« 世界平和大観音 | トップページ | ドーム船アレルギー? »

2010年11月29日 (月)

諏訪湖のワカサギ

 最初に諏訪湖でワカサギ釣りをしたのは大学生の頃。デーゲームだった日本シリーズを聞きながら今は無き東洋バルブ前のボート釣りで、二人で八二〇匹。同行のW君より私の方が釣っていたので、五百匹近く釣ったのではないか。延べ竿二本での釣果だが、この記録は破られていない。
 以来約二十年、先々週の十一月十三日に新記録が出た。初のボウズである。今まで最低だったのは十数年前に諏訪湖マラソンだかの開催日に当たって、早朝から花火は上がるわ、ヘリコプターは飛び回るわで散々だったが、それでも何十匹かは釣れた。それがゼロである。レジャーセンターのドーム船だったが、団体と一般客で満員。しかし、誰も釣れていない。ドーム内は多い人で三~四匹、ドームの外側でも十匹がいい所。ドーム内の大半がボウズという惨状。昼前には団体も引き上げ、私も同行者も、一匹も釣れず正午過ぎに撤収。小さめの針、紅サシは半分に切る、赤虫も使う、横着せず誘う、柔らかい竿と一号のオモリというやるべき事はすべてやった結果だ。にもかかわらず、翌日の釣果速報では、レジャーセンターはデータ無しだったが、民宿みなとが九十八~七四〇、観光汽船が七五〇~九四〇(ダイワのサイト)となっていた。どう考えても大嘘である。

 十一月二十九日、リベンジのために諏訪湖に向かう。職場の入っているビルが電気設備点検で停電のため強制有給休暇となったので、空いている平日に行く事が出来た。今回は下諏訪側の諏訪湖旅館のドーム船に乗船。午前中は地元の団体のオバチャン達と一緒だったが、団体が引き上げた午後からは小さなドーム船が一人で貸し切り。昼まではポツリポツリ釣れる感じだったが、午後二時頃から風が強くなり波が立ち始めると爆釣モード突入。最後の二時間で稼いで二三四匹。二年ものも結構混じって満足出来る釣果だった。
 前回の沈黙は無風だったのが理由のようだ。今回も穏やかな午前中は低調だったのに、風が吹いて波が立ち始めた途端に釣れだした。波が立ち、水が動くとサカナも動き出すのだろう。
 ここ数年では最高といわれている諏訪湖だが、話半分に聞いておくべきだろう。そもそも釣果情報は、千匹釣れたと書かれていても内訳が判らない。一人で釣ったのかグループの総釣果なのか、一人何本竿を出していたのかがぼかしてある。釣具メーカーや漁協の情報と思うからいけないのであって、釣り師の話と思えばいい。

 土日に予約でいっぱいのドーム船で窮屈な思いをして、帰りの高速で渋滞に嵌るのは難行苦行だ。ワカサギ釣りは平日休みを取って行くに限る。

|

« 世界平和大観音 | トップページ | ドーム船アレルギー? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世界平和大観音 | トップページ | ドーム船アレルギー? »