« 2011年1月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月25日 (金)

にっぽんの客船タイムトリップ展

INAXギャラリー(二〇一一年三月三日~五月二十一日)

 東海汽船の株主総会へ行ってきた。事業報告の中で社長が、かめりあ丸の代替について触れ、二三年の内には建造しなければならないと発言していた。確かにここ二年は黒字で来ているが、震災の影響まで含んでいない発言なので、今現在の方針と思う方がいいだろう。震災の影響を考えると、燃料の高騰、経済の低迷、旅行需要の低下、船渠の混雑などで、当分は新造船どころではないような気がする。総会自体は毎年質疑応答で時間がかかる、「株主優待を五〇パーセントに戻せ!」「一円でも配当しろ!」の二大勢力が今年はおとなしかったせいで一時間で終了してしまい、時間が余ってしまった。

 そこで京橋のINAXギャラリーで開催されている「にっぽんの客船タイムトリップ展」を見てきた。これは昭和十年代に建造された客船二隻、大阪商船の「あるぜんちな丸」と東京湾汽船の「橘丸」を中心に、日本の客船黄金時代をデザインを中心に振り返る展覧会である。展示内容は写真、模型、パンフレット類が殆どで、それほど貴重なものという感じではないが、入場無料なのでついでがあったらちょっと見てくるといい感じだ。ブックレットも一五七五円で販売しており、期待して買ったが、要はこの展覧会の図録であった。
 勿論私は橘丸に期待して見に行ったのだが、メインはあるぜんちな丸で、橘丸については船内の写真や模型、竣工時のパンフレットが展示されているだけだった。橘丸の資料としては「日本の客船シリーズVol.1橘丸」(モデルアート)が建造から解体までを網羅しているので、資料的価値は高いと思う。
 さて、本展の主役あるぜんちな丸であるが、客船黄金期の最後に建造されたものの、僅か三年半の稼働で海軍に買収され、航空母艦に改造された後に失われた悲劇の船である。写真や模型で見る限り、戦前の日本にこれほどまでと思わせる、贅を尽くした客船である。展覧会の趣旨としては内装の装飾などをクローズアップしているが、私が感じたのは船自体の容姿の素晴らしさだった。
 現在、定期航路に就航しているカーフェリーは、大抵が見るも無残な容姿をしている。艫と舳先にランプを設けるために、艫には丸みが無く舳先には鋭さがない。新しいさんふらわあごーるど・ぱーる姉妹など角の取れた豆腐のような船形で、美しさのかけらも感じられない。東京湾フェリーや宮島航路みたいに、船としての容姿を完全に捨てているのなら諦めもつくが、どうもいただけないのだ。その点、豪華客船は美しい容姿が見られるが、こちらは生活臭がないので、実用品でないような気がして好きになれない。あるぜんちな丸は豪華客船と言われているが実際には貨客船なので、船体に対する居住区画が小さく、全体にスリムな形をしている。それに比べ橘丸は純客船なので、もう少し居住区画が詰まっている感じがする。そしてどちらも舳先と艫の形状がスマートで美しい。
 東海汽船で言えば一九六四年のさくら丸から一九七三年のさるびあ丸(橘丸の代替船)までの純客船群が容姿端麗な船たちだったと思う。その後建造された純客船は艫が丸くない上にシアーライン(舷側線)が真っ直ぐで趣がない。また、すとれちあ丸(一九七八年)以降の貨客船については、純客船とは尺度が異なるので比較できないが、質実剛健なすとれちあ丸が好きだった。
 現役の船に美しさを感じられない今日この頃だが、美しい船が二隻、東京近郊で現役で活躍している。一つは横浜港の遊覧船「ロイヤルウイング」。言うまでもなく元は関西汽船の「くれない丸」(一九六〇年)であり、日本の客船の美しさを集大成したような船だ。遊覧船なので今風の塗装になったり細部を改造されたりしているが、船全体の姿は溜息が出るほど美しい。そしてもう一つは神新汽船の「あぜりあ丸」(一九八八年)。小型の貨客船だが離島航路らしい頑丈な船体は、いかにも島民の暮らしを支えているという逞しさを感じられる船だ。そしてついでに付け加えると、この航路では「にっぽんの客船タイムトリップ展」に展示されていた花毛布を今でも見ることが出来る。生活航路で花毛布が見られるのは、日本中でここだけだろう。

| | コメント (0)

2011年3月18日 (金)

