« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月30日 (金)

嬉野観光秘宝館

 九州へ行った本当の理由はこれである。ついでに立ち寄った体にはしているが。
 秘宝館は今や絶滅寸前。ここ数年で北海道、鳥羽、別府の秘宝館が次々と閉館してしまい、今や本格的な秘宝館は鬼怒川、熱海、嬉野の三ヶ所だけになってしまった。その中でも最大の規模といわれる嬉野観光秘宝館は数年前から閉館の噂が絶えない。「いつかそのうち」と思っていては間に合わない可能性が高いので、今のうちに足を運んだのである。十一月二十四日土曜日、夜明けとともに神崎鼻を観光した後、朝九時の開館に合わせて嬉野観光秘宝館を訪れる。
 千五百円の入館料を払って入場する。二階建ての建物に様々なアトラクションが用意されている。主な物を順番に挙げると、「蝋人形の説明」「金精様コーナー」「ながさきオチンチ祭り*」「浮世絵&道祖神研究コーナー」「張型、人形コーナー」「ビバシネマワールド(スーハーマン*、アラビアのエロレンス*、マリリン・モンロー、ブルース・リーの燃えよマラゴン*)」「ナンバンショーのナンバンさん*」「有明夫人*」「鍋島化猫騒動*」「嬉野茶摘み娘*」「のぞくべからず」「ホギホギ神社」「二つの扉*」「風流廻り舞台*」「有明の恋人*」「ラブハンター(射的)*」「ハーレム*」(*は電動のアトラクション)と続いている。残念ながら館内は撮影禁止のため、記憶を頼りに印象に残った物を挙げる。
 「ながさきオチンチ祭り」は最初の電動アトラクションで、部屋に入ると通路の左右でまぐわう人形が回転し始めるが、部屋全体の天井部分で龍が張型を追いかけてグルグル回るという仕掛けがあり、ここが長崎おくんち祭りのパロディーになっているようだ。
 「ビバシネマワールド」のスーハーマンは故障しており動かない。アラビアのエロレンスは駱駝の上でまぐわう男女の人形だが、月の兎や沙漠にうち捨てられた骸骨もつられてまぐわっているという趣向だ。残念ながら骸骨は故障して動かない。これが動けば相当面白いはずだ。マリリン・モンローは熱海にもあるハンドルを回すと風が吹いてスカートが捲れ上がるという仕掛け。ブルースリーはボタンを押すとズボンがずり落ちて、かわいい御子息がコンニチハという他愛ない物だ。
 「ナンバンショー」は北海道秘宝館にもあった黒ん坊が踊る物だが、回転台以外の電動機構が故障しており、ナンバンさんは踊らないし、御子息も寝たきりである。
 「有明夫人」は傑作。裸婦が向こう向きに立っており、ボタンを押すと一回転するのだが、丁度正面を向くタイミングでムツゴロウの群れが現れ核心部分を遮るという趣向。この、エロと笑いと地域色の三位一体こそが秘宝館の王道だ。タイトルを有明夫人にして目隠しをムツゴロウにした製作者のセンスに脱帽である。
 「鍋島化猫騒動」も郷土ネタ。障子が開閉して人形が現れた後は、障子に影が映るだけ。もっと何か動きがあるのに故障しているのかも知れない。
 「嬉野茶摘み娘」はガラス窓から覗いてボタンを押すと水が飛んでくる趣向。
 「風流廻り舞台」は単に舞台の廻り舞台のミニチュアで、暗転で体位が変わるという物。
 「有明の恋人」は砂浜で寝そべっている人形の腰に掛けたタオルをイタズラ蟹が捲るという趣向だが、故障して動かないのが残念。確か熱海にも同じようなものがあった。
 そしてこの秘宝館の白眉が「ハーレム」。吹き抜けの大広間に設置された大きなアトラクションで、宮殿のようなセットに池と噴水、色とりどりの照明、それに十五体の人形が配置され、数分間のハーレムの情景が現れる。残念ながらここも一部の機構、噴水、照明が故障しており完全とは言えない。しかし、眺めている内にそれらの不足分は脳内補正が利くようになり、製作者のイメージを受け止めることが出来る。この数分間を見られただけでもわざわざ九州まで来て千五百円の入館料を払った価値はあると思う。
 その他、誰々先生の道祖神研究のコーナーなどは真面目で見応えがあり、浮世絵その他を合わせれば、じっくり見て回るのに半日くらいかかるかも知れない。ただ、春画の類が局部を塗りつぶして展示されているのは残念であるが。
 他の秘宝館も同様だが、明日閉鎖されてもおかしくない状況なので、興味のある方は是非今のうちに訪れたい施設だ。東京から始発の新幹線に乗れば日帰りも可能で、交通費と入館料合わせても五万円でお釣りが来る。躊躇している場合ではない。

