストラ」(早川書房二〇〇九) | トップページ | レナルトの千人 »

2010年2月26日 (金)

「ウンタマギルー」(パルコ一九八九年)

二〇一〇年二月二十六日東京都写真美術館
「第2回恵比寿映像祭 歌をさがして」

 以前この映画をヴィデオで見直したとき、このブログに「スクリーンで観ることが叶わなかったので、せめてDVD化してもらえないものだろうか」と書いた。その作品をスクリーンで観るチャンスが来たのだ。
 興味なくチラッと見た「恵比寿映像祭」のチラシに「ウンタマギルー」というカタカナの並びを発見し、思わず見直した。そして、仕事中だったにもかかわらず「うわっ!」と声を上げてしまった。正に望外の喜びだ。しかも一般の映画館ではないので、前売り九百円という入場料だ。ありがとう写真美術館!。

 会場の写真美術館のホールは一九〇席ほどで、スクリーンや音響設備も決して立派とは言えない。しかし、興行として成り立たないような地味な作品を定期的に上演しているようだ。入りは寂しく四〇名ほど。
 上映に先立ち美術館職員の説明がある。曰く、今回は私も行ったことのある沖縄県立博物館・美術館のアーカイヴにあるニュープリントでの初上映(厳密には当映画祭での第一回上映の二十一日に続き二回目)とのことで、遙々沖縄から駆けつけた沖縄県立博物館・美術館館長から一言挨拶がある。
 続いて上映が始まるが、最初の床屋のシーンがスクリーンに映されたとき、何とも言えない気持ちになった。封切り時に知らなかった映画を後で知ると、テレビ画面でしか観られないことが殆どだ。しかし、諦めていたウンタマギルーを今スクリーンで観ている。この世に思い残すことが確実に一つ減ったと感じる。
 ニュープリントの画質は良好とは言えないように感じた。二十年という歳月の間に、確実に原盤の劣化、退色は進んでいる。今ぐらいの内に早くDVD、出来ればBD(再生機材を保っていないが)化してくれないだろうか。

 エンドロールまできっちり観て、駅の反対側の「縄のれん」で久し振りに立ち飲み。ハイボール三八〇円、ビール大瓶七八〇円、やきとり一本一六〇円と、およそ立ち飲み屋の値段ではないが、ここの牛はらみ串と、油ギトギトで食べると体調を崩す煮込みが、時々無性に食べたくなるのだ。

|

« ミーシャ・アスター「第三帝国のオーケストラ」(早川書房二〇〇九) | トップページ | レナルトの千人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミーシャ・アスター「第三帝国のオーケストラ」(早川書房二〇〇九) | トップページ | レナルトの千人 »