GPSマニア

 子供の頃某野外活動団体に所属していたせいで、地形図や地図が好きである。その延長線上にあるのか、GPSで軌跡を記録することに執着している。親しい友人からは「自己愛の一形態としての自己ストーカー行為」と揶揄されるが、好きなんだから仕方ない。
 一番最初は台湾のガーミン社製のイートレック(eーTrex)というGPSロガーを購入した。東京から伊豆大島へ向かう夜行航路の航跡を記録したところ、東京港口の東京灯標付近で停泊後、未明に大島沖に差し掛かると、時間調整のために大島付近を無駄に航行している(停泊すると横揺れ低減装置が効かなくなるためと思われる)ことを発見して、大喜びしたものだ。
 当時のGPSロガーは、軌跡データを本体内蔵のメモリーにしか記録できなかったため、連続で丸一日程度しか使えなかった。そこで、数日間にわたる旅行のために、同じGPSロガーを複数台購入し、データ吸い上げ用のサブノートパソコン(東芝リブレット)を中古で買ったりと随分投資をした。おかげで、今はなきフェリー「ありあけ」の東京~那覇往復の航跡などという長大なデータを得ることが出来た。
 今思えば、乗り鉄をやっていた頃(二〇〇〇年前後の六~七年)にこんな玩具があったら面白くて仕方なかっただろう。当時は日本全図の白地図に、既乗路線をJR線、旧国鉄転換線、民鉄線に分けて色塗りし、既乗路線が日本の形になっていくのを喜んでいたが、GPSの軌跡を見られたらよりリアルだったろうと思う。

 今までに購入したGPS機器の使用感を並べてみる。

・eーTrex(ガーミン)
 ハンディGPSロガー。液晶画面はあるが軌跡表示のみで地図表示機能はなし。外部メモリ、外部アンテナなし。パソコンとはシリアル接続のみ。単三電池二本で約二十二時間作動。一台目は破損、三台目は動作が不安定だったため、トータルで四台購入。
 使いやすかったが、記録できるトラックデータの少なさがどうにもならなかった。

・PGMー一一一(ポルスター)
 パソコンに接続するGPSユニット。パソコンとはUSBーシリアル変換器を経てUSB接続。ノートパソコンに繋いで、カシミール3Dやスーパーマップルデジタルに軌跡を記録するのに使用。接続方法が安定しなく、活躍は短かった。

・BUー三五三(グローバルサット)
 USB接続のGPSユニット。車載パソコンとの組み合わせでナビ代わりにして遊んだ。大変感度が良く、eーTrexが故障して軌跡が取れなかったと思った駿河湾フェリーの航跡を、車両甲板から記録し続けていたのには驚いた。

・DGー一〇〇(グローバルサット)
 液晶表示などはないGPSロガー。単三電池二本で二十四時間近く稼働し、ログの頻度等も設定できるので、長い旅行でも場面によって設定を変えれば、かなりの記録が取れる。形状が悪く取り付けに苦労するのと、防水仕様でないのが難点。外部アンテナも購入したが、ケーブルが五メートルもある上に、コネクターの形状に難があり使い物にならなかった。

・GPSMAP 六〇CSx(ガーミン)
 地図表示、ナビゲーション機能を備えたフラッグシップ機。道路地図、地形図、海図などをマイクロSDカードの差し替えで切り替えられる。二年ほど前に購入以来、これ無しでは出かける気にならない。クルマで出かけるときはダッシュボードに設置して外部アンテナを繋ぎカーナビとして。徒歩、鉄道の時はリュックからぶら下げて。釣りの時はポイントの記録にと、大活躍している。
 一年半ほど使ったところで電源ボタンが陥没して使用不能になったが、購入店に問い合わせた所、部品交換等の修理は不能。新品交換で二万二千円だった。故障内容からすると高い気もするが、新品になったのでよしとする。

・WPLー二〇〇〇(ウィンテック)
 最近手に入れた小型GPSロガー。単四電池二本で十九時間稼働。液晶画面あり、地図表示無し。この機種の機能では、「シェイクモード」がとにかく素晴らしい。五分(変更可)以上停止しているとスリープモードに入り、振動を与えると復帰するというもの。これを生かしておくと無駄なくログが取れる上に、電池の持ちも格段に伸びる。大きめのUSBメモリーのような形状で、パソコンに差すとプログラムが立ち上がり、グーグルマップに軌跡を表示するほか、色々な形式のファイルに変換できる。地図表示を求めず、ログを取るだけの用途ならば、サイズの問題も含め六〇CSxを上回る。電圧表示が段階的でなく、電圧警告の表示期間が短いので、電源断になっていることに気づきにくいのが欠点。

