« 2010年2月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年3月10日 (水)

ヤマカズのDVD

NHKクラシカルDVD

管絃楽/NHK交響楽団
指揮/山田一雄

 曲目は収録日順に、

黛敏郎/曼荼羅交響曲
一九七六年一〇月一三日 NHKホール

モーツァルト/交響曲第三十八番ニ長調K.五〇四「プラハ」
マーラー/交響曲第五番嬰ハ短調
一九八五年二月一三日 NHKホール

モーツァルト/交響曲第十四番イ長調K.一一四
モーツァルト/交響曲第四十一番ハ長調K.五一一「ジュピター」
一九九〇年一一月二六日 サントリーホール

他に特典映像として「喝采!指揮棒ひとすじ 山田一雄 指揮者生活50年」(一九九〇年一二月二四日放送)が収められている。七六年はヤマカズ初のN響定期登場。八五年はスウィトナーの代演(確かABC定期を朝比奈、山田、渡邉が振り分けたのだった)。九〇年は梶本音楽事務所主催の「楽壇生活五〇周年記念演奏会」からの収録。

 「ウンタマギルー」をスクリーンで観られたり、ヤマカズのDVDが出たり、諦めていたことが次々と実現して、何か反動で嫌なことが起こらないかと心配になってしまう。十年近く前にマーラーの最後五分ほどが「二十世紀の名演奏」で放映されたのを、録画して大切に保存していたが、遂に全曲を視聴する事が出来た。
 「曼荼羅交響曲」はヤマカズ六十四歳の演奏。見た目は晩年とさほど変わらないが、動きはきびきびしている。現代物なので指揮ぶりも的確。よく「棒が判りにくい」とか「タコ踊り」などと言われていたが、棒自体は決して判りにくくないのだと思う。恐らくオケが混乱するのは、振り間違えたか、どこだか判らなくなった時なのだと思う。何故か客席前方に置かれていると思しきカメラの映像のみ甚だしく劣化しており、そこだけお化けのような映像になっている。指揮台のカーペットが緑色なのも珍しい。
 一九八五年のモーツァルトとマーラーはヤマカズ七十二歳。正に全盛期の演奏。経験的にヤマカズの実演では眼鏡を外した場合は相当乗っている時であり、第一楽章の途中で眼鏡を外したマーラーは大熱演。じっくり唄わせる音楽作りも素晴らしくて圧倒される。ただし、不感症のようなN響の演奏も当時らしい。何をやっても地蔵のように無表情なコンマスの徳永二男は、当時日本人や二流指揮者が振るといつもあんな感じだった。依頼公演などでのやる気の無さに腹を立てて、少年だった私は出来るだけN響を避けていたものだった。
 一九九〇年の記念コンサートは七十九歳、亡くなる九ヶ月前の姿。この公演は私も客席で聴いている。この時はN響も依頼公演のため気が抜けており、ムードが穏やかに感じられる。ヤマカズの動きは最晩年なので判りにくくなっているが、N響がリラックスして指揮棒に食いついていないので、かえって充実した演奏になっている気がする。思い返せばこの年のヤマカズは、楽壇生活五〇周年で武蔵野合唱団(五月)、新日本フィル定期+特別(「ダヴィデ王」再演、十一月)、本公演、新星日響定期(「ガイーヌ」他、十二月)、新日本フィル第九(十二月)と記念の年に相応しい大活躍をして、私もその殆どを客席で聴くことが出来た。私の音楽体験の一番濃い一年だったように思う。

 一九八〇年代の音楽界は、昭和御三家(朝比奈、山田、渡邉)が元気に活躍しているところに、中堅若手の指揮者も伸びてきて、楽壇全体に活気が漲っていた。アケさん、ヤマカズが死んだとき、音楽ファンは何時でも聴けると思っていた昭和御三家の偉大さに気付き、その後の朝比奈フィーバーへ向かったのだと思う。朝比奈が録音、映像ともに多く残されているのに、渡邉、山田は少なかった。しかし最近になって、渡邉は日本フィルが膨大な録音を一気にCD化、山田は各社から音源が復活している。日本にもこれだけの大音楽家が存在したことを後世に伝えるためにも、このような動きを心から歓迎したい。決して大儲けが期待出来る類の事業ではないので、関係各社の良心にすがって、この動きが続くことを祈っている。
 あまりの嬉しさに、全部一気に観てしまった。もう一度一曲づつじっくり観直そうと思っている次第。

| | コメント (0)

