« ホワイトマリンⅡ | トップページ | 車中泊旅行 »

2010年8月23日 (月)

NHK甲府のバカ

 子供の頃からラジオが好きで、家にいる間やクルマで移動中は常時ラジオをつけている。長野県の山間部に活動拠点があるため、年に何度も中央道又は甲州街道を往復するが、愛して止まないTBSラジオの電波はほぼ全区間で受信可能だ。山間部の活動拠点にも屋外にロングワイヤーアンテナを設置しているので、夜間はフェージングに悩まされるものの、比較的良好に受信できるのだ。
 ところが、一箇所だけ全くお話にならない地区がある。それは甲府盆地の西側一帯。詳しく言えば中央道の甲府昭和インター付近の一帯である。このあたりではどうしてもNHKの電波が混信して、TBSがかき消されてしまうのである。四年前にクルマを買い換えて以来、カーラジオの性能が上がったせいか、混信する範囲は狭くなったような気がするが、前のクルマの時は甲府盆地全体が混信地域だった。
 混信の犯人はNHK甲府放送局のラジオ第一放送。927キロヘルツ、五キロワット。TBSとは二十七キロヘルツ(3チャンネル分)も離れているのに強烈に混信してくる。最初私は中央道の双葉サービスエリアから見える電波塔が送信所かと思っていたが、あちらはYBS山梨放送のアンテナらしい。NHK甲府は甲府昭和インターを過ぎると右側の道路脇に立っている鉄塔のようだ。
 中央道を走りながらTBSを走っている人は多いと思うが、笹子トンネルを越え甲府盆地にはいると受信状態が悪くなる。そして甲府昭和付近でどうにもならなくなるのでチャンネルを変えるかラジオを切るかを迫られる。しかし、ここで音量を絞って暫く我慢していれば、須玉の先辺りで再びTBSが聞こえるようになるのである。

 ところで、こんなにTBSラジオが好きな私だが、近年聴いていられない時間帯があることが残念だ。車で移動していることが多い日曜の九時台。日曜の朝から「リスカ(ってなんだよ!)だの、暴力だのと、本当なら深刻すぎるし、やらせなら全く面白くないテーマに、無駄にテンションの高い関西弁が、バカの一つ覚えみたいに「ウイアー親戚」「電話で繋がっている」を連呼する番組は、痛すぎて聴くに堪えない。一日中TBSラジオをつけっぱなしにしておきたいのに、わざわざ消さざるを得ないのは、ファンとして悲しすぎる。早くあの不愉快番組が終わらないかなあ。

|

« ホワイトマリンⅡ | トップページ | 車中泊旅行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホワイトマリンⅡ | トップページ | 車中泊旅行 »