« 2015年1月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月 5日 (日)

池袋演芸場四月上席昼の部

池袋演芸場四月上席昼の部

二〇一五年四月三日(金)

「やかん」林家けい木
「牛ほめ」春風亭正太郎
(パントマイム)カンジヤママイム
「鼻ほしい」春風亭百栄
「浮世床」桃月庵白酒
(漫才)ニックス
「浮世床」古今亭菊之丞
「雛鍔」五明楼玉の輔
(紙切り)林家正楽
「肥瓶」五街道雲助 
   ~中入り~
「締め込み」柳家三三
「ぐつぐつ」柳家小ゑん(三遊亭歌之介代演)
(曲独楽)三増紋之助
「火焔太鼓」橘家円太郎

 久しぶりに池袋演芸場に行ってみたが、平日の昼間なのにほぼ満席の盛況だ。子供連れがちらほら見られるのは春休みだからだろう。
 開口一番はけい木の「やかん」、二つ目は正太郎の「牛ほめ」。いずれも可もなく不可もない。
 カンジヤママイムは時々寄席で見るが、パントマイムよりは雑談が長い。このような客に参加を求めるタイプの芸人は好きではない。
 百栄は新作ではなく「鼻ほしい」。新作もかなりシュールな芸風の人だが、こんな儲からない噺をやるとはマニア心をくすぐる。この手の際どい話が聞けるのは寄席の楽しみである。
 白酒の「浮世床」は姉川の合戦のくだり。この噺はワアワア騒がしくないと面白くならないので、テンションが高い白酒の芸風にはぴったりだ。
 ニックスという漫才師は初めて見たが、どうにも滑りまくっていていたたまれない感じがする。
 菊之丞が床屋のまくらをふり始めたので、白酒とついていると思ったら、「浮世床」続き、芝居見物の夢のくだりをやる。白酒とは違い色気のある芸風に合った部分である。示し合わせたのか、菊之丞の思いつきなのかは判らないが、図らずもリレー落語が聞けて、これは嬉しいサプライズ。二人とも自分の芸風に合った部分を担当してくれたのでとても楽しめた。
 玉の輔は「雛鍔」。この人は喜多八みたいな芸風を目指しているのか。ぼそぼそとメリハリの無い芸としか思えないのだが。
 正楽の紙切りは「相合傘」「定年退職」「チャップリン」「藤娘」「ミニーマウス」の四種。ライムライトのテーマやミッキーマウスマーチを咄嗟に弾ける下座さんが素晴らしい。
 中入り前の雲助は「肥瓶」。今や実力派の範疇に入れられているようだが、昔から彦六の正蔵と雲助が上手いと感じたことがない。私にとっては円菊と同じ個性的な芸人である。
 食いつきは三三の「締め込み」。この人は若手の中で実力はピカ一だ。風采が貧乏臭いのでもう少し華やかな雰囲気が出れば怖いもの無しだろう。
 歌之介の代演で小ゑんの「ぐつぐつ」。出囃子が違うので歌之介が出ないなと思ったら小ゑんのめくりが出る。昔ラジオでやっていた、おでんの新作しか聞いたことがない噺家だと思っていると、今回もその「ぐつぐつ」。面白いとは思うが、円丈の亜流の域を出ていない気がする。申し訳ないが円丈の新作がなぜ後輩の噺家から支持されているのかが理解出来ない。
 紋之助の曲独楽は相変わらずハイテンションで楽しい。やっていることはいつも変わらないが、寄席で出会えると嬉しい芸人だ。
 トリの円太郎は「火焔太鼓」。志ん生~志ん朝ラインから少し外れて独自のくすぐりを入れて、円蔵とも違う火焔太鼓にしているのは大したもの。前半で天井から紙吹雪が一枚降ってきたり、途中咳き込んでしまったりしたトラブルを、お屋敷に向かう甚兵衛さんの愚痴にして笑わせたのは寄席ならではの機転で素晴らしかった。また、甚兵衛さんが本当は女房のことが好きでたまらないという演出も素晴らしい。とてもいい火焔太鼓だった。
 平日昼の池袋演芸場はマニアックな客ばかり。マクラから本題に入った途端に演目をメモするオッサンばかりが目に付く。あれじゃ噺家もやりにくかろう。私も学生の頃は同じ事をして、「一言二言聞いただけで演目が判るオレって落語通でしょ」なんて、かんぷらちんきな了見になっていたものだが、傍目には落語通ではなく落語痛だ。演目をメモしたい気持ちは解るが、高座の替わり目でやればいいのにと思う。

| | コメント (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年5月 »