・GPS Walker(ロコシス)
 MP3プレイヤーとFMラジオ機能が付いたGPSロガー。単三乾電池一本で九時間稼働。液晶画面あり、地図表示無し。外出時に同時に使いたい機能が一緒になっているので素晴らしいと思ったのだが、まだ試作品の域を出ていない感じ。
 GPSロガーとしては感度は良いし、内蔵メモリが(音楽データ分を含め)二ギガバイトもあるのでログはほぼ無制限に取れる。更にUSB接続すると音楽データもログデータもUSBメモリーと同様に取り扱えるのは素晴らしい。一方、MP3プレイヤーとしてレジューム機能が無く、停止する度に一曲目の頭から再生されるのは致命的。また筐体の作りも安っぽく、電池蓋やミニUSB端子の蓋などが危うい。電池部分が飛び出した形状も、胸ポケットに入れにくい。MP3にレジューム機能を付加し、電源を単四電池二本にして、USBコネクタ一体型にすればかなり良いものになりそう。FMラジオは聴いてません。

 現在は六〇CSxがメインで、WPLー二〇〇〇がサブという位置づけ。いつも鞄の中にWPLー二〇〇〇と予備電池を携行している。いつもGPSロガーを携帯していると、急にバスに乗ったときなど、後からどの道を通ってきたのかが確認できて面白い。

| | コメント (0)

2011年3月 1日 (火)

ソニー/ICZーR五〇

 ソニーの新製品。昔、ソニー小僧だった私だが、ここ十五年くらいは単体のラジオ受信機以外のソニー製品を購入していない。技術で売っていたソニーの電気製品と本田のクルマには、八〇年代後半以降魅力を感じなくなっていた。
 そんなソニーが遂にやってくれた。エアチェックという言葉が死語になって久しいが、細々とラジオ番組を録音し続けていた私のような変人が待っていた製品だ。家電の新製品を発売日に予約購入したのは初めてかも知れない。
 概要を説明すれば、昔からある小型ラジカセの録音媒体がカセットテープからメモリーカードに変わり、最大二〇件登録できる予約録音機能を搭載した製品だ。この最大二〇件の予約録音というのが肝心なのだ。単一番組を予約録画するのであれば、チューナーとパソコンのサウンドカードを繋いで、タイマー録音ソフトで録音すればよい。私も長いことこの方法で録音してきた。しかし、一週間のうちに複数の録音したい番組がある場合や、旅行などで家を空ける場合に困るのである。なので、曜日時間帯や放送局がバラバラな番組を混在して予約録音できるのが有難いのだ。
 実はこの手の製品は、既にサン電子、オリンパス、三洋電機から発売されている。私はサン電子のトークマスターⅡを何年か使っている。予約録音機能においてはトークマスターⅡもICZーR五〇もさほど変わりはない。オリンパスのラジオサーバーは心が動いたが、値段が高すぎることと、録音方式がWMA形式だけなので、今までのMP3形式と別形式になるのが嫌で思いとどまった。三洋のRSシリーズも、ポケットサイズのICレコーダーをクレードルに納める形態が気に入らなかった。部屋に固定で使用する形状で、AMの外部アンテナを接続できるものが出ないものかと期待していたのだ。
 そこに登場したのが、このソニー/ICZーR五〇である。まだ二週間ぐらいしか使用していないが、既存のトークマスターⅡと比べて良いところ悪いところを書き出して見る。なお、これはあくまで単体で使用し、録音したファイルのパソコンへの転送はカードを媒体にした受け渡しでの使用感である。

【良いところ】
・筐体が大きい(弁当箱くらい)ので、固定使用に安定感あり。
・ステレオスピーカー内蔵で、据え置きラジオとしての満足できる音質。
・日本語表示ボタンで、取扱説明書を見ずとも大体の操作ができる。
・AMの感度はまあまあ。内蔵アンテナでもそこそこ使える。
・外部記録媒体がSDカード対応(メモリースティックだけじゃなくて本当に良かった)。
・録音方式がMP3(WMAじゃなくて良かった)。
・録音のビットレートが3種類のみ(一九二kbpsステレオ、一二八kbpsステレオ、四十八kbpsモノ)で、FM高音質、FM普通、AMで無駄に迷う必要がない。
・スリープタイマー搭載(録音だけに特化しておらず、枕元ラジオとして使いやすい)。
・カード媒体に自由な名前のフォルダを作成できるので分類が楽。
・地域ごとの放送局がプリセットされており、自動生成される録音ファイル名にも日時と放送局名が入る(ローカル局のみ)。

【悪いところ】
・録音レヴェルが低い。
・自動時刻修正機能がない。

 と、良いところが殆どなのだが、時刻修正機能がないのはかなり痛い。ネット接続環境にあるパソコンに接続して、付属ソフトを立ち上げると、時刻サーバーに接続して自動で修正するらしいのだが、時刻修正機能は単体でつけて欲しかった。トークマスターⅡはNHKーFMの時報を受信して自動で時刻修正をする(多分?)ので、単体でも時刻が狂わないのだ。おそらく同じ機能を持たせるとFM用のロッドアンテナを伸ばしておかないといけないのが、この機能を非搭載にした理由ではないかと勝手に推測する。確かにトークマスターⅡではFM用のワイヤーアンテナを常時張っておかなければならないから邪魔ではある。録音媒体をカードにした段階で、単体のみでの使用する想定を切り捨てたのだろう。事情はよく解るのだが、それほど搭載が大変な機能とも思えないので、両方搭載して欲しかった。
 ラジオの録音は冒頭が時報の正時音、「ポーン」から録音されていないと嫌な私が神経質すぎるのか。乗り鉄だった影響か、時計の時刻は一秒でも狂っていると気に入らない。自宅で自分が見る範囲の時計は全て電波時計である。正時がずれるデジタル放送は気持ちが悪い。だから、音質が良いと言われても、ラジコから録音する気にはならないのだ。もっとも、ラジコは頻繁に落ちるわ、しょっちゅう音声はとぎれるわで、到底本放送と比べられる代物ではなく、難聴対策用の域を出ていないと感じる。

 パソコンと接続して使うとまた印象が変わるかも知れないが、常置場所をパソコンから離れた枕元にしてしまったので、当分は単体での使用が続きそうだ。そもそも、パソコンに近づけるとノイズを拾うので、この辺の兼ね合いをメーカーとしてはどう考えているのだろうか。
 すぐにバージョンアップしたりはしないだろうが、数年後に後継機(?)が出るまでは付き合うことになりそうだ。他社からも類似製品が出ることで、このジャンルの製品が洗練されていくことを願っている。

【半年使用レビュー】(二〇一一年九月七日)

 半年間毎日使ってみて、若干補足する。
 まず記録メディアのSDカードだが、対応している三十二ギガバイトの物を挿すと、起動にものすごく時間が掛かるようになる。起動時にカードの内容を読みに行くらしく、数十秒も経ってから音が出る。録り貯めが出来るように三十二ギガを買ったのだが、お話にならないので二ギガに戻したので、録り貯めは三週間ぐらいしか出来ない。
 そして、何ともダメダメなのが最初にも書いた時刻修正機能の件。何がダメかというと内蔵時計の精度が著しく低いのだ。恐らくゼンマイ仕掛けの時計でも入っているのだろう。一日一秒以上コンスタントに遅れていく。なので一週間も時刻修正しないと、番組の第一声が切れてしまうのだ。せめて進んでくれればまだ救われるのだが、遅れるのは致命的。このおかげで肝心な部分を録り逃がすケースが何度もあったので怒り心頭だ。
 そして、パソコンに接続しないと時刻修正が出来ないのに、接続したままだとタイマー録音が作動しないという仕様になっている。こんな馬鹿な話はない。
 私の使い方では、SDカード内のMP3ファイルをそのままパソコンに取り込んで使っているので、何とか言う付属のソフトを使う必要はない。しかし、このソフトを立ち上げないと時刻修正が出来ないので、二三日に一度パソコンに繋いで、使いもしないソフトを立ち上げ、終了し、パソコンから外し、外すと勝手に電源が入るので手動で電源を切るという、非常に煩わしい作業を行わなければならない。ほったらかしておけば勝手に録音しておいてくれるという、一番期待した部分が、一番嫌な状態で中途半端である。
 音質の悪さ(強音部の音割れ)や録音レヴェルの低さは我慢できる範囲だが、この時刻修正の問題は致命的だ。大いに期待して使い始めたが、この部分が改善された同様機種が発売されたら、迷わず買い換えると思う。期待が大きかった分、本当にガッカリというのが使用半年の感想である。現在は苦肉の策で、予約録音の時刻を全て番組開始一分前に設定している。今時こんなアナログな対応をユーザーに強いている事を、メーカの担当者は恥じるべきだし、もしファームウェアで対応出来る(ゼンマイ式だとしたら無理かも)としたら、即刻対応すべきだと思う。

| | コメント (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年4月 »