« 2014年12月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年1月25日 (日)

山田和樹マーラー・ツィクルス《第1期》

山田和樹マーラー・ツィクルス《第1期》

主催/Bunkamuraオーチャードホール
管絃楽/日本フィルハーモニー交響楽団
指揮/山田和樹

【第一回】
武満徹/オリオンとプレアデス*
マーラー/交響曲第一番ニ長調「巨人」(ハンブルク稿)
チェロ/菊池和也*

二〇一五年一月二十四日(土)オーチャードホール

 山田和樹と日本フィルによるマーラーツィクルスが始まった。二年半かけて全九回の長丁場だが、思い切って通し券を購入して全部聞くことにした。

 番号順に演奏するツィクルスなので先ずは第一番。何故ハンブルク稿という大きな疑問が立ちふさがる。ハンブルク稿の説明は省くが、推敲途中の版を使用する意図は何か。ツィクルスで交響曲を順に取り上げるなら最終稿である全集版を使うべきだと思う。ハンブルク稿は比較対象として研究用には大変興味深いが、正直生演奏で聞きたいとは思わない。山田は小林研一郎の弟子だけあって、版の問題や奏法の問題で理屈を並べるタイプではなく、演奏家として表現に重点を置くタイプと思っていたのだが。通常と違う版による演奏となると、どうしてもオーケストレーションの違いばかりが気になってしまう。私は山田がマーラーをどう料理するかが聴きたかったのであり、その為にハンブルク稿は邪魔でしかない。そしてハンブルク稿を検証する意図であるなら、ホルンを倍管にしたりするのは頓珍漢な話だ。高関健のような学究派の指揮者が検証してくれるならそれで面白いのだろうが、どちらかと言えばコバケン系の情緒派指揮者である山田とハンブルク稿は相性が悪いと感じるのである。
 演奏自体は残念だがパッとしなかった。山田がどんなマーラーをやりたいのかが見えないのだ。演奏頻度が高い曲なので、色々な演奏が印象に残っているが、小林研一郎の情緒纏綿たる表現や、ドゥダメル、バッティストーニの若さに溢れやりたい放題の演奏とも違う。コバケン流にしてはやり尽くしていないし、かといって独自の表現なども見られず、中途半端な印象が残ってしまった。まだ山田は若いのだから安全運転せずに暴れていいのではないか。客席大興奮というような演奏とも思えないのに、ブラヴォーを叫びまくるファンらしき人が多いのも興ざめだ。盛り上げたいという気持ちは解るが、あまりやり過ぎると一般客は白けるばかりだ。また、オーケストラの鳴りも今一。日本フィルが慣れないオーチャードホールの音響に戸惑っているのか、私の席(三階サイドの安い席)の問題なのか、トゥッティになると音が団子状になってしまい、何をやっているのかよく判らなくなってしまう。あと八回この席で聴かねばならないので、オケが不慣れなせいであって欲しいのだが。
 残念だがマーラーツィクルスの第一回は、ハンブルク稿を使ったことで疑問ばかりが残ってしまった。次回以降は版の問題はないと思われるので、純粋に山田のマーラーを楽しめるのではないか。今後に期待したい。

【第二回】

武満徹/混声合唱のための「うた」より
マーラー/交響曲第二番ハ短調「復活」

ソプラノ/林正子 アルト/清水華澄
合唱/東京混声合唱団(合唱指揮/山田茂)
    武蔵野合唱団(合唱指揮/秋吉邦子)

二〇一五年二月二十二日(日)オーチャードホール

 版の問題で山田が何をしたいのか判らなくなってしまった一番に比べ、二番は安心の出来であった。第一楽章冒頭から大きく間合いを取った曲作りは期待通りだ。近頃は楽譜に無い間合いや撓め、テンポ、強弱のの変化などを罪悪だと言う、自己否定的発言をする演奏家もいるが、山田はそんな戯言は薬にもせず自分の思った音楽を作っていく。楽譜なんて芝居の台本と同じ程度の記号でしかないのだから、表情を付けてテンポを変えてナンボのもの。楽譜通りの演奏なんて、臆病者の言い訳に過ぎない(武田鉄矢かよ!)。
 残念ながら肝心の第一楽章はオケが鳴らず、やや消化不良の感。ペース配分を考えすぎたのか、かなり安全運転の印象。第一楽章の後はチューニングをして独唱者を招き入れるだけで第二楽章に入る。五分以上休憩の指定は無視しているが、この程度の間で十分であり、下野のようにしっかり五分空けるまでもないと思う。
 第二第三楽章は再弱音に気を配った繊細な演奏。独唱陣は可もなく不可もなくという感じ。長い第五楽章の前半は、流石にマーラー好きの私でもダレる部分で仕方なく、金管の最高音も若干怪しい感じだったが、打楽器の大クレッシェンド以降はエンジン全開の感じでオケも十分に鳴っていた。東京混声合唱団と武蔵野合唱団の混成チームはどうしても下手な武蔵野の方が音程などで足を引っ張る感は否めないが、人数が多かったので十分に盛り上がる合唱であった。やはり、この曲の場合、合唱は少数精鋭ではなく、多少レヴェルは下がっても人数が欲しいところだ。今回の混成チームは十分期待されるレヴェルには達していたと思う。
 特別に変わったことをしているわけではないのだが、自由に曲を構築していく山田の音楽作りには共感が持てる。惜しむらくは、CD収録用のマイクが立っているせいか、踏み外しが全く見られないところだろう。山田にとって初のマーラーツィクルスだろうから、最初から完成形を目指さずに、ここからスタートというつもりでいいのではないかと思う。来週の三番でも思い切った表現をしてもらいたいものだ。