2010年3月 5日 (金)

レナルトの千人

新宿文化センター開館30周年記念演奏会

独唱/安藤赴美子、木下美穂子、安井陽子(ソプラノ)
    加納悦子、小川明子(アルト)、福井敬(テノール)
    福島明也(バリトン)、久保和範(バス)
新宿文化センター開館30周年記念合唱団(合唱指揮/山神健志)
オーケストラとうたうこども合唱団(指導/右近大次郎、二瓶由貴)
早稲田少年合唱団(指導/小松晴子)
鷹南学園三鷹市立中原小学校合唱団(指導/小林莊子)
合唱指揮/郡司博
オルガン/高橋博子
管絃楽/東京フィルハーモニー交響楽団
指揮/オンドレイ・レナルト

マーラー/交響曲第八番変ホ長調「千人の交響曲」

 新宿文化センターはマーラーの交響曲第八番「千人の交響曲」(以下「千人」)が好きらしく、一九九四、一九九九、二〇〇四年と、周年事業の時に千人を取り上げている。今回は開館三〇周年の記念事業。
 レナルトの千人は一九八九年に新星日響を振ったCDを持っている。その時の演奏も、今回の演奏も基本的なアプローチに変更はなく、一言で言えば穏健な演奏。そもそもレナルトは熱演型ではなく、奇をてらった演奏をすることは少ないので安心して聴いていられる。オケにも合唱にも常に抑えめの指示を出し、ここ一番で大音量を要求する音楽作りは、千人のような高カロリーな曲を、オールフォルテになるがちなアマチュア合唱団と演奏する場合、正しいやり方だと思う。
 東フィルの演奏は依頼公演のため若干練習不足に感じたが、レナルトとは新星日響時代からの付き合いなので綻びは無し。縦の線をキッチリ合わせてくる指揮者ではないので、大らかな演奏と言えるだろう。
 臨時編成の合唱団は老人会の様相。ベンチ無しの雛壇に一時間半立っていられるのか心配になる。合唱人口の高齢化が如実に表れた感じがする。レヴェルは何とか合格点という所か。常設でない合唱団を半年でここまで纏めた指導者は大変だったろう。児童合唱は黄色い声を出さずに好演だったが、人数の割に音量が不足気味だった。
 独唱陣はテノールのみ声量が飛び抜けており、非常にバランスが悪い。そのテノールが相変わらず自己陶酔な歌唱なので、レナルトの穏健な音楽から一人浮き上がっている感じだ。テノール以外はレヴェルが揃っており好印象。この曲における第二ソプラノの重要さを改めて感じた。ソリストは指揮者の上下に配置していたが、千人の独唱者は、第一部はオケと合唱の間、第二部は舞台前面に配置したい。合唱と独唱全員がトゥッティの場面で、福井敬の声ばかり聞こえた。
 客席は満席だったが、やはり合唱団の関係者が多いようで、カーテンコールで第三ソプラノが舞台に現れると、「あらあんな人居なかったわよね」などという声が聞こえた。

 第一部のコーダ、バンダが加わる五六四小節(練習番号九一)から突然猛烈にテンポを煽り、何だか判らない内に第一部が終わってしまったが、そこまでがそれほど煽って居なかったので取って付けたようだった。合唱の細かい音階パッセージを唱えないので苦肉の策だったのかも知れないが、ここはテンポを上げず、ちゃんと唱わせて欲しかった。また、第二部の合唱が唱う最後の「hinan」の「hin」(一五二七小節、練習番号二一八の前)をあり得ないような大フェルマータにしたのは、合唱団へのサービスだろうか。いい悪いは別として、聴いていて「やってくれたー!」というカタルシスがあったことは否めない。アマチュア合唱団とのライヴならではのオマケということだろう。

 今年はマーラーの生誕一五〇年、来年は没後百年に当たるが、今のところ千人の上演予定は本公演のみのようだ。せっかくのマーラーイヤーなのだから、千人や、上演機会の少ない四番、大地の歌などを取り上げて欲しい。

| | コメント (2)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年5月 »