« 2010年3月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月25日 (火)

どぶろく造り

 以前旅先の民宿で自家製のどぶろくを頂いた。発酵途中で丁度飲み頃と勧められたのだが、絞っていないので見た目はゆるく炊いた粥のようだった。飲んでみると得も言われぬ香りと味わい、酸味と甘味のバランスに炭酸の刺激が素晴らしく、クイクイ飲んでしまう。ところが、酒のつもりで飲んでいるのだが米粒の入った粥のようなものだから、腹にたまって大変。酔っぱらうよりは満腹感の方が強い感じだった。
 ネットでどぶろく造りについて探すと幾らでも出てきて、かなりのどぶろく愛好者がいることが判る。結構簡単に出来るようなので、自宅でどぶろく造りに挑戦してみた。

 まず米三合をかなり硬めに炊く。本当は蒸籠で蒸かした方がいいようだが面倒なので電気釜を使う。この時酒を少し加えるとよいらしい。この炊いた米を、果実酒用の広口瓶に入れ、水一、五リットル加えて攪拌する。温度が四〇度以下くらいに下がったら、米麹二〇〇グラム、ドライイースト六グラム、ヨーグルト種菌一グラム、砂糖小さじ一杯を加えて更に攪拌する。後は時々かき混ぜてやるだけでいい。
 原料の分量は色々な情報を元にして決めたが、はっきり言って適当。米麹二〇〇グラム、ドライイースト三グラム分包、ヨーグルト菌一グラム分包の単位で販売されていたので、半端を出さないようにしただけだ。

 現在三日目。最初はふつふつと発酵が始まり、米粒が浮き上がって盛んに炭酸ガスらしい気泡が発生していた。二日目あたりから、米粒の形を失った沈殿物が堆積し始め、酒らしい味がして、アルコール度数も上がってきたようだ。粥状のままでは腹にたまって仕方ないので、今日あたり絞ってみようかと思っている。所謂濁り酒と酒粕が取れるから、酒粕は魚の粕漬けにでも使ってみようかと思う。

100525_06390001

 なんて、全部うそ~。

| | コメント (4)

2010年5月12日 (水)

釣れない高原川

 四月から三回ほど、岐阜県の高原川へ釣行した。去年は二回行って、そこそこ(一日三~四匹程度)の釣果を得ることが出来たのだが、今年は大惨敗。

四月三日 本流  ゼロ
四月四日 本流  ゼロ
五月二日 本流  ゼロ
       蔵柱川 ヤマメ一
五月三日 本流  ゼロ
五月八日 蔵柱川 ゼロ
       本流  ゼロ
五月九日 本流  ニジマス一
五月十日 本流  ゼロ
       蔵柱川 イワナ三、ヤマメ一

 とにかく、本流は六日竿を出してニジマス一尾の惨憺たる結果だ。場所を変え、餌を変え、仕掛けを変えて、日によって水量も減水から増水まで様々な条件なのに、本流では恐らく全部で二回しかアタリが無く、ようやく一尾を釣ったのみである。去年と同じところで全く釣れないのですっかり自信を無くしていたのだが、最後に入った支流では一時間足らずの間に四尾(他に放流サイズ一尾)を釣り上げた。私の釣りに問題があるとすれば、釣り自体の技術ではなく、ポイントの見極めにあるのではないか。
 つまり、初めて入った支流では、ポイントを探りながらの釣りだが、本流では以前に釣れた場所ばかりに竿を出している。去年釣れた場所でも、条件が変われば魚が付いていないこともある。同じ釣り場に通うことが横着な釣り方に陥ることになったのだろう。
 ただ、自己弁護のためにも言いたいのだが、やはり去年に比べて魚の数が少ないような気がする。

 七日竿を出して、今年初めて買った年券の元は取ったので、今年の高原川釣行は恐らくこれでお終い。六月の鮎解禁、七月の新潟釣行に向けて準備態勢に入る。

蔵柱川のイワナとヤマメ(一番下は同行者が釣ったヤマメ)

100510

| | コメント (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年6月 »