【第三回】

武満徹/三つの映画音楽
マーラー/交響曲第三番ニ短調

アルト/山下牧子
合唱/栗友会合唱団(合唱指揮/)
   杉並児童合唱団(合唱指揮/)

二〇一五年二月二十八日(土)オーチャードホール

 百人を超える生身の人間が演奏しているのだからミスがゼロと言うことはあり得ない。しかし、プロとしてやってはいけないミスがあることも事実だ。全体的に見ればよく歌わせた三番だったが、最後の最後で全員がずっこける大チョンボ。ティンパニの最後の音が合わず、「デデン」と綺麗に二つ鳴って終わった。出囃子じゃないんだからデデンで終わるなよ。指揮者がリハーサルよりもルバートしたのかも知れない。それにしたってティンパニ奏者同士がちゃんとコンタクトして、棒とは合わなくてもティンパニ同士は合わせるのがプロだろう。これに比べれば第四楽章冒頭のチューブラーベルが落っこちたのなど可愛い方だ(とは言っても大事故である)が、これとて奏者が合唱団と一緒にのんびり立ち上がっているから間に合わなかったわけで、確かに山田は合唱団が立ち上がった瞬間にアインザッツを出したが、児童合唱はちゃんと唱えていたのだから、プロとしてやってはいけない凡ミスだ。
 今回は練習不足感が満載の三番であった。元々山田は縦の線をキッチリ合わせてくるタイプの指揮者ではないが、それにしても出だしが合わない箇所が散見され、肝心のトロンボーンのソロはメロメロでお話にならない。山田は旋律をよく歌わせ、自由にマーラーの音楽を組み立てていったが、オケが足を引っ張ってしまった。前述した打楽器のミスが大減点(というより失格)だったが、シンバル奏者とトライアングル奏者がとても曲想に合った音を出していたのは素晴らしかった。肝心なところでティンパニと小太鼓の音量が足らない印象があり、ホールの構造のせいで音が上へ抜けてしまうのかと思ったが、最後の大チョンボの時の音量は十分だったのでそういうことではないらしい。
 声楽陣は女声合唱、独唱者ともにそつない好演だったが、黄色い声の児童合唱団はちょっとマーラーには厳しく感じられた。第四楽章のオーボエは楽譜通りグリッサンドしていた。また第三楽章のポストホルンのソロは舞台裏でトランペット奏者が吹いていたがとても陶酔的な好演だった。

 山田のマーラーツィクルスはこれで第一期が終わり、次は一年後だ。明らかにCD収録用と思われるマイク群がセットされているが、ここまでの内容だと音源として市販するには色々な意味でまだまだな感じがする。それにしても、毎回マーラーの前に妙な音楽を聴かされるのは苦痛。短い一、四、五番あたりは仕方ないが、それ以外の曲はマーラーだけ演奏してくれないものだろうか。

| | コメント (0)

2015年1月20日 (火)

チェーン偏愛

 冬になると雪道をクルマで走りたくなる。学生時代にはよくスキーに行って雪道を走ったが、その頃からスタッドレスタイヤを履いていてもチェーンは必ず携行している。いや、冬だけでなく、一年中私のクルマにはチェーンが一組、冬季は二組積まれている。冬は早朝の凍結路面や新雪に対応するため、冬以外は泥濘地や砂地(つまり河川敷に入り込む時)の脱出用と牽引ロープの長さが足らない時の継ぎ足し用に常備している。
 何故だか子供の頃からタイヤチェーンが好きで、免許を取る前から親のクルマにチェーンを巻いて悦に入ったりする変なガキだった。先代のクルマ(トヨタ・スプリンタートレノ)は後輪のタイヤ回りにクリアランスが少なく、四輪全てにチェーンを巻くことが出来なかったが、今のクルマ(スズキ・ジムニーシエラ)は四輪ともチェーンを巻けるので、全輪スタッドレスタイヤ+チェーンという最強の足回りで雪道を走ることが出来る。

 現在所有しているチェーンは三組ある。

・オートバックス/ニューチェーンHG(鉄製、梯子形)
 最もオーソドックスな鉄製梯子形。夏も積んでいるのはこれ。丈夫一式で重いが、ちょっと横着して乾燥路を走ると見る見る減っていく。現在クロスチェーンは表裏とも(減ったのでわざと裏返しに使用した)二分の一から三分の一くらいに摩耗しているのでそろそろ買い換え時期か。ゴツいので乗り心地は悪いが信頼性は一番。

・FECチェーン/雪道楽α2(合金製、梯子形)
 細い合金製の梯子形。鉄のチェーンより圧倒的に減らないのだが、クロスチェーンだけでなくサイドチェーンがとても細いのが気になる。タイヤがロックした状態で滑走して何かに引っかかったら、一発でサイドチェーンが破断しそうな気がする。

・コーニック/ノープロブレムP1マジック(合金製/亀甲形)
 高校の同級生でジムカーナなどをやっていた故なべちー氏が教えてくれたチェーン。曰く、氷上ラリーの連中はみんな使っていて、タイヤの空気を抜いてギチギチに装着して、空気を入れてガッチリタイヤに固定するのだという。クロスチェーンに補強リンクが入っているので摩耗箇所が分散するのも素晴らしいが、独自の機構で取り付けが画期的に簡単だ。亀甲形なので乗り心地も梯子形ほど悪くない。高価なチェーンだが、値段分の価値は十分にあると思う。

 以上三種類のチェーンを使い分けているのだが。基本的に前輪にコーニックの亀甲形、後輪に梯子形を巻く。雪道走行では基本的に後輪駆動のままで、四輪駆動にはしない。四駆のクルマに乗っていて雪道で四駆にしないと言うと奇異に思われるかも知れないが、雪道の四駆は新雪や吹き溜まりに突っ込んだ時の脱出用に温存している。気をつけていてもその手のトラブルには遭遇するので、四駆で無理に進んで動けなくなった時は自力での脱出は絶望だ。二駆で行けないような所には入り込まないのが雪道の鉄則だと思っている。

 世の中はスタッドレスタイヤの性能が良くなったので、雪国に行っても新雪時の路線バスや配送のトラック、除雪車くらいしかチェーンを巻いているのを見ない。しかし、スタッドレスタイヤは新雪や凍結路面ではほぼ無力になるので、冬季に運転するならチェーンは必携だと思う。

 そして、チェーンマニアの私からチェーン初心者の皆さんに助言する。
 まず、チェーンを買ったら必ず取り付けの練習をするべき。箱から出したこともない人が、雪の中で正しく装着出来るとは到底思えない。私の従兄弟のM君は昨年の大雪の時、妹と二人がかりで新品チェーンと半日格闘したが、サイズが合わないので装着出来ないという結論を得て力尽きた。これは事前に巻いてみれば気がつくことだが、それを怠ったために寒い中辛い思いをする羽目になったのだ。兄妹関係が悪化していないことを祈るばかりだ。
 ノープロブレムチェーンなどは片側三十秒程度で装着出来るが、それは練習した上での話。通常の梯子形チェーンでも、サイズが合っていて事前に何度も練習しておけば、ジャッキアップや車輪を動かすことなく装着出来るはずだ。
 次に、チェーンと一緒に携行したいものがある。それはゴム手袋とバケツである。雪の中のチェーン脱着は、泥だらけのタイヤハウスに手を突っ込んで作業するので、軍手などでは役に立たない。アームカバーと一体の長いゴム手袋が欲しい。泥雪の上に膝をついて作業することも多いので、膝カバーがあれば完璧だ。
 そして、チェーンを使って一番厄介なのが使用後の処置。特に鉄チェーンは使ったままケースにしまうと、水分、(融雪剤の)塩分、削れた鉄粉という錆の三要素が揃っているので、翌年ケースを開けると真っ赤な錆の塊になっている事がある。そこで釣具屋で売っている畳める水汲みバケツがあるといい。私は鉄製のチェーンを外すとこのバケツに収納し、なるべく早く用水路でも公園の水道でもいいから真水でジャブジャブ洗って塩分と汚れを落とす。そして助手席の足元に広げて、足元暖房を強めにかけて一気に乾かしてしまう。家で乾かす場合は最後に熱めのお湯につけると、余熱で早く水分が飛ぶ。乾いたら防錆潤滑剤スプレー(5-56など)をたっぷり吹きかけて、古タオルでくるんでケースにしまう。これで次回使用時もピカピカの状態で使えるのである。

 私にノープロブレムチェーンを教えてくれた故なべちー氏も、それ以前にはスタッドレスタイヤがあればチェーンなど不要という考えだったが、ある年スキー場からの帰途、新雪が十センチほど積もった峠道で彼のシルビアが全く登れなくなるトラブルに遭遇。やむを得ず大迂回をして帰った経験からチェーンの有り難みを知って、私に知識を授けてくれたのだった。
 雪国に行かなくても、去年のように東京でも積雪の可能性がある。一年中夏タイヤならば、タイヤチェーンは用意しておくか、雪が積もったら決して運転しないのが運転者の責任だろう。そして街中走行だけでノーマルタイヤに巻くならば、迷わず合金製の亀甲形がいい。高価な樹脂製のチェーンなどは乗り心地はいいかも知れないが、嵩張って手に負えない。安い亀甲形のチェーンの信頼性は判らないが、買い物に行く程度なら安いものでも構わないだろうと思う。

| | コメント (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年4月 »