« 成田山久留米分院 | トップページ | 井上/読響の千人 »

2018年9月30日 (日)

びわ湖ホール開館二〇周年記念演奏会(振替公演)

びわ湖ホール開館二〇周年記念演奏会(振替公演)

マーラー/交響曲第八番変ホ長調

独唱/横山恵子、砂川涼子、幸田浩子(Sop.)、谷口睦美、竹本節子(Alt.)、
   清水徹太郎(Ten.)、黒田博(Bar.)、伊藤貴之(Bas.)
合唱/びわ湖ホール声楽アンサンブル、千人の交響曲」合唱団(合唱指揮:田中信昭)
児童合唱/、大津児童合唱団
管絃楽/京都市交響楽団
指揮/沼尻竜典

二〇一八年九月二十九日 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール

 びわ湖ホールの開館二十周年記念演奏会は九月三十日(日)に行われる予定だったが、大型で非常に強い勢力の台風二十四号が直撃する予想となった。二十八日(金)の段階でびわ湖ホールの告知は。「三十日は予定通り十四時開演の方針だが、二十九日(土)十六時からに緊急臨時公演を行う」というもの。チケットを持っている人は両公演とも聴ける。前回の二十一号台風でJR西日本はあっさり全便運休を決め、世論調査でも好評だったので、今回も運休しそうだ。こうなったら二十九日に行くしかない。仕事中にこっそり高速バスを予約して大津へ向かう。昼過ぎにJR西日本より三十日午後の全便運休が発表され、会場に入ると三十日の公演中止が告知されていた。

 前売りは完売だったらしいが、急な日程変更のため入りは半分程度。びわ湖ホールにとって運が良かったのは京響が去年の三月にマラ八を上演していたことだろう。下地があったから練習が一日減っても上演出来たのではないだろうか。勿論全ての出演者、関係者の、想像も付かない大変な努力によって、完全な中止ではなく前日に振り替えるということが出来たのだと思う。私は昔、音楽制作関係にちょっとだけ関わったことがあるので、この規模の演奏会の日程を替えると云うことの大変さが想像出来る。本当に頭の下がる思いだ。

 それはさておき、演奏内容だが、独唱陣の健闘が素晴らしかった。特に第一アルトと男声陣が良かった。アルトの谷口睦美の声量は驚くほどで、他の六人とのバランスは悪いが、往年の佐藤しのぶと並べても引けをとらない声量だ。合唱も御大田中信昭の指導の賜か、児童合唱を含めレヴェルが高かった。混声合唱約二百、児童合唱約五十と人数が少なかったので、ここ一番でもう少し迫力が欲しいと思ったのは贅沢か。

 以下、毎度のメモ。絃は十六型。ハープ二、マンドリン一、ピッコロと小クラリネット各二、ティンパニは二対で両手打ちは無し。チューブラーベルではなく鉄板使用。児童合唱は合唱壇の下手側、金管バンダは三階下手、栄光の聖母は三階上手。
 沼尻の指揮は予想通りそつないものだった。今までのイメージ通り、速めのテンポでスラスラ進めていき、表現欲が全く感じられない交通整理的な棒だ。と云うものの、この公演の指揮者が沼尻だったからこそ、前日に振り替えるというウルトラCが可能だったのだと思う。往年のヤマカズ先生だったら途中で間違いなく崩壊していただろうし、アサヒナ御大だったらそもそも振替公演を是としないだろう。小器用でそつがない指揮者だったからこそ何とか上演に漕ぎ着けたのだ。
 貴重なマラ八の生演奏を聴く機会が一回失われずに済んだ。関係者の努力に改めて感謝したい。そしてJRの運休が三十日の十七時過ぎまで続いて、私の手元にある「ぷらっとこだま乗車票」が無事払い戻しになることを祈るばかりだ。

|

« 成田山久留米分院 | トップページ | 井上/読響の千人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 成田山久留米分院 | トップページ | 井上/読響の千人 »