« 渓流釣り二〇一一 | トップページ | 下回り塗装 »

2011年4月25日 (月)

シャシーブラック施工

 私の愛車はスズキのジムニーシエラJB43。前のクルマから乗り換えて五年、先月二回目の車検に出した。まだ五年目で、走行距離も丁度五万キロほどなので大きな部品交換はなく、フルード類とVベルト類の交換程度で済んだ。ただ、東京多摩地区が本拠のわりに、雪道やダート道を無駄に走ることが多く、下回りに錆を伴う小傷が目につく。どうせ下回り足回りを一通り点検するついでにと思い、ディーラーで整備の打ち合わせをする時に「シャシーブラック施工は出来ますか」と尋ねたら、担当の営業氏がメカニックに確認して引き受けてくれた。
 ところが、翌週引き取りに行こうとディーラーに電話すると、「車検と整備は完了したが、シャシーブラックの塗料を取り寄せ中なので待って欲しい」と言う。私の考えでは、どうせ整備の時にはスチームで下回りを洗車して、リフトアップして、下回りを点検したりタイヤを外したりするだろうから、その時ついでにシャシーブラックを吹いてもらおうと考えていた。ところが、話の感じでは、塗料が届いたら一から作業をする感じだ。
 雪国では普通にやってくれるシャシーブラック施工だが、南関東では簡単に出来ないことに驚くと同時に、わざわざ改めてやってもらう位なら自分でやった方がいい気がする。出掛ける都合もあったので、その翌日クルマと、内訳にシャシーブラック施工料八千八百円と記載された領収証を引き取った。塗料が入荷したら連絡しますと言われ、当然、遅くとも翌週には施工してもらえるだろうと思った。もうやってもらわなくていいのだけど、「頼んじゃったんだから仕方ない」と、何故最初から自分でやろうと思わずに横着したのかと後悔した。「ついでに出来る」と勝手に判断した私のミスである。
 ところが、翌週までにディーラーから連絡はなく、もう忘れているんだろうと思っていた。そして一ヶ月以上経ってから、「塗料が入荷したので一日お預け下さい」との伝言が留守番電話に吹き込まれていた。最初に相談した時に「数週間から一ヶ月位掛かります」とか「やった事無いんで、何時になるか判りません」と言われていれば迷わず頼まなかった。普通に車検整備と同時に出来るという返事だったから頼んだのだ。既に自分でやる気になっているので、ワイヤーブラシ、防錆剤、塗料も購入してある。申し訳ないけど自分にとっては時機を逸しているのでキャンセルしたい。しかし、施工代金を払ってしまっているから、ちょっと厄介だ。
 少し思うところもあったので、日曜の夕方ディーラーに電話すると、いつも世話になっている営業氏が出る。色々言い訳をしてキャンセルしたい旨を申し出ると先方も困っている様子。それはそうだろう。他で使う見込みのない塗料を取り寄せた挙げ句キャンセルされたらかなわないのはよく解る。そこで準備していたリトマス試験紙の一言を言ってみる。「お金払っちゃった分はいいですからキャンセルさせて下さい」
 私が営業の立場だったら、「ではその分次回値引きさせていただきますので」というのが無難な返事だろう。一瞬良心的に聞こえるが、実は「次来ないと丸損だよ」という脅しである。ところが営業氏の返答は「そこまで言われるなら仕方ありません」とのことだった。あまりの返答に思わず「申し訳ありません」と言って、すぐに電話を切ってしまった。
 作業日時まで予約してあった上でのキャンセルで、材料、作業スペース、スタッフ全てが無駄になったとしても、対価は全額払っているのだから楽した分ディーラーの儲けだ。今回は塗料代以外はディーラーの丸儲けなのだから私が恐縮することはないと思うのだが、何だかよく判らなくなってしまう。
 私がクルマを買ったスズキのディーラーは、よほど儲かっていて忙しいらしく、儲からなくて手間の掛かる客を蔑ろにする傾向があるようだ。去年私のクルマにリコールがかかり、ハガキが来たので電話してみたら、「土日は一杯です」とにべもなく断られた。リコールの修理というのはメーカーの落ち度であるから、ユーザーに迷惑をかけているわけで、優先的にやってくれるのかと思いきや、実に淡々と断られた。仕方なくその翌週に施工してもらったが、Vベルトのプーリーを交換するだけの五分もあればカタがつく作業だった。
 私は今乗っているクルマに惚れ込んで購入した。たまたま自宅から一番近いスズキのディーラーがそこだっただけの話である。最初から店に行って「ジムニーシエラが欲しいんですけど」と相談し、苦手な価格交渉など一切せずに購入した。甘い客だとなめられているのだろうか。八千八百円といえば、手取りの日給とさほど変わらない。
 五年乗って、クルマにはますます愛着がわいて来ているが、ディーラーには愛想が尽きそうだ。しかし、他に頼める整備屋も無いのが実情で、自宅から近いディーラーに頼まざるを得ない。クルマを大切に乗りたいが故に悩むところだ。

|

« 渓流釣り二〇一一 | トップページ | 下回り塗装 »

コメント

けしからんっ

投稿: 立川の切ないおぢさん | 2015年3月16日 (月) 17時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 渓流釣り二〇一一 | トップページ | 下回り塗装 »