« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月22日 (火)

インバルのマーラー/交響曲第一〇番

都響スペシャル
二〇一四年七月二十一日(月祝) サントリーホール

マーラー/交響曲第一〇番嬰ヘ長調(クック版)

管絃楽/東京都交響楽団
指揮/エリアフ・インバル

 インバル都響による新マーラーツィクルスの番外編、デリック・クック補筆による交響曲第一〇番を聴く。プログラム冊子に寄せられたインバルの文によればクックのの死後に弟子達が手を加えた第三稿第二版をベースにし、一部は第三稿第一版に戻しているとのこと。

 最初に元も子もない事を書かせてもらえば、どうして第一楽章のアダージョだけと大地の歌というプログラムにしてくれなかったのか。インバルは前からクック版肯定派だから仕方ないのだが、どうしても私には第一〇番の第二楽章以降というのは蛇足という感じを払拭することが出来ないのだ。

 第一楽章は素晴らしい。ただし、マーラーツィクルス本編の時より幾分リラックスムードに感じられるのは番外編だからだろうか。インバルの指揮は一~九番と変わらず、推進力のある音楽作りだが肝心な所のタメは十分に効かせる、正に老練の棒である。マーラーの晩年の人生というのは、未亡人が好き勝手に脚色して伝えたせいで、何だか不幸で不安な毎日だったような印象を持ってしまうが、この一〇番の第一楽章を書いている頃は指揮者としても作曲家としても栄光の頂点だったはずで、この楽章も部分的に魂の叫びのような部分もあるが、基本は穏やかな悟りの境地のような音楽であり、第九番から更に達観した境地のような気がする。インバル翁の演奏はそんな境地を淡々と表現しており、変に力が入ったりしていない所がすばらしい。
 第二楽章以降は私のように猜疑心の強い人間には素直に聴くことが出来ない。何処までがマーラーの創作で、どこからがクックの作品なのか。クックの作った部分で感動なんかするもんかというひねくれた根性で聴くから、本当はマーラーの思い通りだったかも知れない部分も素直に感動出来ないのだ。クックの復元作業は真摯な仕事で素晴らしいものだと思う。マーラーを利用して自分を売り込むような了見は持たず、出版時にもマーラーが書いた音符と自分が補筆した音符を区別するなど、徹底的にマーラーの意図を尊重しようという姿勢には頭が下がる。しかし、どうしても百パーセント納得という気分になれないのである。
 中間の三つの楽章(スケルツォと煉獄)はマーラーが書いてもこんな程度だろうと思う。しかし、第五楽章だけはどうしても物足りない気がする。率直に言えば駄作という気がするのだ。恐らく第七番の終楽章同様、これが全部マーラー自身が書いていたとしても、同じような感想になるのかも知れない。第一楽章から順に書き進めたとすれば、第一楽章と第五楽章を書いている時期では、マーラーの精神状態が相当異なっているはずなので、マーラーの一番暗く絶望的な心が音楽に反映されてしまっているのかも知れない。部分的にいいなと思う部分は多いのだが、楽章全体を通した重苦しさが、聴き終えた時に何やら後悔の感覚が残るのだ。判りやすく言えば、先日実際に体験した、同級生の飲み会で途中から一人が妻(これも同級生)が不貞をしていて、本人は開き直って居座り、向こうの親もかばって云々みたいな話を延々とされて、うんざりして帰った晩のような気分になるのだ。

 インバルと都響は大変好演だったと思うのだが、演奏がいい分曲に対する疑問が浮き彫りになってしまった感じがする。そもそも私はクック版を実演ではほとんど聴いたことがなかったが、改めて全曲をを聴いてみて、やはりこの曲は全集版の第一楽章だけでいいと感じた。マーラーツィクルスの最後は大地の歌で締めて欲しかったというのが偽らざる気持ちである。都響は来年創立五〇周年なので、番外編その二としてやってくれないだろうか。

| | コメント (1)

2014年7月16日 (水)

二〇一四年の見世物小屋

 二年前に「ニッポンの、みせものやさん」という映画を観た。日本で唯一の見世物小屋となった大寅興行社のドキュメンタリー映画で、普段見られない見世物小屋の裏側を見ることが出来て、とても面白い映画だった。靖国神社のみたま祭りのポスターを見かけて、そういえばと思って調べてみると、見世物小屋の様子が変わったという書き込みが沢山あるので、どんな様子なのか確認すべく、久々にみたま祭りに行ってみた。