| | コメント (0)

2012年11月29日 (木)

端っこ巡り

 十一月の三連休に有給休暇を加えて、クルマで無計画な旅に出てみた。実を言うと、当初目的地は一箇所あったのだが、ついでがどんどん増えてしまい、目的がずれてきてしまった。最初に立ち寄ろうと思ったのは本州最西端の毘沙の鼻だが、連休の渋滞のため到着が遅くなるので、一気に本土最西端の神崎鼻を目指すことにした。
 長崎道の川登パーキングエリアで仮眠、翌朝一番で神崎鼻を目指す。日本の最西端ということは日の出も日本一遅いということだ。七時前に到着するとまだ薄暗いが、既にバイクで来た青年二人連れの先客がいる。駐車場から波打ち際の道を辿って最西端の碑まで辿り着く。波打ち際まで降りられる磯の一段高い所に碑が建っているが、周辺は九十九島と呼ばれる無人島群があり、沖合七キロほどの所には平戸島がある。突き出した岬ではないので最西端という実感は湧かないというのが正直な感想だ。橋やトンネルで行ける最西端ということで、平戸島の最西端まで行ってみてもよいのだが、こちらも目の前に魚釣崎という無人島がある上に、山道を相当歩かないと辿り着けないようだ。どうも西の涯は茫洋として実感が湧かない。思い切って与那国島まで行くべきだったのだろうか。

 最西端が今ひとつパッとしなかったので、翌日は本土最南端の佐多岬を目指した。私の予備知識では、佐多岬一帯は岩崎産業の経営する佐多岬ロードパークという公園になっており、有料道路を通らないと最南端に到達できない。自動車以外での通行は禁じられているので自転車や徒歩では佐多岬に到達できず、その筋の方々からは大変評判が悪いらしい。
 ところが、実際に向かってみると大泊の第一料金所には人の気配が無く、「通行無料南大隅町」と書かれた札が立てられている。更に進んで観光船乗り場の先の、第二料金所があったらしき地点には「十月三十日より通行無料南大隅町」と書かれた看板があるだけで、料金所自体が撤去されている。駐車場にクルマを駐めて遊歩道を歩き岬を目指す。神社を越えるとレストハウスだった廃墟があり、少し進んだ展望所の先で展望台への道は立ち入り禁止になっている。どうやら展望台の撤去工事が行われているようだ。
 後で調べた所によると、岩崎産業は採算の取れない佐多岬ロードパークの経営を放棄し、地元自治体に道路や施設を譲渡したのだそうで、現在展望台などは建て替えに向けて撤去作業を行っているようだ。本来の展望台ではなく中途半端な所からしか最南端を望めないのは不本意だが、ろくに下調べもしないで来たのだから仕方がない。更によく調べると展望所から最南端まではまだ三百メートルほどあって、国土地理院の地形図には幅員一、五メートル以下の道路が続いている。中途半端な展望所で納得して帰ってきてしまったが、本当に南の涯まで行ったことになるのだろうか。少し不安である。

 学生の時に行った納沙布岬と宗谷岬を合わせると、日本の東西南北端を一通り押さえたことになった。四隅を押さえたということは、オセロならば勝利はほぼ確実なのだが……。

| | コメント (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »