« 2011年11月 | トップページ | 2012年2月 »

2011年12月19日 (月)

芸大現代音楽の夕べ

二〇一一年十二月十八日(日)十五時 東京藝術大学奏楽堂

阿部俊祐/IL(二〇一一初演)
折笠敏之/Sedimentation(二〇一一初演)
安良岡章夫/合奏協奏曲第二番「トリアングラム」~ヴィオラ、ハープ、ヴィブラフォーンとオーケストラのための(二〇一一初演)
山田和男/交響的木曾(一九三九)

安藤裕子(ヴィオラ)、早川りさこ(ハープ)、藤本隆文(ヴィブラフォーン)
管絃楽/藝大フィルハーモニア
指揮/矢崎彦太郎

 芸大オケが山田和男の交響的木曾を取り上げるというので足を運んでみた。正直な所、交響的木曾以外の曲に何ら興味はないのだが、別に忙しくもないので早めに会場に到着する。予想通り、入りは三割程度か。なお、昼公演なのに「夕べ」と銘打っているのは、本来予定した公演が震災の影響で延期になったためらしい。
 昼食の肉豆腐定食にビールを一本付けたおかげか、前半は気持ちよく睡眠。所謂「ピーポー、ドカン、ガッシャーン」系の曲なので、都会の喧噪と同じで睡眠の邪魔にはならない。
 休憩後はヴィオラ、ハープ、ヴィブラフォンが指揮者の周りに並ぶ様子なので、近い方が面白そうだと三列目に移動。ソロ楽器を近くで眺められて面白いが、曲は全く面白くない。現代音楽の作曲家達は、こんなつまらない曲を半世紀も作り続けている事に疑問を持たないのだろうか。色々な作曲技法や演奏法を駆使した作品は、作曲家と演奏者の自己満足から一歩たりとも外へ出ない。客を楽しませない音楽など存在価値はない。私の定義では、音楽とは鼻歌になるものであり、その曲の旋律やフレーズが耳に残り、帰途思わず鼻歌で出てしまうのが音楽だと思う。

 目当ての交響的木曾を聴くのは三回目。曲として何度目の上演になるのかは知らないが、私の認識としてはすっかり名曲の仲間入りをした感がある。今までの小泉和裕、田中良和の演奏は、奇を衒わず好感が持てる演奏だった。今回の矢崎の指揮は、前二者と違って、思い切ったルバートや表情付けをしており、曲の魅力が一層際立つ演奏となった。想像上の山田一雄本人が指揮した交響的木曾はこんな感じではないだろうか。指揮者としての山田一雄は緩急自在な表現が素晴らしかったが、そんなスタイルに近い演奏である。
 伊福部昭や山田和男の曲は、所謂現代音楽ではない。落語で言えば「猫と金魚」や「試し酒」みたいに、作られた年代は現代だが、中身は古典である。このような曲が、オーケストラのプログラムに定着して、邦人作品特集とかでない普通の演奏会で普通に取り上げられるようになる事を祈って止まない。それにしても、現代作曲家の本流であるところの芸大作曲科の准教授や卒業生が、相変わらずの自己満足曲を書いている現状では、五十年、百年後に演奏される曲など現れようが無いだろう。

 初めて足を運んだ芸大の奏楽堂はいい雰囲気のホールだ。ただ、前の方に座ったのは失敗だったらしく、思ったより音が頭上を抜けていってしまった。舞台上の天井反射板が可動式なようだが、オルガンがあるので下げると見た目がみっともないのだろうか。前方は演奏者を見る席、演奏を聴くなら後方の席が良さそうである。

| | コメント (2)

2011年12月13日 (火)

幻の貨客船「ゆり丸」

ゆり丸(伊豆諸島開発) 貨客船四九六総噸
一九九八年関門造船で建造

 東海汽船から、かめりあ丸の代替船建造が発表された。予定通りに進めば、二年後には新造船就航となるので、あと何回乗れるかカウントダウンが始まった。年休消化を兼ねた休暇を取り、船に乗りに行く事にする。この時期に行くと、かめりあ丸だけではなく、幻の船ゆり丸に乗る事が出来る。一粒で二度美味しい、グリコみたいな船旅になる。

 日曜夜発の船は空いているだろうと思ったら結構な乗船率。どうやら島民が土日を東京で過ごして帰宅する需要が多いようだ。竹芝の船客待合所に着いてから、持ってきた株主優待券が去年の物である事に気づく。普段は割り引いてもらう分奮発して特二等に乗る事が多いが、今回は割引がないので二等和室。扉のすぐ横なので、誘導灯が眩しくて寝にくい区画だった。
 翌朝は式根島で下船。滞在時間が四時間あるので温泉で一浴するつもりだ。野伏港から歩いて地鉈温泉に向かう。北風なので波も静だが、適温の湯溜りが無い。あちこち探るが諦めて移動。足付温泉に行ってみると、こちらはぬるくて今一。松ヶ下雅湯は清掃中、さっき通った憩いの家は定休日。諦めようかとも思ったのだが、足付温泉の一番手前のぬるい湯溜りに入る。入ってみると、足元の細かい砂利の下から湯が沸いており、座ると尻の下から温まる。上半身はぬるい湯につかり、尻からじわじわ暖められるという理想の浴槽。誰も来ないので空を眺めながら野湯を堪能する。
 島内をぶらぶら歩いてから、池村商店で缶ビールとタタキ(魚のすり身を揚げた物)とお弁当を買い、野伏港の待合所で昼食にする。下田行きの乗船券を買うと、出札係のオバサンが「いつもは12時50分頃に入ってくるんですけど、きょうはゆり丸なので遅れています」と申し訳なさそうに言う。こちらは最初からそのつもりなので「承知してます。大丈夫ですよ」と答える。
 下田と利島、新島、式根島、神津島を結ぶ航路は神新汽船の運航で、通常は船舶ファン憧れの貨客船、あぜりあ丸(四八〇噸)が運行している。しかし、毎年十二月のこの時期はあぜりあ丸が入渠のため、伊豆諸島開発所属のゆり丸が代船として運行されるのである。このゆり丸という船は定期航路を持たず、あちこちに神出鬼没に現れるので、船舶ファンからは幻の船と呼ばれている。
 元の経緯を辿ると、小笠原の父島と母島を結んでいた伊豆諸島開発の航路に現在のははじま丸が就航した時(一九九〇年)、古いははじま丸(一九七九年建造)を第二ははじま丸と改名して予備船として残した。この予備船が、各所の代船として重宝されており、何と一九九八年に予備船の代替船として現在のゆり丸が建造されたのである。毎年、ははじま丸とあぜりあ丸の代船として就航するが、それ以外の航路にも代船として就航し、かつては鹿児島のトカラ列島まで赴いた事もある。この、滅多に乗れない船に、東京から一番近くで乗れるのが、この季節の下田航路なのである。

 通常より二十五分程遅れてゆり丸は野伏港に姿を現した。大きく回り込んで右舷を見せながら岸壁に近づき、右舷側の錨を降ろす。あぜりあ丸と同じくスラスターを装備していないが、操船の方法が少し違うようだ。錨を降ろしてから船尾を大きく振って左舷付けにする。
 乗り込むと乗客の区画は一フロアだけで、あとは上部甲板にベンチがあるだけである。客室フロアの側廊を回り込むと操舵室の下に行けて、荷役作業や進行方向を見られるのが嬉しい。もっとも航行中は盛大に水飛沫が飛んでくるのでズブ濡れ必至ではあるが。
 式根島を出ると早速の大揺れで嬉しくなる。フィンスタビライザーなどという小賢しい物が付いてないのが嬉しい。横風を受けて盛大にローリングしながら新島、利島に寄港。豪快な荷役を見物。利島を出ると向い風で盛大なピッチング。ジェットコースターのようで楽しくなる。ずっと外のベンチにいたのだが、日が傾いて寒くなったので船室に入って横になる。暫くすると気持ち悪くなってきてきたので、再び甲板に出る。神子元島に沈む夕日を見て、すっかり暗くなって下田着。
 オフシーズン平日の下田は閑散としている。平日だと特急は終わっているので、普通列車を乗り継いで四時間半。上陸四時間以外はほぼ乗り物に乗っていた二十四時間だった。

| | コメント (0)

2011年12月 6日 (火)

談志の芝浜

 NHKの談志追悼番組で芝浜(抜粋)を放送していた。二〇〇六年の収録とクレジットされていたので晩年の姿だ。
 談志の噺を見るのは太田光がプロデュースしたDVD以来だが、かのDVDでは切り替わるカメラアングルに惑わされて、談志の芸自体を評価しづらかった。今回の映像は普通の映像なので、安心して観ることが出来た。
 結論を一言で言えば、独りよがりな芸だ。どの登場人物(芝浜は二人しかいないが)も談志自身をしか感じさせず、徹頭徹尾談志が演じている次元から離れない。そして、科白がスラスラと出ないものだから、唸り声と身振り手振りと表情で表現する。これがまた紋切り型だ。噺の筋に入ってからは「斜めの圓菊」と全く変わらない。こう成ってしまうと映像無しでは聞き手に伝わらない。話芸でなくて顔芸である。かつて榎本滋民が圓生を評した「眼技」とは、似ているようだがメダカと航空母艦ほどの違い。どちらかと言えば、師五代目小さんの座敷芸、百面相のタコに近い。
 女房が真実を告白して、亭主に「別れないでちょうだい、あんたが好きなの」と掻き口説く場面など、談志はこれがリアリズムだと思っているのかも知れないが、女房が談志のままなので観ていて居たたまれないし気持ち悪い。こういう芸が好きな客と、こういう芸を目指す噺家が結構居ることも事実だが、私には噺とは違う芸の一ジャンルとしか思えない。そして、高座全編で発散している「どうだ俺は巧いだろう」というオーラが煩わしい。
 はっきり言えば談志の噺は下手である。立川談志という芸としては極まっているけれども、噺としては異端。立川談志としては名人。噺家としては普通かそれ以下。TBSが録った志ん朝の芝浜と観比べれば、噺家としての両者の実力の差は明らかだ。志ん朝や圓生の高座を映像で観ていると、何時の間にか演者の姿が消えるのである。例えば圓生の「木乃伊取り」。清蔵の最後の科白の後、圓生が向き直って頭を下げた時、「あ、圓生だったんだ」と我に返る瞬間がある。それまで観客は噺の世界に入り込んでしまい、酔っ払って楽しくなっちゃった清蔵を観ており、演者の存在を忘れているのだ。談志の高座ではこの感覚が皆無だ。
 談志のファンというのはクラシック音楽界で云えば宇宿允人のファンみたいなもので、談志ファンであって、落語ファンではないのである。

 一九七八年の落語協会分裂騒動を見ると、談志は志ん朝に嫉妬して、何とか志ん朝を超えようとあらゆる策略を練ったが、どうしても超えることが出来なかったようだ。いや、何とか追いつき追い越そうとすればするほど、差は広がっていくばかりだったと思う。将来落語協会のトップに君臨するために、圓生の不満に乗じて志ん朝と圓樂を追い出したが、計略外れて戻った志ん朝の香盤は下がらなかった。仕方ないからほとぼりが冷めた頃、真打昇進試験を言いがかりにして、協会から出て行った。
 もし談志が協会に留まっていたら、圓歌の次の会長は談志だったろう。しかし、それは志ん朝が早死にした結果であり、志ん朝が生きている限り談志がトップに君臨することはなかった。志ん朝を追い越したかった談志は、どうしたって協会に留まることは出来なかったのだろう。

 圓樂と談志が死んで、一九七八年の落語協会分裂騒動の首謀者が全員片付いた事になる。やはり気になるのは弟子たちの動向だ。圓樂と談志は自分が大将になるために弟子を道連れにした。追悼報道では両者とも弟子思いみたいに書かれているが、分裂前からの弟子は完全に被害者だと思う。先代金馬のように知名度のある自分はフリーになるが、弟子は協会に預けるというのが本当の弟子思い。圓樂の居ない圓樂党や談志の居ない立川流は苺の無いショートケーキみたいなもので、テレビに出ている数名を除けば、芸だけで食っていける芸人は殆ど居ない。しかし、今更協会に戻ろうにも難しいだろう。
 黒円楽(楽太郎)は歌丸のつてで芸協に合流を画策したようだが、断られたようだ。圓樂が弟子入り五年程度の粗悪真打を量産したせいで、基本真打十五年の芸協が受け入れられるはずもない。立川流も独自制度なので同様だろう。

 この際だから、圓樂党と立川流が合併して第三の協会を作るのがいいのではないか。客が呼べる(知名度があるという意味で、噺が巧いという意味ではない)のが円楽、好楽、志の輔、談春、志らく程度で。寄席の芝居は打てないだろうが、落語会ならばそこそこ工夫が出来るのではないか。
 落語界の二悪人、圓樂と談志が野心に燃えて掻き回した落語界を、弟子たちがどう収拾を付けるのか、はたまた数名を残して野垂れ死にとなるのか。虎は死して皮を残し、談志圓樂死して弟子路頭に迷う。
 さてこの収まりがどう付きますか。お時間で御座います。

| | コメント (2)

2011年12月 5日 (月)