 境内はもの凄い雑踏で、私のように目的地に向かって進みたい者にとっては何とも苦行だが、みたま祭りは何度も行っているので見世物小屋の場所は判っている。辿り着くと、例年と同じ場所にお化け屋敷と並んでいるが、正面に大きく「ゴキブリコンビナート」という看板が掲げられており、昔ながらの蛇娘の看板などは無くなっている。

 私の乏しい知識では、見世物小屋は二〇〇〇年代に入った段階で大寅興行社一社のみになっていたが、二〇〇一年頃に大寅興行社から若者が独立し、入方興行社を創業。みたま祭りなどでは大寅興行社のお化け屋敷と入方興行社の見世物小屋が並んで営業していた。しかし、見世物小屋の出し物は停滞し、社主の入方氏が一人でデビルマンのような格好をして、蛇を食いちぎる他に、蝋燭の火吹き、鼻から口に通した鎖で水入りのバケツを持ち上げる、扇風機を舌で止めるなどの芸をやっていて暗い雰囲気だった。そんな見世物小屋が急に活気づいたのが二〇〇五年頃。若い蛇娘の小雪さんと、デリシャスウィートスというイカれた女子バンドが参加するようになって急に舞台が華やかになった。特に美人の小雪さんが生きている蛇を食いちぎるのが人気を呼んで、見世物業界は活気づいたと思っていた。ところが、二〇一〇年頃に期待の新興勢力であった入方興行社の入方氏が死去し、見世物小屋は再び大寅興行社の興行となった。人気者の小雪さんは大寅興行社の見世物にも出演し、蛇娘の大先輩あるお峰さんと一緒に舞台を務めるようになっていた。映画「ニッポンの、みせものやさん」は、このお峰さんと小雪さんが一緒に大寅興行社の見世物に出ている時期のドキュメントであった。
 ところが、最近ネットで見た情報によれば、お峰さんは引退(高齢だから仕方ない)し、小雪さんは失踪したとの噂で、大寅興行社の小屋を使っているが、中身は劇団ゴキブリコンビナートがやっているということであった。
 劇団ゴキブリコンビナートのことはよく知らないが、小雪さんが蛇娘になる前に所属していた劇団で、エロとグロ(特にひどいグロ)を主眼にした劇団らしい。
 実際に見世物小屋に入ってみると、まず出て来たのは「ものすごい寝たきり老人」。全身白塗りに様々な色の点々をつけた(腫瘍のイメージか)爺さん(本当は若そうだ)が這って出て来て、鼻から口へ通したボールチェーンで水入りバケツを持ち上げる。次は首狩族。三人の土人(の扮装の日本人)が鎌を持って暴れ回るが、結局やるのはドライアイスを食べる芸。次が中国の串刺し男。長い鉄串を両頬に貫通させた男が、コンクリートブロック三個を載せた台車を、串に掛けた綱で引くという芸。続いてヤモリ女。埼玉で発見された人間の形をしたヤモリ女が虫(爬虫類飼育用のミルワーム)を生でむしゃむしゃ食べる。そして最後がアマゾネスのピョン子ちゃん。お峰さんがやっていた、蝋燭の蝋を口に含んで火炎を吹く。これで一回りである。
 やっている内容は、小雪さんが入る前に入方氏が一人でやっていた芸だが、それをゴキブリコンビナートの劇団員(アマゾネスのピョン子ちゃんは大寅興行社の興行でもいたので劇団員ではないかも)が手分けしてやっている感じだ。そして伝えられているとおり小雪さんの姿はなく、表の看板にも蛇娘の絵は無かった。ただ、出口で入場料を徴収していたのは大寅興行社のオバサンだった。

 好意的に解釈すればお峰さんは高齢で引退、小雪さんは寿退職して芸人が足らなくなったところで、ゴキブリコンビナートが大寅興行社の下請けに入って、興行は大寅興行社、中身はゴキブリコンビナートが請け負うことで、見世物小屋は再びピンチを切り抜けたということなのか。
 しかし、ネット情報では司会者が「小雪さんは失踪した」と言っていたという情報が飛び交っており、動物愛護団体の圧力で蛇が食べられなくなって……逃亡した云々などという噂が飛び交っている。残念ながら現在のゴキブリコンビナート主体の見世物は、小雪登場以前のレヴェルに戻ってしまい、何度も見ようという気にはなれない。というよりは、私にとって見世物小屋は小雪さんの芸を観に行く所だったので、もう行く理由が無くなってしまった感じがする。小雪さんのあの赤い長襦袢姿をもう見ることは出来ないのだろうか。実に残念だ。

| | コメント (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »