« 舘山寺大観音 | トップページ | 明徳寺 »

2013年12月 8日 (日)

大仁神社

 ここは珍スポットではない。珍スポット巡りの途中で立ち寄った伊豆大仁にある神社。ここは一部の人々から絶大に信仰を集めている神社だ。その一部の人々というのは、私もその一員である鮎釣りを趣味とする人たちだ。
 鮎の友釣りはここ狩野川が起源であり(諸説あるようだが)、ここ大仁神社は鮎釣りの神様とされているのだ。そして、ここで授けられるお守りには鮎の絵が刺繍されており、鮎釣り師は是非持ちたいと思っているのである。

 土曜日の朝に訪れたが、山の中腹に鎮座する神社で、裏山の梅林が有名らしい。石段の脇に手水舎があるが、石造の鮎の口から水が出ている。間々観音のおっぱいから水が出ているような衝撃はないが、鮎釣り師としてはついつい写真を撮りたくなる。開いていた本堂に参拝するが、まだ九時前なので人の気配がない。本堂脇の授与品所も閉まっている。ちょっと来るのが早すぎたと思い、別の珍スポットを訪れてから九時半頃再び来てみたが、やはり誰もいない。隣の家が神主の家かしらんと思って覗いてみたが、こちらにも人の気配がない。残念だが、ガラスケースに入った鮎のお守りを眺めただけで、手に入れることは叶わなかった。来シーズンが始まる前にリベンジしたいと思っている。
Photo
(大仁神社の手水舎 鮎の口から水が出ている)

|

« 舘山寺大観音 | トップページ | 明徳寺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 舘山寺大観音 | トップページ | 明徳寺 »