NHK交響楽団第一七一五回定期公演

NHK交響楽団第一七一五回定期公演

二〇一一年十二月四日NHKホール

エリン・ウォール、中嶋彰子、天羽明惠(ソプラノ)
イヴォンヌ・ナエフ、スザンネ・シェーファー(アルト)
ジョン・ヴィラーズ(テノール)、青山貴(バリトン)
ジョナサン・レマル(バス)
東京混声合唱団(合唱指揮/松井慶太)
NHK東京児童合唱団(合唱指揮/加藤洋朗)
管絃楽/NHK交響楽団
指揮/シャルル・デュトワ

マーラー/交響曲第八番変ホ長調「一千人の交響曲」

 N響史上三度目の千人。A定期二日間を二日とも聴く。我ながら物好きである。
 当初予告から第一ソプラノとテノールが変更になり、本番数日前に第二ソプラノも変更になる。N響に限らず今年の三月以降外国人出演者の変更が多いが、日本人は外国人が知っている何かを知らされていないような気がする。

 NHKホールは久々に張出舞台を目一杯使い、音響反射板を二間ほど後ろにずらした最大舞台。プロセニアムと反射板の間に一文字幕が下がっているのが妙な気配だ。気のせいかも知れないが、そこから音が抜ける気がして、いつも以上に鳴りの悪いNHKホールに感じる。
 N響は、かつて見た事のない巨大編成。絃は二〇ー十二型。フルート六、オーボエ五、クラリネット六、ファゴット五、ホルン九、トランペット五、トロンボーン三、テューバ一、ハープ四、マンドリン一。合唱は混声合唱が二百五十名、児童合唱が百三十名くらいか。ソリストは指揮者の上下に女声男声と分けて並び、栄光の聖母はオルガンバルコニー。金管バンダは二階席上手後方に配置。張出舞台で指揮者とソリストの位置が手前に来ているので、三階人民席からはとても見えにくい。

 デュトワのマーラーは初めて聴くが、フランス人のマーラーはこんな感じかと納得。独墺系指揮者の演奏に慣れているので、時に肩すかしを食らう。特に次のフレーズに移る部分での撓め(ルバート)が無く、予想外にあっさり次のフレーズに移ってしまう。それはそれで面白いのだが、ハッと冷静になってしまって、音楽に没入出来ない難点となる。N響も管楽器中心にミスが散見されて、デュトワが振っているわりには集中力に欠ける気がする。
 そして、何より不満が残るのは独唱陣。女声陣とバリトンは若干不満はある物の及第点としたい。テノールとバスがどうにもならない。ヴィラーズはアルミンク/新日本フィルでも聴いたが、こんなに下手ではなかったと思う。ここ一番の高音部分で裏声にしてやんわり唱うのは、デュトワの指示なのか声が出ないからなのか。何れにしても、高くて声が出ない部分を裏声で歌うのは、今時素人のカラオケでもやらない唱い方で、金を取って聴かせるものではない。更に最悪だったのがバス。聴かせ所の第二部の独唱は、声が悪い、声量が無い、音程が取れない、テンポに付いていけないの四重苦。ヘレン・ケラーより上だ。大編成のオケと渡り合わなければならない難しい部分なのは解るが、プロとはとても思えない。この歌手を誰の意見で起用したのか知らないが、全くお話にならない。先日の大地の歌のテノールと並び、何故N響がこんな下手な歌手をわざわざ海外から招聘したのか、首を傾げざるをえない。日本人でもっとまともに唱える歌手は幾らも居るだろうと思う。
 合唱陣は好演。NHK東京児童合唱団は、国内では少ない黄色い子供声でない児童合唱団。全員暗譜でよく練習している事が判る堅実な歌唱。東京混声合唱団もプロらしく、安定した歌唱。普段三十人くらいの合唱団が何故今日だけ二百人以上居るのかと云う事は触れない方がいいのだろうか。かつて、日本プロ合唱団連合という名前で、東混(東京混声合唱団)、日唱(日本合唱協会)、二期会の合同編成合唱団がオーケストラの演奏会に出演していたが、今回もそれに近いのだろう。名義は東混だが、実態はプロとして合唱の出来るエキストラを二百人以上集めたという事だろう。実体はともかくとして、人数が多いので完璧な合唱を求めるのは無理だが、アマチュア合唱団で遭遇する無理に怒鳴ったりする部分が無く、特に不満を感じる事は無かった。

 デュトワのマーラーがどんなものか、かなり期待をして聴いたのだが、とても禁欲的な曲作りで、何を目指しているのかが今ひとつ判らない。ソリストの不出来にも足を引っ張られる形になったが、部分部分は首を傾げる表現が多かったが、総合ではやはり熱い演奏になっていたと思う。もっとも、この曲を盛り上げずに演奏出来る指揮者が居たら、ある意味天才であろう。今までの経験では、飯森範親が唯一その位置に近づいた指揮者だ。

 二日間で同じD席の内、初日を三階C五列センターやや下手寄り、二日目を三階R三列の壁沿いで鑑賞。席の違いによる音圧の差に愕然。センターでは殆ど聞こえなかったバリトンのソロが、壁沿いではしっかり聞こえ、オケの音量も段違い。バランスが良さそうに感じられる中央より、反射音が豊富な壁沿いがいいのは、NHKホールや芸劇のような容積の大きなホールでは覚えておいて損はない知識のようだ。

| | コメント (0)

2011年12月 2日 (金)

熱海土産温泉利書

三遊亭圓朝「熱海土産温泉利書」(一八八九(明二二)金泉堂)

 国立国会図書館の近代デジタルライブラリーで発見した初版本のスキャンデータで読んでみた。後に春陽堂~世界文庫~角川書店と版を重ねる、鈴木行三校訂編纂による圓朝全集にも所収されているので、そちらの方が読み易いだろうが、生憎青空文庫に未所収なので初版で読む。旧仮名旧漢字、総ルビ、句読点改行無し、変体仮名ありでなかなか手強く、二日かかって読破した。
 旧字旧仮名だけならば慣れているから驚きはしないが、句読点無しは大変だ。更に、口演の速記なので、文章が長くて、読んでいる内に主語が判らなく成ってしまう。更に、変体仮名や崩し字が多く、平仮名の「に」「な」「え」、漢字の「申」「御」などは最初は読めなかった。しかし、読んでいる内には慣れてしまうもので、後半になってくると殆ど違和感なく読めるようになった。

 物語は、奉公先の次男といい仲になった武士の娘が、惚れた男のために吉原に身を売ったり、男を殺した敵夫婦を斬り殺したりするのだが、実はその男は金に困っても殺されても居なかったという話。大圓朝の作らしく、ストーリーの展開が早く飽きさせない上に、真景累ヶ淵みたいに筋が複雑すぎないのでとても面白い。また、いかにも高座の速記らしく、端々にくすぐりが効いていて、圓朝の口演を聞いたらさぞかし引き込まれる事であろう。また、話の舞台が小田原、三島、八王子、吉原、根岸、熱海で展開されて、わりと身近な地域だったのも親近感が沸く。

 実際の文章をテキストデータにしてみるとこんな感じになる。

熱海土産温泉利書
                三遊亭圓朝口演
                酒 井昇造速記
   第   一   席

さて此度のお話ハ物事の聞違ひ見違ひ想ひ違ひの間違ひだらけのお話で物ハ間違ひませんとお話にハ成りませんもので先達て茅場町の待合茶屋香川で筆記の節奥二階から下を見下すと丁度草津亭の後ろに大した立派な新築で料理茶屋だらうかと思ひますると此家が官員さまのお宅でござい升と云ふやうに見違へる事が有ります此間も圓朝が少々用事が有て左團治丈の處へ参りまして普請の出來た事を知りませんからズイと家へ這入りに掛ると石門で御坐いまして瓦燈口に成て左右へ開きが有りますからお醫者の家かと心得てお隣の格子作の宅をガラ/″\と開けて「エー左團治さんのお宅ハ御當家さまですかと云ふと取次に出た女中が「イヽエお隣で御坐い升と云た其お宅がお醫者さまでしたが然う間違ひます事があり升から何んでも間違たのについて却ツてお話に成るもので御坐い升物事が皆な間違ひ聞違ひ想ひ違ひを致しまして人を誤殺たり或ハ自分で身を捨てるやうな事が出來ます是ハ發端で御坐い升處は相州小田原にてお高ハ拾一萬三千○二十九石余と云ふ十露盤の勘定見たやうなお扶祿で大久保加賀守さまと申まして大したお家柄で御坐い升其お家へ極下役でお口番を勤めて居りました溝口三右衛門と云ふ仁が御坐いましたが・・・

 句読点がないというのは非常に読み難いと云うことがお判りいただけるかと思う。折角なので、同じ部分の実際の画像もご覧いただこう。

Atami

 いかがだろうか。一見難しそうだが、実際には大して難しくない。こんな面白い物が、無料で閲覧、ダウンロードできるとは、税金を納めた甲斐があったと思う。

| | コメント (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年2月 »